芸術コース 音楽専攻

 音楽専攻ではまず、音楽の基礎・基本を学びます。ソルフェージュの授業ではコーリューブンゲン、コンコーネを使用し、正しい音程感、リズム感を身につけます。苦手な聴音も勉強しています。音楽理論では、音程、音階、調の判定等を学び、音楽を実践するうえで必要となる基礎を総合的に学びます。中学校までは習わないことが多く、音楽の奥の深さをここでも体験できます。

 それぞれの専門(たとえば歌を歌ったり、ピアノやクラリネットを演奏する・・・)の技術を高めるために、一人一人のレベルに応じた個人レッスンの授業もあります。また、それらの練習をする演習の時間もあります。学期ごとにその成果を発表し、専門の成果の向上に努めています。


 合唱や合奏、アンサンブルの授業では、パートを細かく分けてハーモニーを楽しんでいます。一般の授業では取り組めない古典の曲や、コンクールで扱う難易度の高い曲等を演奏し、友人と響きあう喜びを実感します。そして放課後の部活動へつなげていきます。


授業風景

専門の楽器を個人レッスン


練習の成果を見せる演奏会

平成音楽大学でのレッスン