学校感染症

学校感染症

学校感染症

 

保健室から発行されている書類様式

学校感染症出席停止基準表

分類 病名 出席停止の基準
第1種 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ熱、ラッサ熱、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(SARS)、急性灰白髄炎(ポリオ)、鳥インフルエンザ(H5N1) 治癒するまで
第2種 インフルエンザ 発症後5日、かつ、解熱後2日が経過するまで(発症日を0日とする)
百日咳 特有の咳が消失するまで、または、5日間の適正な抗菌剤による治療が終了するまで
麻しん(はしか) 解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺、顎下腺または舌下腺の腫脹が発言した後5日間を経過し、あかつ、全身状態が良好となるまで
風しん 発疹が消失するまで
水痘(みずぼうそう) すべての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱 主要症状が消失した後2日を経過するまで 
結核 症状により学校医その他の医師が感染の恐れがないと認めるまで
髄膜炎菌性髄膜炎 症状により学校医その他の医師が感染の恐れがないと認めるまで
第3種 コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎 症状により学校医その他の医師が感染の恐れがないと認めるまで
その他の感染症
溶連菌感染症 適正な抗菌剤治療開始後24時間を経て全身状態が良ければ登校可能
ウイルス性肝炎

A型・E型:肝機能正常化後登校可能

B型・C型:出席停止不要

手足口病

発熱や喉頭・口腔の水疱・潰瘍を伴う急性期は出席停止、治癒期は全身状態が改善すれば登校可

伝染性紅斑 発疹(リンゴ病)のみで全身状態が良ければ登校可能
ヘルパンギーナ 発熱や喉頭・口腔の水疱・潰瘍を伴う急性期は出席停止、治癒期は全身状態が改善すれば登校可
マイコプラズマ感染症 急性期は出席停止、全身状態が良ければ登校可能
感染性胃腸炎(流行性嘔吐下痢症) 下痢・嘔吐症状が軽快し、全身状態が改善されれば登校可能
アタマジラミ 出席可能(タオル、櫛、ブラシの共用は避ける)
伝染性軟属腫(水いぼ) 出席可能(多発発疹者はプールでのビート版の共用は避ける)
伝染性膿痂疹(とびひ) 出席可能(プール、入浴は避ける)