一高の四季2015

2015年

暖かな師走

 本日の熊本市の最高気温は18.4℃(気象庁のデータによる)。12月14日の平年の最高気温が12.9℃(同)ですので、平年より5.5℃も高く、暖かな師走です。8月末の台風15号の際には、強風でクスノキの枝がかなり落下しました。先日、枝の剪定が行われ、そのような心配はなくなりました。

紅葉だより(最終回)

 昨日からの雨で、散りモミジになってしまいました。右上はニシキギで、枝にコルク質の翼が見られます。モミジ・スズランノキと並んで、世界三大紅葉樹に数えられています。

紅葉だより(その5)


 「古城医学校址碑」
 明治3年(1870)に開校式を挙げた熊本県最初の西洋医学校。オランダ国軍医マンスフェルトを招いて、4年1月新たに生徒募集を行う。場所は古城(現熊本県立第一高等学校)に熊本洋学校と並んでいた。北里柴三郎、浜田玄達、緒方正規ら、後の日本医学界を背負う人々が排出した。(平成25年10月発行 「校内の史跡」より)

紅葉だより(その3)

 11月18日(水)、まとまった雨が降り、熊本市で51.5mm(熊本市地方気象台データ)の雨量を観測しました。正門横のケヤキもずいぶん落葉しました。

ツワブキ

 「艶のある葉のフキ」から、「ツワブキ」になったと考えられています。大きな葉と鮮やかな黄色の頭花が特徴的です。途上の道で。

キンモクセイ

 熊本市では午前7時の気温が9.7℃(昨日比-2℃)まで下がりました。中庭にあるキンモクセイやウスギモクセイなどの香りが教室の中まで漂ってきています。

爽やかな秋晴れ

 午前6時の気温が熊本市で17.0℃(昨日は20.8℃)まで下がり、少し肌寒く感じる朝でした。澄み切った青空高く、トンボが多数飛んでいました。

ツユクサ

9月に入り、朝夕の気温も昨年より2℃近く下がっているようで、過ごしやすくなりました。正門付近の石垣にひっそりと咲いています。

台風15号被害・清掃活動

 8月25日(火)未明から接近した台風15号による暴風雨のため、校内の樹木も倒れたり、枝が折れるなどの被害に見舞われました。26日(水)は朝から、サッカー部やバスケットボール部の生徒たちが片付けを手伝ってくれました。また、3限終了後には、通常の掃除を15分延長して全生徒で清掃に取り組んだり、午後には1・2年生の運動部の生徒を中心に文化部の生徒も加わって清掃活動を行った結果、散乱した枝や葉を片付けることができました。
途上の道校長室前
自転車置き場東門付近
白梅寮への坂道体育館
管理棟西側西側の石垣

オシロイバナ

 夏の夕方から咲き始め、朝方まで咲いています。熱帯アメリカ原産の帰化植物。1年9組教室前で。

梅雨の晴れ間

 梅雨に入って雨ばかり続いていましたが、本日(7月8日)やっと、晴れ間がのぞきました。夏の代表的な花、ハマユウが青空に映えています。ヒガンバナ科。1年9組教室前で。

オニユリ

 花弁の黒点が特徴的です。葉と茎の付け根に直径1センチ程度のむかごができ、これで栄養生殖します。オニユリは三倍体のため、花が咲いても結実しません。生物第一教室前で。

ネムノキ

 淡紅色の雄しべの先端が鮮やかです。葉は夜になると閉じる就眠運動を行います。


ナンテン

 赤い実がなる時期は目立ちますが、今、ひっそりと花が咲いています。安永蕗子先生歌碑の横で。

ネジバナ

 ネジバナは芝生等に生育する小型のラン。並んで咲いていますが、らせんの巻き方が逆になっています。事務室前で。