一高の四季2015

2015年

梅だより


 午前6時頃の第一高校のウメ。街路灯に照らされて、何とか撮影できます。

シジュウカラ

 少しずつ春への歩みを進める中、メジロ、シジュウカラ、ヤマガラなどいろいろな小鳥たちが訪れてくれます。
シジュウカラ

春は名のみ(立春)

立春を迎えても、寒さが続いています。しかし、ウメの花も次第に開花し、確実に春に近づいています。
左はスイセン、右は沈丁花のつぼみ。

メジロ、イカル

メジロイカル
 ウメの開花にあわせて、メジロがやってくるようになりました。右はイカル。ハトとスズメの中間くらいの大きさで、黄色のくちばしが特徴です。

紅梅の開花


 紅梅と古木のウメが本日、開花しました。これから、次々に開花しそうです。生物準備室前で。

大寒

 
 今日は、二十四節気の一つ、「大寒」。一年で最も寒さの厳しい時季です。暖かな陽射しに包まれて、本校のウメのつぼみも膨らんでいます。

梅一輪開花

 
 生物準備室前で、すでに一輪開花していました。1月10日(土)、西村佳先生が発見。毎年、一番早く咲く梅の木はだいたい決まっていますが、その木とは別の木です。同じ枝の蕾はまだ固く、この一輪だけ、特別に早く開花したようです。

寒の入り

白梅紅梅
 二十四節気の「小寒」を過ぎ、これから寒さが本格的になってきます。その寒さにも耐え、校内のウメのつぼみも少しずつ膨らんでいます。白梅より紅梅の開花が早いかもしれません。昨年は1月28日に開花しました。いずれも生物準備室前で。