連絡先

〒861-4606
上益城郡甲佐町横田327
TEL:096-234-0041
FAX:096-234-4425
 
熊本県教育情報システム
登録機関

管理責任者 
  校長 山下 由美
運用担当者 
  教諭 葉玉 英世
 

カウンタ

80251

お知らせ

RKKテレビ「ガンバレガール!マケルナ・ボーイ!」に主演します。
放送は2月19日(月)~3月2日(金)
朝6時35分~6時40分頃(18時55分に再放送あり)
2/19(月)放送部
2/20(火)テニス部
2/21(水)ビジネス情報科1
2/22(木)ビジネス情報科2
2/23(金)音楽部
2/26(月)クライミング部
2/27(火)サッカー部
2/28(水)福祉教養コース
3/ 1(木)レオクラブ
3/ 2(金)バドミントン部
 

日誌

平成29年度 3学期
2018/02/07

NHKラジオ「旅ラジ」に出演 

| by:運用担当者

2月7日(水)12時30分から熊本県甲佐町農産物直売所甲佐町ろくじ館駐車場でNHKラジオ「旅ラジ」の公開生放送が行われました。番組では、特産品のニラを使った新商品の開発に、町を挙げて取り組んでいる様子が紹介されました。その中で本校生は、ビジネス情報科3年生が開発した「ニラみそあられ」を通して町の魅力を伝えました。

 ラジオを聞き逃された方へ
 以下のNHKのサイトで放送した番組をお聴きいただけます。
 平成30年2月14日(水)午後3時まで聞けます。是非ご視聴下さい。
  http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=3480_01

  
  


17:00
2018/02/05

甲佐町公営塾開校式

| by:運用担当者
11月からプレスタートしていた公営塾が「Fragrashmen-co あゆみ学舎」として正式に発足し、2月5日(月)、開校式を行いました。甲佐町長の奥名克美様をはじめ、甲佐町教育長、甲佐町教育委員会、本校職員が出席し、夢の実現に向けての第一歩を踏み出しました。町長や教育長からは甲佐高校への熱い思いを語っていただき、校長からは「この場を設けてくださったすべての方々に感謝しながら、それぞれの夢に向かって経験を重ねて成長していきましょう」との激励がありました。
また、本日3人目の講師として、坂本紫織先生の任命式も行われました。三人の先生方、甲佐高生をよろしくお願いします!
  
  

17:00
2018/01/24

NHKラジオ「旅ラジ」に出演します

| by:運用担当者
2月7日(水)12時30分から12時55分
NHKラジオ第1・FMで放送されている「旅ラジ」にビジネス情報科3年生が出演します。生徒が開発したニラみそあられについてインタビューを受けます。甲佐町農産物直売所「ろくじ館」からの生放送となります。是非、御視聴下さい。

案内チラシ 「旅ラジ!」A4チラシ.pdf 

事前に佐藤アナウンサーから取材をうけている様子

17:00
2018/01/24

校内課題研究発表会

| by:運用担当者
平成30年1月23日(火)、ビジネス情報科で、3年生が1年間の課題研究で取り組んだ成果をまとめ、後輩たちの前で発表する課題研究発表会を実施しました。高度資格取得班、商品開発班の2班が発表し、自らの経験を伝えました。後輩からは、「それぞれの目標に向かって頑張っている様子が分かった。」、「苦手なことにも頑張っていきたい。」などの感想がありました。この経験を今後の生活に活かして欲しいです。
  

08:30
2018/01/19

書き初め大会

| by:運用担当者
平成30年1月19日(金)放課後、本校の図書館にて書き初め大会を開催しました。多くの生徒や先生方が参加され、「2018年の決意!」を漢字1文字から4文字で思い思いに書きました。それぞれの目標が達成されるよう、今年も頑張っていきたいと決意した1日でした(^^)
  

17:00
2018/01/09

3学期 始業式

| by:運用担当者
平成30年1月9日(火)、今日から新学期がスタートしました。大掃除の後、生徒達は体育館に集まり始業式がありました。始業式では、山下校長より「”微力だけど、無力ではない”コツコツ努力を続ければやがて大きな力となることを、同じ高校生の活動を例に挙げ、3学期に向けて頑張って下さい。」と挨拶がありました。クラスでは、にぎやかな笑顔に溢れていました。

14:30

日誌

平成29年 2学期
12345
2017/12/20

人権教育講演会

| by:運用担当者
12月20日(水)甲佐町民センターの宮本いずみ様を招いて、人権教育講演会を実施しました。
本校の卒業生でもある宮本さんは、障がいを理由に小学校に行けなかった話や、解放研との出会い、周囲の働きかけで学校に通えるようになったこと、25年ぶりの同窓会での話など、これまでの半生を語って下さいました。特に「周りに頼ってばかりじゃいかん。いつまでも一緒におれるわけじゃないんだけん」という、親友の厳しい言葉の奥にある真意は、私たちのこれからにも重なるエピソードでした。最後は、人権バンド「ホライズン」のメンバーとしても活躍されている宮本さんが、自身の思いを綴った歌「同窓会のハガキ」を披露して下さいました.。
  
  

15:39
12345