過去の高等部
高等部の様子

R3年度の高等部

生活単元学習「スポーツをしよう②~ボールボール~」

12月13日(月)~12月17日(金)、生活単元学習「スポーツをしようパートⅡ」に取り組みました。今回のスポーツは、長机を合わせて作ったコートのボールを転がして友達とパスをつなぐオリジナルスポーツ「ボールボール」です。

初めて取り組むスポーツだったので、最初は、ゆっくり転がる大きい風船や大きいビーチボールから始めました。ゆっくり転がるボールを目で追って触れたり、風船の中の鈴の音を耳で聞き転がってきたボールをパスしたり、スイッチで送風機を動かして様々な方向にボールを転がしたりするなど、それぞれ自分の得意な方法で競技することができました。また、どこに誰がいるのか、どの友達にパスをするのか考えるようになり、友達につなげることを意識しながらゲームに取り組む姿が見られるようになりました。

生活単元学習「レッツエンジョイサイエンスⅡ」

高等部では、11月29日(月)~12月2日(木)生活単元学習「レッツエンジョイサイエンスⅡ」で、天気と天体について学びました。毎日「晴れ、くもり、雨」は、確認をしていますが、その他の雪や台風の映像を見たり、天候に合わせて帽子や傘、手袋などのグッズを身に付ける体験をしたりしました。グッズを身に付けた時には、嬉しそうな笑顔になる生徒もいました。また、Zoomで屋外と繋ぎ、室内と室外の気温差がどれくらいあるのかということも確認しました。後半の3日間では、「星座」「月の満ち欠け」「惑星」の学習をしました。「星座」の学習では、簡易テントで暗くした中でプラネタリウムで星を観察しながら自分の星座について、「月の満ち欠け」では、太陽と月と地球の位置関係や太陽の光の当たり方で月の見え方が変わることについて、「惑星」では、惑星の模型とプロジェクターでスクリーンに映した太陽の映像で惑星の大きさの違いについて、学ぶことができました。色々な体験を通して、身の回りの自然環境について興味関心を高めることができました。

総合的な学習の時間「天草拓心高校マリン校舎との交流及び共同学習」

高等部では、10月20日(水)に、天草拓心高校マリン校舎1,2年生とオンラインを活用した交流及び共同学習を実施しました。天草拓心高校マリン校舎の生徒が本校生徒に向けて製作した手作りの「ハロウィンわなげ」、本校生徒が天草拓心高校マリン校舎の生徒に向けて製作した手作りの「魚釣りゲーム」、そして、天草拓心高校マリン校舎からの要望で「ボッチャ」を、3つの本校と天草拓心高校マリン校舎との合同チームに分かれて行いました。

オンラインでの交流及び共同学習になりましたが、チームごとに力を合わせて取り組み、交流を深めることができました。

WeLove天草

苓北支援学校高等部1・2年生は、10月25日(月)~10月29日(金)の5日間で、「We love 天草」と題し、天草の海の豊かさときれいな海を守るための取組について学習しました。26日(火)には、天草市イルカセンターを見学し、センター長の植田様から天草にはたくさんの魚やイルカがいることや、環境を守るためにさまざまな取組(ゴミを回収する・海藻を育てる等)がされていることを学びました。その後、海のゴミを減らすために自分達でできることは何かを考え、環境保護のポスターを制作しました。

修学旅行

高等部3年生は10月28日(木)から29日(金)まで上天草に修学旅行に行ってきました。「ボウリング体験」、「クルージング体験」、「イオン天草での買い物」等、貴重な経験をすることができました。初めて乗ったクルーズ船で風を感じたり、好きな物を買ったりする等、思い出に残る修学旅行になりました。

生活単元学習「レッツエンジョイサイエンス!」

高等部では、実験を通して水や空気の性質について学びました。前半の3日間は水についてです。水に沈む粘土でも、船の形にすると水に浮かぶ様子を見たり、斜めにした樋に置いたアヒルのおもちゃに水をかけて動かしたりすることで、水には物が浮くことや水が物を動かすことを知りました。また、水とお湯での物の溶け方を比べたり、氷を温めて水に戻る様子を観察したりしました。後半の2日間は空気についてです。軽い空気でも大きなビニール袋にたくさん入れると、ペットボトルを倒せること、風船や空気でっぽうを使って、空気の量によって物を動かす力が変化することを確認しました。クラス毎に実験がうまくいくよう協力して取り組みましたが、物が動く様子におもしろさを感じて笑顔になるなど、仲良く楽しみながら学ぶことができました。

 

生活単元学習「We love 苓北」

5月17日(月)から5月25日(火)にかけて生活単元学習「We love 苓北」に取り組みました。自分達の町について知る学習です。森田農園の森田俊幸様、カフェひかりの金子美知子様、内田皿山焼の木山健太郎様から取材協力を頂きました。森田様、金子様、木山様からは、オンライン中継、もしくはビデオ取材で、それぞれのお仕事について説明頂いたり、農場や店内の様子を見せて頂いたりしました。また、質問にも丁寧に答えて頂き生徒達も分かりやすく学習することができました。オンライン中継やビデオ視聴の為、教室ではゴーヤスタンプ体験、生クリーム絞り体験、陶器の絵付け体験等に取り組みました。苓北町のものにたくさん「見て、触って、感じて」もっと大好きになったことと思います。今回の取組については新聞としてまとめ、苓北町いろんな所に掲示したいと考えています。機会がありましたら是非、ちょっと足を止めてご覧下さい。 

新聞はこちらをクリックして見ることができます→  We love 苓北新聞(R3.6.8).pdf

     

生活単元学習「歓迎会をしよう」

高等部では、3人の1年生を迎え、9人でスタートしましたが、新しい仲間も含め、みんなが仲良くなれるよう、歓迎会を行いました。当日までに、クラス看板を作ったり、自分の好きなことを書いた名刺を手作りして交換したりしました。歓迎会当日は学年混合で3チームに分かれて親睦ボッチャ大会をしましたが、得意な動きを生かしてボールを投げたり、友達のことを応援したりして大いに盛り上がりました。歓迎会をとおしてお互いに友達のことを知って仲良くなり、高等部の仲間としてチームワークを深めることができました。