校長挨拶

熊本県立鹿本農業高等学校ホームページを御覧いただきありがとうございます。

 平成31年(2019年)4月に校長として赴任いたしました、石川 正(いしかわ ただし)です。どうぞよろしくお願いします。
 本校は、大正三年に熊本県鹿本農業学校として創設され、幾多の変遷を経ながら、昭和三十三年に熊本県立鹿本農業高等学校として独立し、現在、施設園芸科、食品工業科、バイオ工学科、生活科学科の四学科を有し、農業教育をとおした人材育成に取り組んでいます。
 教育スローガンとして「挑戦!輝く未来に~元気と勇気と根気~」を掲げ教育活動を実践しています。これまで、本校では一貫して地域の農業や農業関連産業を支える地域創生を担う人材育成を行ってきましたが、高齢化、人口減少が進む熊本県において、県内に定住し、地域社会を担う若者の育成が重要な課題となっており、本校の役割は更に大きくなっています。人が生きていく上で大切な「食」、「命」、「資源」などの最も基本的なことを学んでいます。
 また、本校では生きる力の3要素とされる「確かな学力」「豊かな人間性」「健康と体力」をバランス良く高め、自立した一人の人間として力強く生きていくための総合的な力を育みたいと考え、取り組んでいきます。人間力を高める中で自分の可能性や魅力を知り、それらを生かすべく高い目標を持って努力していく生徒たちを我々教師はドリームサポーターとして精一杯支援していきます。
 さらに、私は本校の生徒と教職員が、すべての命の大切さを自覚し、他者へも自分自身へも思いやりとやさしさを持って学校生活を送ることができるよう、全力を尽くしてまいります。
 これからも、すべての生徒の自己実現をめざし、地域と共に歩む高校として成長し続けるよう努めてまいります。保護者の皆様、地域の皆様をはじめ関係の皆様には今後も本校の教育活動により一層のご理解とご支援を賜りますようよろしくお願いします。

 平成31年4月

  熊本県立鹿本農業高等学校 校長 石川 正

 

 
  

<教育スローガン>
「勤労」「愛育」「創造」
 "菊鹿の風に抱かれて106年 今 歩みだす無限の可能性(鹿農生)"

 「挑戦!輝く未来に~元気と勇気と根気~」
    ~新たな価値を創造するために!一步前に~


 1 キャリア教育に基づく教育活動の実践
 2 豊かな人権感覚に基づく教育活動の実践
 3 授業改革に基づく教育活動の実践
 4 業務改善に基づく働き方改革の実践