健康教育室ブログ

学校保健委員会


平成28年11月30日、「地震後の心とからだの健康」というテーマで学校保健委員会を開催いたしました。例年、学校医の先生方、PTA役員さん、生徒保健委員、職員で協議をしていますが、今年は、スクールカウンセラーの疋田先生にも出席していだき、「震災後のこころとからだ」~今までとこれからの見通し~というテーマでお話をしていただきました。
内容は、PTA新聞にも載せて頂く予定です。


生徒保健委員会は、今年のテーマとは直接関係はありませんでしたが、献血の取り組みについて発表しました。


※詳細は、後日、学校保健委員会のページに載せる予定です。

病院 Blood 献血へ行こう!~学校編~

今年の文化祭で保健委員会が発表した
「Blood 献血に行こう!~40分で助かる命がある~」
覚えていますか?
あれから、2ヶ月。ついに第二高校にも14年ぶりに献血バスが来ました。
多くの3年生と2年生、そして職員合わせて81人の協力がありました。そのうち63人が無事に献血をすることができました。


テスト期間中、遅くまで残って協力していただいたみなさん、ありがとうございました。今回できなかったみなさんも、また次の機会に御協力お願いします。

それから、献血者へプレゼントされる缶バッジのデザインをしてくれた10人の美術科のみなさんありがとうございました。(1人2つしてくれた人もいました)
下のバッジが今回のデザインです。

花丸 保健だよりコンクール「優秀賞」

 第2回保健委員連絡協議会が10月21日に開催されました。
県内の高校から保健委員が集まり、活動発表や研修を受けたり、交流を深めます。
その中で、年1回の「保健だよりコンクール」があり、見事『優秀賞』をいただきました。昨年の10月から今年の8月までに発行した保健だよりの中から3部を審査された結果です。久しぶりの入賞でした。現3年生の和田さんを中心に、読んでもらうための工夫を重ねながら作成しました。2年生は、「来年も入賞するように頑張ります!」と意気込んでいます。今後も、みなさんに興味・関心を高くもって読んでもらえるものを作っていきます。
 
 そのほか、日赤の方に「救命・応急手当て」の講習を受け、AEDや三角巾を使った応急手当を学びました。積極的にステージでのデモンストレーションにも参加し、有意義な時間でした。早速、学校でも保健委員に披露し、三角巾の使い方を広めることができました。

血液センター情報誌に載っています!

 保健委員会では、先日の文化祭で献血について発表をしました。
取り組みのきっかけは、地震でボランティア活動をしたことと、保健委員の研修会で献血の話を聞いたことです。
 夏休みに、熊本県赤十字血液センターに見学に行き、実際に献血も体験しました。
そのときの様子が、情報誌『KUBIRU』Vol.44に掲載されています。
売店前廊下の保健コーナーに置いてあるので、ぜひ、ご覧下さい。

ハート 2年生ストレスマネジメント講座

 9月15日(木)のLHRの時間、2年生は、スクールカウンセラーの疋田先生からストレスマネジメント講座をしていただきました。
 事前に「自分を知ろう」というアンケートに答えて、自分の結果をみながら話を聞きました。アンケートでは、①自分の「こころの土台」がどれくらいあるか②今のストレスの度合いとストレス反応の特徴、③自分のストレス対処のしかたの特徴、について知ることができ、これから様々なストレスがかかったときに、ストレスとうまく付き合う方法を自分の特徴に合わせて考えることができました。
 

病院 救急法の研修

東消防署の茂山さんを講師に招き、今年度、第二高校に赴任した職員約20名が救急法の研修を受けました。
3年前の保健委員が制作したAEDの使用方法や救急車を呼ぶまでをまとめた動画を見た後、実際の手当の流れとポイントを詳しく解説していただきました。
1分間100回以上の胸骨圧迫のリズムに息を切らす職員もいましたが、もしものときに大切な命を守るため、真剣に取り組んでいました。



校内のAED設置場所は、以下の3つです。
いざというときのために、覚えておきましょう!
①保健室の入口(1つめのドアを開けたところなので鍵はかかっていません)
②売店前廊下(5月から新しく設置しています)
③体育館フロアの入口(運動場から一番近い場所です!)

笑う 祝!卒業 黒板アート

 保健委員は全学年合わせて60名いますが、学年に5~7名が中心となって活動しています。毎日、掃除の時間は保健室にて掃除&活動を行っています。
 毎年、卒業する3年生に対し、後輩たちからVTRを作ったり感謝の手紙を書いたりしていますが、今年は黒板アートに挑戦しました。美術科の保健委員1年生原崎くん、宮津さんを中心に2年生も少し手伝ってくれました。
 あまりの出来栄えに、3年生本人たちも「似てる~!」と感嘆の声!!





保健室を訪れた先生たちも絶賛です。
卒業しても後輩の活動に協力してくれる先輩たち。これからも見守っていて下さい。

にっこり 坂本達さん講演会報告!

 11日(金)、「夢に向かって!今、あなたのできること」~自転車世界一周から学んだこと~と題して、株式会社ミキハウスの坂本 達さんに大阪からお越しいただきました。せっかくの熊本を味わっていただこうと、職員手作りの郷土料理「だご汁、高菜めし、辛子レンコン、一文字のぐるぐる」を召し上がって頂きました。『アツイおもてなしに涙が出た』(初めての辛子レンコンがとても辛かったようです)とおっしゃりながら、進行の放送部員とも気さくに打ち合わせをしていただきました。
 ギニアの民族衣装で登場していただいたあとは、3・11の黙祷を一緒に捧げました。坂本さんは、東日本大震災の支援をされており、震災以降一度も運動会ができない小学校がある現状も伝えてくださいました。

 その後、小さい頃のつらい思い出や夢、自転車で世界一周するまでの軌跡、世界各地で出会った人たちとのエピソードを写真を交えて紹介していただきました。
 生徒たちは、坂本さんの優しい笑顔とトークに惹きこまれ、たくさんの心に響く言葉を受け取ったようです。最後に、坂本さんが夢をかなえるために心がけている「自分から挨拶をする」「ありがとうの感謝を伝える」「自分の持ち味を活かす」という3つのメッセージをいただき講演は終了しました。
 続く質疑応答では、世界一周で一番楽しかったことや自転車の修理について、髭についてなど積極的な質問が続き、時間が足りないほどでした。質問した生徒の中には、坂本さんと同じように自転車で世界をまわりたいと思っている生徒もいました。

 
 坂本さんへの感謝の気持ちを込めて、2年A組(美術科)の嶋田凪紗さんが坂本さんファミリーの似顔絵を描いてくれ、第二高校のネックタオルと一緒にプレゼントしました。持ち味を活かしたこのプレゼントをとても喜んでくださいました。



【生徒の感想】
・「夢や目標は待っているだけではやってこない」という言葉が一番心に残った。受 
 け身でいるのではなく、自分から積極的にいろいろな経験をやっていこうと思っ
 た。(1年女子)
・世界へ旅立つまでに3年間準備され、そこまで真剣に夢に向かって取り組めること 
 がうらやましく思った。私にはまだ明確な夢がないけど、小さなことでもいいか
 ら、夢を見つけてみようと思った。そしてその夢に本気になって、人生を振り返っ 
 たときにあぁよかったなと思えるようにしたい。(1年女子)
・この講演をとても楽しみにしていた。なぜなら私も世界一周をしたいと思っている
 からだ。なぜ、世界一周をしたいと思っているかは、世界各国の文化や宗教の違い
 によって起こる戦争に対する人々の考えを聞き、それぞれの国の歴史を学ぶことで
 日本的な偏った見方ではなく、他方からの色々な視点で見ることができると考えて
 いるからだ。~中略~これから自分の夢を叶えるための手助けをしてくれる人たち
 に感謝して、学んだことを伝えていきたい。(1年男子)
・今まで「運動会で走るのが嫌だな・・」と思っていた自分が情けなくなった。これ
 から、自分が毎日普通に生活できていることに感謝の気持ちをもって、一日一日を
 大切に生きていきたい。(1年女子)
・テレビやスマホで世界のニュースが流れている中、ニュースを見ただけでその国の
 ことを分かった気になっていた自分が、少し恥ずかしくなった。「百聞は一見にし
 かず」だと実感した。3月11日に講演してくださったことにも意味があると思
 え、「忘れない」のではなく「関心を持ち続けたい」と強く思った。(1年女子)
・世界一周するなんてアクティブで好奇心が旺盛な人だろうと思っていた。しかし、
 気が強いわけでもなく、とても怖がりなところもあるが、それは長所でもあるとい
 う話を聞き、何でも物事の捉え方次第で良い方向にいけると気づかされた。「ない
 ものを見るのではなく、あるものをみる」すごく大切なことだと思った。自分の長
 所を活かしていける人になりたい。(2年女子)
・「人の目を気にせず、考えすぎずに行動する」という言葉は、すぐに他人の行動に
 流されてしまう自分には、とても励みになった。「おはよう」などの一般的かつ基
 本的な挨拶を大切にし、「ありがとう」「おいしい」など相手を気遣う言葉は、国
 境を越えても同等なのだと思った。肌の色、言葉、宗教、考え方が違っても、同じ
 仲間である人々とのコミュニケーションは一見難しようでそうでないということを
 教えていただき、ありがとうございました。(2年男子)

※生徒たちの多くが、ぎっしり感想を書いてくれました。全てを紹介できませんが、坂本さんへ直接送りたいと思います。

お知らせ 坂本達さん講演会案内

「夢に向かって!今、あなたのできること」
 ~自転車世界一周から学んだこと~
 講師:坂本達 氏
   (株式会社ミキハウス勤務、サラリーマン冒険家)
 期日:平成28年3月11日(金)
 日程:整列完了 13:30
    講演   13:40~15:00
 場所:本校体育館(保護者の方は2階ギャラリーへ)
 講師の坂本達さんは、テレビ番組「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」でも紹介された方です。4年3か月かけて自転車で世界1周をされた体験を交えながら、「夢をもつことの大切さ、夢に挑戦する素晴らしさを伝え、何かのきっかけを掴んでもらいたい」という想いのもと講演活動を続けておられます。
 保護者の皆様も、ぜひ子どもたちと一緒にお話を聞かれませんか。
 チラシ、申込用紙はお子様に配布済みです。担任まで申し込みお願いします。

お知らせ 1・2年生性教育講演会のお知らせ

2月4日(木)15時~16時20分まで、1・2年生性教育講演会があります。
保護者の方の参加もできます。締切は過ぎていますが、当日参加でも結構です。
 演題:「未来ある君たちへ伝えたいこと」
 講師:慈恵病院 助産師 大山由香氏
 場所:体育館(保護者の方は2階ギャラリー)