新着
今展示している本をご紹介します。   まずエントランス部分に『熊本地震コーナー』があります。 放送部の皆さんと作りました。 熊本県立図書館から相互貸借をして、さまざまな本を並べています。 山形、新潟などでも大きな地震がありました。 現地では不安な状況が続いていることでしょう。 私たちも常に防災の意識が大切です。   入口付近に『羅生門』と『山月記』コーナーを作りました。 1、2年生は今まさに習っている単元ですね。 芥川龍之介と中島敦の本を並べています。ぜひ借りてください!   まだ雨が降りませんが、 『雨の日に読みたい本』コーナーも作りました 6月20日の熊本日日新聞では、県内の水不足が深刻になっているという記事が載っています。 恵の雨が早く降りますように 新聞もどんどん活用してください。   来週から期末考査ですね 図書館で自学可能です。 が、静かに読書したい人もいます。 マナーを守って利用してください。 (飲食禁止スリッパ&トイレは綺麗に使う) カッコいい図書館を、カッコよく使いましょう
 6月16日は、新チームとして初の練習試合を行いました。前日に夏季大会のための校内戦を行い、1年生を含む10人が、熊本北高校、東稜高校、学園大学付属高校の練習試合に参加しました。初めに選抜形式(単3、複2)で団体戦を行い、その後は個人戦を行いました。  1年生の中には初めて練習試合に参加する者、また2年生も練習試合の経験が少ない者がいて、プレーには緊張した動きが感じられました。練習通りのプレーができず悔しがる者もいましたが、とてもいい経験になりました。練習にも課題意識を持って参加できると思います。  1年生も元気にプレー  2年生も負けずにハッスル  1年生のダブルス  シングルスの1年生  2年生も最後にやっと勝利 1年生ダブルス(サーブ)    18日から期末考査1週間前となり、練習はしばらくお休みです。25~28日の期末考査に向けてしっかり勉強したいと思います。考査最終日の28日からは練習再開です。夏季大会、そして秋の新人大会に向けて頑張ります。  応援よろしくお願いします。
 6月11日は『一品持ち寄り弁当の日』でした。これは、一人一品昼食の惣菜を持ち寄って、クラス全員で楽しく昼食をとるといった学校行事です。58期の1年生にとっては初めての『弁当の日』でしたが、普段以上に会話も弾み、楽しい時間を過ごすことができたようです。先生たちも気合の入った手作り(?)の惣菜を準備されたようです。  テーブル上に並んだ惣菜はどれも美味しそうで、本当に生徒がつくったものなのか、というような手の込んだものもありました。多分、保護者の協力があったのでしょう。ごちそうさまでした。  各クラスの様子を紹介します。楽しい雰囲気を感じていただけるでしょうか?    1組    2組    3組    4組    5組    6組    7組    8組    S組    A組
 6月13日は7限のLHRを利用して、3年生を対象とした進路講演会が行われました。講師は河合塾福岡校の校舎長である宮﨑敏彦先生で、本校では一昨年から宮﨑先生に講演をお願いしており、今回で3回目となります。3年生や職員からの評判も良く、今回も熱心にメモを取る3年生の姿が数多く見られました。  講演の内容は大きく分けて次に示す   ① 目標確認!~センター試験を掴む~   ② 学習効果!~頑張りを成果に~   ③ 学習計画!~いざ合格に向けて~  以上の3部で構成されており、高校総体・総文祭を終え、受験モードに入った3年生は熱心に聞き入っていました。センター試験の分析や攻略方法をはじめ、効果的な学習方法や学習計画など具体的なアドバイスを聴くことができ、3年生の受験に対する意識が高まったようです。 熱心に御指導いただいた宮﨑先生 真剣に耳を傾ける3年生 真剣にメモを取る3年生
今回は、本を紹介してみたいと思います。 ヨシタケシンスケさんの『それしかないわけないでしょう』という絵本です。子ども向けの絵本ではあるのですが、ヨシタケシンスケさんの絵本は、結構大人でも楽しく読むことができます。     話の内容としては、ある女の子が、お兄ちゃんから、「未来の世界」は大変なことばかりだと教えられます。人が増えすぎて食べ物がなくなるとか、病気がはやったり、戦争が起きたり、宇宙人が攻めてきたりとか。女の子はショックを受けてしまいます。でも、その話を聞いたおばあちゃんは次のことを教えてくれます。 未来がどうなるかなんて誰にもわからない。大変なことだけじゃなくて、楽しいことや面白いこともたくさんある。 〇〇だから〇〇するしかない、はだいたい当たらない。2択を迫られても違うなと思ったときは、新しい選択肢を作れば良い。未来はたくさんある。 それを聞いた女の子は、「それしかないわけないでしょう」といろいろなことを考えるようになります。「好きか嫌いか」「良いか悪いか」「敵か味方か」もどっちかしかないわけがない。「悪くない」「何とも言えない」「良いかもしれない」「よくわからない」とかいろいろ...
日本学生支援機構奨学生の応募(卒業生対象)を行います。希望者は6月24日(月)までに必要書類を第二高校事務室まで受け取りに来てください。  受付時間 9:00~16:30   ※高校在学時に奨学生の予約採用を受けていた卒業生も、卒業後に進学しなかった場合を含め、進学後に「進学届」を提出しなかった場合、採用候補者び資格を辞退したことになります。したがって、浪人して次の年度に進学を目指す場合は、この予約採用に申し込む必要があります。   奨学金係 日本学生支援機構担当 高橋、尾崎、立場 連絡先:096-368-4125
 6月8,9日に国体成年の部の二次予選があり、53期生(平成29年卒)の木村先輩が昨年に続き、熊本県の国体選手となりました。おめでとうございます。  二次予選は6人による総当たりで、木村先輩は4勝1敗で予選を突破しました。6人中4人が大学3年生、つまり小さい頃からライバルとして競い合ってきた仲間で、熊本県のテニス界を牽引する存在です。この日も一進一退の好ゲームが繰り広げられました。その中にあっても木村先輩はプレーに余裕がありました。ゲームの前半は競っていても、後半一気にギアを上げ、ポイントを重ねていきます。高校の時よりも更にプレーに幅がありました。        今年の国体は茨城県で開催されます。佐賀県で行われる九州国体で何とか勝ち上がり、本国体に出場できることを期待しています。
 6月1日の団体戦の準々決勝敗退で今年の高校総体がすべて終了しました。3年生にとっては、部活動の引退となります。団体戦後は、マネージャーを含め15人の3年生それぞれから後輩へ挨拶がありました。引退する3年生それぞれが、高校3年間の部活動への思い、また後輩への期待を述べ、1,2年生は次の大会での活躍を強く思ったはずです。試合に出場できなかった3年生の挨拶の中に「試合に出たら勝ってほしい。」という言葉が印象的でした。3年生の中には最後の高校総体に出場できなかった者が多くいました。出場した選手は、その部員の分まで勝たないといけないと思いました。  また、3年生から新キャプテンと副キャプテンが発表されました。第二高校テニス部は、先輩の思いを噛みしめて次へのスタートをきったばかりです。 団体戦終了後にメンバーからの挨拶 キャプテンの挨拶 新キャプテンからの挨拶 3年生 お疲れさまでした! テニス部全員で記念撮影 最後は恒例のコート挨拶 応援よろしくお願いします。
 令和元年6月、1年生にとって初めてのデザイン課題「ポスタリゼーション」の制作を行いました。各自写真を自由に選び、アクリルガッシュを駆使して面相筆や平筆の使い方を学びました。デザインは几帳面に丁寧に取り組む姿勢が必要です。一年生の皆さんお疲れ様でした!    
 6月7日は朝から強い風雨でしたが、雨にも負けず元気に登校し、早朝学習に取り組んでいました。ニ高生の意欲の高さを感じました。  今日は教育実習の最終日です。今年度は12人の卒業生が、教育実習で母校の教壇に立っています。2週間または3週間の間、「先生」と呼ばれながら毎日の授業やHR活動に悪戦苦闘しています。  6日のLHRでは学年集会を行い、1年生のHRを担当する6人の実習生に先輩からのメッセージをいただきました。メッセージの中には、大学での学問研究や自身の高校時代のこと、また将来に夢などが語られ、58期生も関心を持ちながら聞いていました。ある実習生の「母校の教壇に立つという貴重な経験ができて幸せです。」というメッセージがとても印象的でした。  6年後には今の58期生の中で、母校の教壇に立つ者がいるはずです。そう思うと月日の早さ、人間の成長を感じさせられます。            実習生の皆さん、お疲れさまでした。
ブログ
06/07
部活動
 3年生にとって最後の高校総体がありました。初日の5月31日は午前中雨が降りましたが、1,2年生は元気に総合開会式に参加しました。 第二高校の入場行進 雨の中での総合開会式  31日は個人ダブルスがあり、出場した4組は「勝ち」にこだわってプレーしました。3年生は最後のテニスです。逃げずに最後まで攻めることをを心がけてコートに立ちました。試合に出場しない部員もコートの外から声援を送り、選手の背中を後押ししました。ダブルスでは、甲斐(3年)・後藤(3年)組がベスト8に進出しました。 個人ダブルスの松永・飯星組 ボレーをうかがう荒木・谷山組 リターンから攻める荒木・谷山組 ベスト8進出の甲斐・後藤組  6月1日からは団体戦です。1回戦は高専八代に3-0、2回戦はルーテル学院に2-0で勝利しました。準々決勝は、第3シードの専大玉名です。ここを突破するために練習してきましたが、力及ばず0-2で敗退しました。残念な結果に終わり、悔いを残した感じで引退となりますが、1,2年生がその思いを引き継いでいくと思います。 団体戦に出場した5人 試合前の円陣 「絶対勝つぞ~っ!」 1回戦の第1シングルス 団体1回戦のダブルス 団体2回戦のダブ...
総体・総文お疲れ様でした。 十分に力を発揮できたでしょうか? 図書館には先日まで、南九州インターハイの競泳ののぼり旗を展示していました。 富山県、石川県、福井県、山梨県を見事に表しています。 これは有志約20名で制作したもので、2時間という驚異的スピードで仕上げたそうです。 さすがです!すごいクオリティです!! 有志の皆さんありがとうございました   そして6月11日は何の日でしょうか? そうです!一年に一度の一品持ち寄り弁当の日です! 毎年腕によりをかけた逸品が勢ぞろいしますね。私も毎年楽しみです でも料理が不安なあなた。 大丈夫です!図書館にお弁当コーナーを作りました これを見ながら作れば素敵な一品ができること間違いなしです 見に来てください
ブログ
06/03
理数科
 九州北部地方も先日梅雨入りし、今日は蒸し暑い1日でした。天気予報では雨が心配されましたが、何とか天候はもち、無事に実習を終えることができました。第二高校理数科では平成6年から熊本市東区の江津湖をフィールドとして環境学習を実施しています。水生生物の採集や化学的な水質検査などを行い、江津湖の環境の現状を評価するものです。  午前中は上江津湖の7ヶ所で区画法による水生生物の採集と硝酸態窒素やリン酸態リン、pHなどの化学的な水質検査を行いました。また午後からは実験室で、採集した生物の分類・同定、そして個体数密度(個体/㎡)と重量密度(g/㎡)の測定を行いました。また、分光光度計を用いてCODとリン酸態リンの濃度の測定を行いました。 上江津湖で水生生物を採集する理数科1年 小さな生物まで観察して採集します 健軍川が江津湖に注ぐ付近での調査 元気に全員で記念撮影 水生生物の分類の最中です 調査結果をノートにまとめます 今回は珍しい生物も見つかりました  これからSSⅠの時間を利用して、江津湖の環境について考察し、最後は発表まで行います。  
 3年生GRⅢ(学校設定科目グローバルリサーチⅢ)では、テーマ研究の総仕上げとして、2年次の地震の探究ポスターを英語に翻訳する活動を行いました。  英語による表現「グローバル」は①テーマ研究を異なる表現形式でプレゼンテーションすることで内容をブラッシュアップする、②英語に翻訳することで論理性を高めることを目的としています。 3時間という短い時間でしたが普通科8クラスと美術科で行いました。まずは表現してみよう、相手に伝えるために試行錯誤することを第一としています。この活動で、指導者側も気が付いたことは、「英語で考え、プレゼンテーションする」ことは第二高校SSHのテーマを体現する活動であったことです。 ◆みつめる力→英訳によって課題を再発見する   ※例「ものづくり」って英語で何???から、その本質を考えるきっかけとなる。 ◆きわめる力→英訳は論理的な思考を身につけるのに有効である  ※英訳しやすいように日本文を見直し、文章が洗練される。 ◆つなげる力→教え合いによって、互いの尊敬が生まれる。相手に伝えることをあきらめず、試行錯誤する態度が身につく。    GRⅢ「グローバル」は第二高校では今年初めてであり...
ブログ
05/30
美術科
過去の作品集や卒業生の方から寄贈していただいた画集や本を手に取りやすく片付けました。 生徒たちがよくここで資料に目を通しているのを目にするようになりました。これからも、整理整頓で美しい美棟に変えていきたいと思います。
美術科からは立体を二つ出展しています。 会場入り口で出迎えてくれる「鯨幕」という作品です。 この作品は7月に佐賀県で行われる全国総文祭に熊本県代表として出展されます。 もう一点は昨年12月に鹿児島で行われた全九州総合文化祭代表となった「cow!」という作品です。 こちらは地下会議室に展示されています。(会場で撮った写真がよくなかったので、事前に取った写真を掲載しています。) ぜひ、御来場ください。
 6月4日は理数科1年恒例の江津湖における野外実習があります。この環境学習は平成6年から続くもので、江津湖の環境を化学的または生物学的に評価する実習です。  実習の1週間前となるSSⅠの授業では、実際に水質等の検査に用いる器具の使い方や特徴について学びました。水中に含まれる硝酸態窒素やリン酸態リンの測定に用いるデジタルパックテストの使い方は、本校理数科卒業の教育実習生(51期生)が丁寧に指導しました。  あとは晴れることを願うばかりです。 透視度計で泥水の透度を測定 分光光度計の使い方の説明 デジタルpH計、デジタル温度計の使い方を学ぶ デジタルパックテストの説明をする理数科卒業生
 5月25日から高校総体が一足早く始まりました。25日は天候に恵まれたものの、日向は30℃以上の暑さで、コンディションとしては決していいものではありませんでした。  個人戦のシングルスがありましたが、目標までもう一歩という結果だったようです。特に勝ちを意識しすぎて、丁寧にプレーした結果、攻めのテニスができなかったように思えます。  今週末は個人ダブルス、そして団体戦があります。攻めるテニスを徹底するため、試合翌日の26日は午後の暑い中、試合形式の実戦練習を繰り返しました。目標はベスト4に進出し、最終日までプレーすることです。 1年生も実戦練習に加わり、先輩に挑戦しました 控え組の1,2年生は総体後を意識して本気です 3年生ペアが1,2年生の挑戦に胸を貸します 練習最後は元気よくコート挨拶   応援よろしくお願いします。