入試情報
諸費用
生徒会長 歓迎の言葉(令和3年10月9日 五木分校体験入学)

生徒会長 2年尾方さん(五木中学校出身)  

 皆さん、おはようございます。隣の五木中学校出身の2年尾方です。本日は五木分校の体験入学にお越しくださり本当にありがとうございます。

 五木分校は雄大な自然に囲まれ、恵まれた環境にあります。

 校舎は平成19年に完成しました。熊本県産の木材を使用していて、県内唯一の完全バリアフリーの美しい校舎となっています。

 校舎だけでなく、もちろん、中身も充実しています。生徒数が少ないため、みな仲が良く、あたたかく優しい学校です。また、授業の中では自然に触れたり、感じたりできる取組もあるので感性に磨きをかけることができます。

 短い時間ですが、本日は私たちの学校の魅力をたくさん感じていただければな、と思っています。高校の選択肢に「五木分校」という存在が入ることを期待しています。

 そして、来年入学を希望している人が、この学校で笑顔を咲かせられることを心から願っています。

五木分校に入学して(令和3年10月9日 五木分校体験入学)

2年 西さん(錦中学校出身)  


 錦中学校出身の2年生の西です。委員会は図書委員会に所属しています。部活動はバドミントン部、ART部に所属しています。ART部とは、美術と音楽を合わせた芸術部のようなものです。

 私が五木分校を選んだ理由は、少人数で勉強をしているからです。多人数ならではのいいところもたくさんあると思いますが、少人数ならではのいいところもたくさんあります。

 五木分校に入学して感じたことは、先生方と話をしやすいことです。先生方は私たち生徒の立場に立って、一緒に物事を考えてくださるので相談もしやすく、勉強等の質問もしやすいです。

 五木分校で現在頑張っているのは、毎朝早く起きて、学校に7時に着くバスに乗って、勉強をすることです。私は、早く起きることが苦手でしたが、少しずつ続けているうちに、4時45分に起きることができるようになりました。早起きは今後の就職にも必要で大切なことなので、これからも続けていきたいと思っています。

 五木分校に入学して成長できたなあと思っているのは、勉強で分からないことをそのままにしなくなったことです。中学生の頃までは、分からないことがあっても「まあ、いっか」とそのままにしていましたが、五木分校に入学してからは、分からないことは先生やクラスメイトに聞いて分かるように努力することができるようになりました。また、基礎をしっかりマスターして発展問題に挑戦しようと取り組むことができるようになったことも、五木分校に入学して成長したことです。入学する前までは、基礎ができていないのに発展問題に手を出し、よけいに分からなくなったり、基礎ができていても、それ以上のことをしようとしなかったりしていました。しかし入学してからは、基礎から学べるステップアップのおかげもあり、基礎を完璧にして発展内容にも挑戦するようになり、学力向上に繋がりました。

 五木分校に入学して初めのころは、クラスメイトともあまり話をすることがありませんでした。ですが日に日に話す回数が多くなり、いつの間にかクラスメイト全員が仲良くなり友達になりました。少人数だからこそクラスメイト全員と友達になることができたのだと思います。今後も、五木分校生全員で協力して勉学に励み生活していきたいです。

五木分校に入学して( 令和3年10月9日 五木分校体験入学)

1年 森下さん(五木中学校出身)  


 みなさんこんにちは、はじめまして。五木中学校出身の森下です。

 私は五木分校が家に近く、学習や部活動に集中できると思い入学しました。

 私が入学して感じたことは、人が少ないということです。行事やクラスの仕事など、どうしても一人ひとりの負担が大きいと感じました。ですが、運動会のカラーガードなどではみんなで協力をし、一人ひとりが輝けるという素晴らしいメリットがあることに気が付きました。初対面の先輩や同級生と一か月で練習をして発表はとても難しいし、うまくいかないことが多かったのですが、その分、達成感は大きかったです。

 このような学校生活の中で私が頑張っているものの一つは「ステップアップ」です。「ステップアップ」は学年関係なく全校生徒全員が同じ問題を解きます。中学校の学習をおろそかにしていた私にとってはいい復習になっています。先輩より先に合格し、進級してひそかにガッツポーズするために一生懸命取り組んでいます。

 もう一つはICT教育の取組です。五木分校ではICT教育が進んでおり、一人一台タブレット端末が貸し出されます。毎週木曜日のタイピング練習で自己ベストを更新し続けられるように頑張っています。

 今年は熊本県立大学とのコラボで「球磨川流域圏バーチャルキャンパス」という講座をタブレット端末で受講しています。そこでのテーマは「環境」「文化」「歴史」が挙げられていて、講座を受け、今の自分に何ができるか考え行動に移していくことも頑張っていきたいです。

 学校生活では、自分で考え行動するという場面が増えてきました。例えば「五木分校プロジェクト」の片付けなどです。3年生を見ていると、次々と動いているのですが、自分は指示されたことが終わってしまうと、次何をすればいいのか分からず動けませんでした。少人数の学校で自主的に活動する中で気づきがあり、日々成長できます。ぜひ五木分校に来て、一緒に学校生活を楽しみましょう。

パンフレット類