普通科ブログ

ICEはじめました(美術編)

ICEというのは食べ物でもなく、おやつでもなくカナダの大学から始まった評価理論のことです。本校GLではICEに基づいた評価の研究を始めています。

 ICEは学習を次の三つの観点で評価します。
「I」ideas:知識
「C」connections:つながり
「E」extensions:応用
 「E」の「応用」は解釈が難しいと思っていたのですが、山登りでたとえるなら、「ゴールを設定して、どのルートで登ればよいか考える力」だと考えています。
 そして、美術ではいつもの授業をICEの切り口で取り組んでみました。具体的には「E」の課題として、「伝える相手のリアクションを予測する」ことを目標としました。テーマは「アイコン」の制作です。


 いわゆる標識のデザインなのですがスマホやコンピュータ上の「アイコン」のデザインのルールで制作しました。例えば、基本的な幾何形体を応用する、グリッド線を活かす、斜線の角度は45度をベースにする、などです。制作しながら、これからのデザインは素材ではなくプログラムに左右されるのを実感しました。



 次にレポートを作成します。①アイコンの説明②ふさわしい設置場所の設定③リアクションの予測、ここまで考えて校内に実際に掲示します。
 2週間後④予想と結果の比較、⑤アイコンの活用方法を考察します。




 作品の中にはアイコンのルールからずれているものもあります。ところが、参考にした資料にこうありました。良いデザインをつくる為には良いデザインをつくるためのルールを守ることが大切。しかし、もっと良いデザイン、または新しいデザインを生み出すためにはそのルールを破ることも必要である。デザインって深いですね。


このアイコンは「小さいと思ってバカにすると痛い目にあうよ!」です。


 これはプレハブ校舎ならではのお願いですね。アイコンのデザインを通して、困ってても我慢してるんだな・・・とか、自分のできていないところを自分なりに気にしていて、どうにかしたいとおもっているんだなと気づいたことでした。
 また写真をアップしたいと思います。気づいたことがあったら教えてくださいね。

未来新聞発表会・普通科編

 10月26日、総合的な学習の時間で普通科8クラス一斉に未来新聞発表会を行いました。

 写真を見ての通り、未来に起こるであろう記事を想像して書くこの未来新聞。学校現場だけでなく、企業の人材開発や町おこしのミーティングにも活用されています。
 第二高校ではSSH事業における科学的探究能力の育成のため、この未来新聞の学習を行っています。
 この課題で大切なのは「当事者意識(自分事として考えること)」「見通しを立てて行動すること」です。

 美術科でも起きた現象ですが、なぜか発表会の間に未完成だった新聞が仕上がっている???今回の発表はワールドカフェ方式で行い、テーブルを囲む親密さから、多少の不具合はカバーされるという思わぬ利点がありました。テーマ研究発表会ではきっちり決めてほしいものですが、まず全員が楽しそうに発表していることに感動しました。








 最後は評価カードを交換します。



 これは演技です。

 
 次回からはテーマ研究が始まります。原則同じテーマを研究します。
 いよいよSSHっぽくなってきました。楽しんで科学しましょう。

1年学年集会

 きょうは始業式。1年生学年集会が行われました。
 学年主任深田先生、教務部、生徒指導部、進路指導部の先生方からから第二高校の「当たり前の基準」についてお話がありました。
 いつもより短い夏休みでしたが、充実した夏になりましたか?
 勉強、部活、趣味、家の手伝い、ボランティア等々、夏の頑張りが、実りの秋につながるはずです。
 2学期も体調に気を付けて、頑張りましょう。

 1年生の学年の目標は「挑戦」です。

GL×書道部コラボ

 皆さんは谷川俊太郎さんの「生きる」という詩を御存知ですか?2007年より谷川さんのファンを中心にウェブ上でそれぞれの「生きる」につながる詩を書きこみ、それらをつなげて一つの大きな詩をつくろうとする、という呼びかけがありました。その動きはテレビでも紹介され、書籍化もされました。

 そこからヒントを得て6月8日総合的な学習の時間(GL)で、「食べること」「走ること」「笑うこと」「眠ること」などのキーワードに今の気分を書き加え、みんなで共有する活動を行いました。
 熊本地震から授業が再開して一月近い時期でした。コップ一杯の水や横になって寝ること、当たり前と思っていたことがどんなに大切だったか、あまり深刻にならずに振り返り、語り合う機会が欲しいと思い、この授業を行いました。
 思い思いの言葉を紡ぎ、グループワークを経て、クラスで共有したい言葉を選びました。そして、その言葉を書道部が作品にしてくれました。一部ですが、ぜひ、ご覧ください。















1学年GL講演会「届けよう、服のチカラ」


 7月6日水曜日、1学年GL(総合的な学習の時間)では講演会を行いました。高校生にとっても身近な企業である「ユニクロ」から徐暎喜さんを講師としてお迎えしました。演題は「届けよう、服のチカラ」、ユニクロが行っている海外の難民に服を支援する社会貢献活動についてお話ししていただきました。
 なぜ、今の第二高校で「難民支援」のテーマなのでしょうか?
 先日の熊本地震で第二高校生たちは支援を受ける側になりました。また、同時に自分もボランティアとして支援する側になるという複合的な立場になった生徒もいたと思います。そんな第二高校生だからこそ、社会貢献や国際支援について、深く学び、自分たちに還元できると思ったのです。
 今回の講演で学んだ「知ること」、「自分に何ができるか考えること」、そして「実行すること」。この姿勢は全ての学びに通じるものです。ぜひ、2学期のテーマ研究や日々の学習につなげてもらいたいと思います。
 徐さん、遠いところから、第二高校まで貴重なお話ありがとうございました。また、徐さんには働く女性のモデルとして、生徒たちに強い印象を与えていただいたと思います。
 今後は家庭クラブを中心に活動を実践することとなります。詳細が決まりましたら、お知らせします。そのときはぜひ協力よろしくお願いします。

 
以下、生徒たちの感想の抜粋です。

******
今回の授業で、難民の方々の生活の苦しい状況と
それに対するユニクロさんの想いのこもった活動について
知ることができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。
(中略)
今まで私は、身近な人のためにしか行動できておらず、
世界のことなんて見えていなかったけれど、
授業の中で厳しい世界の一面を知りました。
そんな方々のために、
私たちができることは何かを考えて
生活していきたいと思います。
  
 

普通科・美術科 GL(総合的な学習の時間)

第二高校では総合的な学習の時間をGL(global learning)と呼んでいます。
総学の中心である探究活動では、課題発見、問題解決のためにたくさんのグループワークを行います。今回は、グループワークの下地作りで、クラスに安全安心の場を作るためのワークを行いました。
題して「クラスのことば」
たべることそれは「◯◯」ということ。
ねむることそれは「◯◯」ということ。
はしることそれは「◯◯」ということ。
はなすことそれは「◯◯」ということ。
「◯◯」を各個人の思いのままに表現し、クラスメイトと共有します。
目的は、他者の思いに共感し、受け入れることです。
各クラス担当の先生が工夫して、それぞれのクラスにあった進め方で行いました。
どのクラスも笑顔あふれる時間を共有できました。


普通科1組

普通科3組

普通科4組

普通科7組

美術科

お知らせ 米粉甲子園 アイデア採用・商品化

今年度の第3回米粉甲子園において、2年1組畑中さんのアイディアが採用され、ひまわりパン工房(熊本市中央区国府1丁目13-8)が商品化されました。今年度は、全体で8種類が商品化され、「ひごなび」のweb上で選抜総選挙が昨日から2月21日まで開催されています。ぜひ、投票と店頭での購入をよろしくお願いいたします。総選挙結果により表彰が行われます。

会議・研修 情報科目 タイピング小テスト報告5

 生徒の皆さん、期末考査お疲れ様でした。「情報科目」の試験はいかがでしたでしょうか?1年生の平均点が70点あたり、2年生の平均点が60点あたりとなりました。1年生は上位と下位の幅が狭く、正規分布の形を成していました。これに対して、2年生は上位と下位の幅が広く、ばらつきが目立つ点が気になります。2年生になると、好き嫌いがはっきりしてくるといったところでしょうか。
 卒業後、ICTに触れずに過ごすことはほぼ皆無です。分からないし、苦手だから誰かにやってもらうという態度に陥らないように、「なぜ、ICTを学ぶ必要があるのか」という問いに対する答えを、今のうちに自分なりに出しておく必要があります。もちろん、学問は「将来、その科目で学習したことがそのまま役に立つ(実際に使う)かどうか」だけで判断すべきものではありません。短期的に「大学入試科目を頑張る」のは仕方がないところもありますが、学問全体を俯瞰する態度こそ、高校時代に身に付けておくべき最重要事項ではないでしょうか。

情報科目のタイピング小テスト「今週の結果」(2015/12/4現在)


平均300点オーバーのクラスがなくなったのは考査の影響でしょうか。ところが、1年生のハイスコアが更新されました。漢字かな混じり文を5分間で790文字とは・・・もうお手上げです。

会議・研修 情報科目 タイピング小テスト報告4

 先週と比較すると、青数字が減ってきました。「見ながら」から「タッチ」へと移行して記録が下がった生徒たちが、早くも慣れてきたというところでしょうか。目立ったところでは、1-8と2-2がグンっと上げてきました。
 ちなみに、金曜日に授業があるクラスは、強歩会のため記録更新はありません。

情報科目のタイピング小テスト「今週の結果」(2015/11/19現在)

会議・研修 情報科目 タイピング小テスト報告3

 これまで、毎回のタイピング小テストにおいて、「タッチタイピングで打つ」のか「キーボードを見ながら打つ」のかは生徒の自由にさせていました。しかし、タッチタイピングで打っている生徒が回を重ねるごとに記録を伸ばしているのに対し、キーボードを見ながら打っている生徒には記録の頭打ち傾向が多くみられます。そこで、今週はほとんどのクラスに対して、「これまで見て打っていた者がタッチタイピングに変えれば、慣れていないため当然記録は一旦下がるだろうが、今後の伸びが大きく期待出来る。大きく前進するための一時的な後退は有りだ。チャレンジしてみないか」と話してみました。結果としては・・・

情報科目のタイピング小テスト「今週の結果」(2015/11/13現在)
 

このように記録が前回よりも下がったことを表す青数字が一気に増えました。さすが二高、即実践のチャレンジャーが多いですね。苦手意識を克服するためには「開き直ってやるしかない」のです。
今週の結果で特筆すべきは、1-3が1年生ながら「300超え+全体のトップ」を果たした点です。金曜日の3限目に1-3、4限目に2-3の授業があるのですが、2-3の生徒に言わせれば「今回は1-3に花をもたせてやった。次はそうはいかない」ということでした。デッドヒートは今後も続きそうですね。