学校長ブログ

学校長ブログ

立秋の候

 7月20日に第1学期の終業式を無事終え、ホッとしたのも束の間、新型コロナウイル感染症の拡大により、進路指導関係の事業所訪問などが軒並み延期となり、改めて、夏季休業中及び二学期の行事の変更を行っています。急な変更にも対応していただいた関係各位に感謝申し上げます。

 また、大雨による被害も広範囲に及んでいます。被災された方々にお見舞い申し上げます。

  1学期を振り返りますと、やはり新型コロナウイルス感染症の影響で多くの行事を中止したり、縮小したりする必要がありました。また、普通科と専門学科で合同で取り組みたい行事の多くが、それぞれでの取組となりました。各学科内でも、学年毎など小集団での活動が多くなり、学校としての一体感をどう高めていくか、苦心の日々です。

  そのような中、1学期末に行われたクラスマッチでの生徒の姿は、私たち職員にとって感動的であり、元気づけられるものでした。様々に工夫された競技は生徒たちも取り組みやすく、集団や賑やかな環境が苦手な生徒も、参加することができていました。職員の工夫があったことはもちろんですが、周囲の生徒の気配り、集団の力が、苦手意識の強い生徒の背中を押し、挑戦する勇気を与えてくれたと思っています。教室とは違った姿が見られたことも新たな発見であり、喜びでした。

 夏季休業も本校は残すところ2週間ほどとなりました。猛暑や大雨にも負けず、敷地内には、マリーゴールドやニチニチソウ、ジニアなどの花々が咲き誇っています。生徒たちが1学期に植えてくれたものです。あまりに綺麗なので、少しいただいて校長室にも飾っています。

    

 

 

0

初夏の候

 先日、令和3年度 熊本県高等学校総合体育大会が開催されました。本校からは、陸上競技に男子3人、女子1人の計4人が4種目に出場しました。会場は例年どおり、えがお健康スタジアム(熊本県民総合運動公園陸上競技場)でしたが、新型コロナウイルス感染症への配慮から、無観客開催によりライブ配信が行われました。

 本校は開校間もないこともあり、十分に練習ができない中での出場でしたが、生徒たちはそれぞれに目標を掲げ、果敢に挑戦しました。目標を達成した生徒、思うようにいかなかった生徒とおりましたが、他校の生徒と競い合う貴重な経験となりました。応援していた者からすると、電光掲示板に「鏡わかあゆ」の文字や生徒の氏名が掲示されるだけで、手をたたいて喜びました。感動を与えてくれた生徒たちに感謝です。

 ユニフォームもまだ揃っていない本校ですが、徐々に整備し、生徒たちが十分に力を発揮できるよう、環境を整えていきたいと思います。

 ちなみに、本校の同好会は、陸上、バドミントン、運動、文化の4つがあり、生徒たちが、楽しい時間を過ごしています。 

 本校では引き続き、現場実習中です。ご多用の中、また、新型コロナウイルス感染症による制限がある中、実習を受け入れていただいた事業所の方々には、心から感謝申し上げます。ご協力いただいた事業所様のご厚意に報えるよう生徒たちも頑張ります。また、ご迷惑をおかけしないよう、従来通り、感染症予防に努めてまいります。

 

0

ミニチュア制服

本校の制服に関しては、このHP上で以前にご紹介しました。シルバーマルチストライプのネクタイ・リボン、襟の白いタイピングが紺色のブレザーにとても映える自慢の制服です。

 この制服を企画製造していただいたのが、「株式会社トンボ」様です。

その「株式会社トンボ」様からミニチュアサイズの制服(展示用)をいただきました。サイズを単純に小さくしたのではなく、スカートやスラックスのチェックも、リボン・ネクタイのストライプも、校章がデザインされたボタンも、制服本体とほぼ同じ割合(1/2)で小さくされています。凝りに凝ったミニチュア制服です。

 Aタイプ、Bタイプ並べて校長室に飾っております。是非、皆さんにも見ていただきたいです。

 

0

新緑の候

 連休が過ぎ、校舎に生徒の笑顔が帰ってきました。5月半ばから、「産業現場等における実習(以下、現場実習)」がスタートします。本校には寄宿舎を利用して、天草や人吉、水俣などからも生徒が通学しています。その関係で、実習先も広範囲に及びます。ご多用の中、また、新型コロナウイルス感染症の影響で色々と制限がある中、実習を受け入れていただいた事業所の方々には、心から感謝申し上げます。就労の仕方は生徒それぞれですが、卒業後は、生活年齢に相応しい働く生活を送ってほしいと願っています。その1歩となる現場実習です。生徒たちには、目標を持って実習に臨み、その目標達成のため精一杯頑張ってくれると期待しています。

0

陽春の候

令和3年4月1日に鏡わかあゆ高等支援学校が開校しました。

初年度は、生徒数は115人、職員は78人でのスタートです。

開校式、始業式、入学式、寄宿舎の開舎式、入舎式と、1つ1つの式の中で、本校創立の意義、校訓や目指す生徒像に込めた思いなどを、生徒たちに伝えてきました。凛とした表情で聞いていた生徒たちが、これからの学校生活の中で、それらを自分らしく具現化してくれることを楽しみにしています。

また、正門周辺や校舎の工事が完了した様子を見て、近隣の方々からも「きれいになった」や「カフェが楽しみ」などのお声掛けをいただきました。長期にわたる工事を温かく見守っていただいていたことに、心から感謝するとともに、期待に応えるべく、地域とともにある学校づくりへの気持ちを新たにしました。 カフェが地域の方々とのふれあいの場となればと思います。オープンまで、もうしばらくお待ちください。

0

校旗が完成しました

 校旗が完成しました。

 

 校内の梅の花が咲き始め、寒い中にも春の訪れを感じる日々です。校長室のテーブルには、小さな雛飾りの横に、手折った紅梅を飾っています。マスク越しにも微かな春の香りがします。

 1月末に本校の「校旗」が完成し、業者の方が納入してくださいました。

 正絹琥珀地(しょうけんこはくじ)と呼ばれる絹100%の臙脂(えんじ)色の生地に、金糸銀糸で校章が刺繍されています。周囲は金モールで縁取られています。

 校旗を結びつける旗棒の先にも、3方向正面で校章を打ち出した金色の竿頭がついています。どこから見てもピカピカの校旗です。

 これまでも、歴史を感じされる重厚な校旗は幾度となく見てきましたが、ジェラルミンの箱から真新しい校旗が取り出される様子は、私たち準備室のメンバーも皆初めて目にする光景で、緊張と興奮の中、校旗を組みたて飾り、歓喜の声を上げました。

 令和3年4月開校後、この校旗は、入学式や卒業式など生徒たちの1つ1つの成長の節目に常に立ち会い、学校の歴史の語り部となってくれます。

 この校旗を4月に威風堂々と掲げられるよう、準備に拍車をかけてまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 3月には普通科の選抜検査をひかえております。今年は新型コロナウイルス対策のため、可能な限り密を避けて検査を実施します。受検される生徒さんも引率の方も、引き続き感染予防と、様々な制限下での検査実施にご理解ご協力をお願いします。不安のある方は、所属の学校を通してご相談ください。

0

新年のご挨拶

 新年明けまして おめでとうございます。 

 

 コロナ禍の中、例年にない静かな年明けとなりました。

 感染防止のため、人と会うことが憚られる中、改めて人恋しさを感じています。本校の校訓として掲げている「自立 挑戦 共生」も人とのつながりの中で、自分を信じ、自分を磨き、育まれていく力だと思っています。心穏やかに過ごせる日が1日も早く戻ってくることを心から願います。 

 

 普通科募集要項の配付にあたり、1月5日(火)、6日(水)の2回「普通科入学志願者募集要項説明会」を実施しました。本校普通科への出願を検討されている生徒さん・保護者様、担任の先生等のご参加をいただきました。

 選抜検査に係り、学校説明会や教育相談で事前にお伝えしていた内容から、一部変更した部分がありますので、是非記載事項の確認をお願いします。

 特に、普通科は、検査会場を「松橋支援学校本校」から「鏡わかあゆ高等支援学校(現:松橋支援学校高等部氷川分教室)」に変更しております。お間違えのないよう、よろしくお願いいたします。

 今年は新型コロナウイルス対策のため、普通科も専門学科も可能な限り密を避けて、検査を実施します。受検される生徒さんも引率の方も、ご理解のうえ、ご協力をお願いします。不安のある方は、所属の学校を通してご相談ください。 

 

 開校まで、3か月となりました。校舎の工事もかなり進んでいます。寄宿舎やランチルームも徐々に形として見えてきました。痛いほどに寒い中、作業を続けられる工事関係者の方々に、心から感謝いたします。生徒たちも気持ちよく、大事に使ってくれることと思います。

 生徒さん・保護者の方々、地域の方々のご期待に添えるよう、準備を進めてまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

0

専門学科入学志願者募集要項説明会の実施と校歌・制服の披露

 「鏡わかあゆ高等支援学校」専門学科募集要項の配付にあたり、11月20日(金)の午前午後、25日(水)の午前午後に「専門学科入学志願者募集要項説明会」を実施しました。本校への出願を検討されている生徒さん・保護者様、担任の先生等のご参加をいただきました。

 今年は新型コロナウイルス対応を含め、例年と異なる点もありましたので、丁寧に選抜検査に係る手続き等の説明をしました。併せて、寄宿舎や校納金についても説明しました。そして、この説明会の中で、校歌と制服を正式にお披露目することができました。

【校歌 輝く未来】

 校歌に込めた思いは以下のとおりです。

  『地域との繋がりを大事にしてほしい』

  『希望・未来に向かって挑戦し、自分らしく自立してほしい』

  『鏡わかあゆ高等支援学校での出会い・絆を大切にしてほしい』

 伸びやかな曲調で、令和の時代にふさわしい校歌となっています。

この校歌には「輝く未来」というタイトルもついています。私たちが意図する教育活動を象徴するタイトルです。「かがやく らい」で、「かがみ=鏡」も表しています。

 【制服】

 生徒が誇りをもって着用でき、爽やかで活動的な制服をイメージしました。

 紺のブレザーの襟に白いパイピングがアクセントとなっています。シルバーベースのマルチボーダーのネクタイ・リボンも素敵です。

 本校の制服は、男子生徒用、女子生徒用とせず、性別関係なくスカートかスラックス、ネクタイかリボンを選べるようにしました。この点に多くの方々が興味を持たれ、実際にブレザーを着用して着心地を試された方もおられました。

 校歌と制服をやっと皆様にご披露でき、心から嬉しく思っております。このHPにも校歌「輝く未来」の音源と、制服を載せておりますので、是非ご覧ください。

 今後も、生徒の輝く未来を叶えるべく、4月開校に向けて準備を進めてまいります。

0

校歌の録音(デジタル化)

 11月上旬、小春日和。本校の校歌の録音(デジタル化)のため、「スタジオキプロ」を訪れました。「スタジオキプロ」は北区の住宅街の一角にあり、素敵な松藤様ご夫妻が出迎えてくださいました。

 ピアノ伴奏は、校歌の作曲者である松橋支援学校の津留桃子先生、歌唱は熊本聾学校の兼武尚美先生です。何度か練習した後に、まずは、伴奏を録音し、次に、それに合わせて歌入れです。鑑賞用の少しゆっくりしたテンポと、生徒たちが歌いやすいテンポの2パターンを録音しました。お二人の先生共に、やや緊張気味ではありましたが、いざ本番となると、真剣な表情の中にも、音楽を楽しんでおられる様子もあり、存分に実力を発揮していただきました。松藤様ご夫妻も楽器の演奏をされるとのことで、その時々にアドバイスをいただきました。素敵な曲に仕上がりホッとしていると、松藤様から「BGM用のピアノ曲」の録音を勧められました。思わぬ提案でしたが、津留先生は、即興で曲をアレンジして弾いてくださり、その出来栄えにも感動しました。津留先生のピアノ、兼武先生の歌声、松藤様ご夫妻の技術とが見事に調和し、素晴らしい校歌に仕上がりました。これらの曲は編集後に学校に届くことになっています。皆様にご披露できるまで、もうしばらくお待ちください。

 

 

0

教育相談のご案内です

 さわやかな青空に白い羊雲が浮かび、秋が深まってきました。学校の周辺を散策していると微かに金木犀の香りがします。マスクをしていることもあり分かりにくかったのですが、周囲をよーく見まわすと、金色の小さな花に気づきました。秋の残り香のようで、金木犀の季節もそろそろ終わりです。

 さて、鏡わかあゆ高等支援学校準備室では、新年度入学希望者向けの教育相談を実施しています。令和3年度の熊本県立特別支援学校高等部入学者選抜検査から、事前に該当校の教育相談を受けることが必須となったため、ありがたいことに本校にも多くのお問い合わせがあります。学校説明会も実施していますが、教育相談では教育課程をはじめ通学方法などより具体的に、受検生お一人お一人のニーズに合わせた話をしていきます。天草や人吉など遠方から来られる方も多いので、そのご足労に見合うよう丁寧な対応を心掛けています。ご存じのとおり、校舎も工事中ですし、専門学科の授業見学を希望される方は、専門学科のある松橋支援学校と本校との行き来も必要になります。私たちが4月から計画している教育活動そのものを見学いただくことはできませんが、生徒さんの様子や授業内容などは、大いに参考になると思います。本校を受検先の1つとお考えの方は、是非、教育相談の申し込みをお願いします。本ホームページ上に申込用紙等がありますので、ご活用ください。在籍している学校を通しての申し込みとなります。

 なお、中学1年生、2年生の方からの教育相談も受け付けています。

 

 

0
ごあいさつ

                                         校長 市原  留美子

 ホームページをご覧いただきありがとうございます。

 鏡わかあゆ高等支援学校開校準備室が、令和2年8月1日付で、松橋支援学校高等部氷川分教室(旧氷川高校)に開設されました。それに伴いホームページも新設し、これまで以上に、本校の紹介をしていきます。

 校名が「鏡わかあゆ高等支援学校」に決定したことは以前からお知らせしているとおりですが、校名の募集にあたっては多くの方々から素晴らしい校名案を応募していただきました。その中から、保護者、地域の方、学校関係者による校名検討委員会を経て、校名が決定しました。 

「鏡わかあゆ高等支援学校」の校名に込められた思いは、以下のとおりです。

【 鏡 】

 〇 学校の所在地が鏡町である。

 〇 地域との繋がりを大事にしたい。

 〇 地域の学校として、皆さんに可愛がっていただきたい。

 〇 地域に貢献したい。

 〇 「人の鏡」など「鏡」には良いイメージがある。  など

【 わかあゆ(若鮎) 】

 〇 清流を遡るイメージが、生徒が果敢にチャレンジする姿と重なる。

 〇 未来に向かって成長してほしい。

 〇 旧氷川高校のセミナーハウスの名称が「若鮎」だった。  など

 他にも、「八代」「ひかり」「きらめき」「青雲」などの応募があり、いずれも地域との繋がりを大事にしてほしいとの思いや、生徒たちに期待する姿を託されたものでした。

 新設される高等支援学校をイメージし、それに相応しい校名を考えて、応募していただいた方々に心から感謝いたします。皆様の本校への思いや期待に応えるべく、令和3年4月開校に向けて準備を進めてまいります。今後とも「鏡わかあゆ高等支援学校」を温かく見守っていただけたらと思います。

  本校は、1学年、専門学科5クラス、普通科3クラスの計8クラスになります。自分らしく社会と関わりながら自立できるよう、教育課程を整え、ソフト面、ハード面で準備を進めています。特に、県南に唯一の専門学科では、専門教科(農業、工業、家政、流通・サービス、福祉)を中心に学び、職業自立を目指します。そのための実習室も充実させます。また、新たな教育内容にも取り組んでいきます。

 現在、制服や校章・校歌も作成中です。こちらも出来上がり次第、ご報告していきます。

  「鏡わかあゆ高等支援学校」は「みんなで創る みんなの学校」です。

 受検生の皆さんには、進学先として選んでいただくことを期待しています。一緒に新しい学校を創っていきましょう。

  最後になりますが、開校に向けて、校舎の増改築・新築工事が進んでおります。このホームページの中でも随時、工事の進捗状況をお伝えしていきます。開校後も、令和4年3月まで工事が続きます。学校の周辺の方々には多大なご迷惑をおかけしておりますが、ご理解とご協力をお願いします。

                                    令和2年9月