平成31年4月1日
 
学校の教育目標

「くまもとの教職員像」、「県立中学校・高等学校における教育指導の重点」、「人権教育取組の方向」、「特別支援教育取組の方向」、「県体育保健課取組の方向」及び本校の「白梅の精神」等に則り、「健全な心身の育成」、「学力の充実」、「地域との連携」を柱に、生徒一人一人の個性を伸ばしながら、心身ともに健全で叡智に富み、凜とした気品のある心豊かな人材の育成を目指す。

1 教育方針  「凜とした気品のある心豊かな一高生の育成」

2 育成指針  「凜として凜々しく文武一道を目指す」

3 指導の柱
  ① 健全な心身の育成  ② 学習力の充実  ③ 主体性の涵養


4 白梅の精神(本校の教育精神)

   春に先がけ、凜冽たる空気の中で、凜乎として気品高い香りを放つ白梅の精神、それは叡智、
   真理の探究、自律、高潔、品格を意味する。          

5 本校教職員の努力目標

   (1)教職員としての基本的資質及び専門性の向上 ~認め・ほめ・励まし・伸ばす~
      <基本的資質>
        ① 教育的愛情と人権感覚  ② 使命感と向上心  ③ 組織の一員としての自覚
      <専門性>
        ① 生徒理解と豊かな心の育成  ② 学習の実践的指導力  ③ 保護者・地域住民との連携
   
   (2)互いの連携と協力のもと、創意工夫を生かした教育の実践

6 平成31年度の具体的目標

   (1)目的と目標の明確化による共通理解に基づいた協働体制の強化
     教育方針を根底に据え、各業務や教育活動における目的と目標とを明確にし、
     情報を共有して目標達成を図る
   
   (2)進路指導体制の充実による指導力の向上と自己実現の達成
     主体的な学習態度と進路決定能力を育てる進路指導体制を充実させ、
     指導力の向上を図り生徒一人一人の自己実現を達成する
   
   (3)平日及び土曜日授業の充実と平日放課後の有効活用
     学習力向上に向けた授業内容の工夫・改善とモジュール学習の充実を図り、
     生徒の汎用的能力の育成と主体的かつ能動的な実践力の向上を図る
  
   (4)幅広い経験に基づいた自己変革力の育成を図る指導
     授業・特別活動・委員会活動・自主的課外活動・部活動など、多様な経験に挑戦できる
     機会を提供し、生徒の自己変革力の育成を図れるよう、計画的かつ適切な指導、助言を行う
 
   (5)道徳教育と人権教育の推進
     自由と責任の重さを自分で考えて主体的に行動する生徒の育成に努め、
     いじめを絶対に許さないという姿勢の徹底と人権感覚の高揚を図る
 
7 未来を拓く5つの取組
   (1)土曜日授業の実施
     年18回の実施。それにより平日が6限授業(水曜を除く)になり、
     放課後の本校独自の様々な活動が実施可能になった。平成25年度からの県指定事業
  
   (2)キャリアガイダンス
    <全体講演会>
     全校生徒、職員、保護者を対象に著名な講師を招いて開催(年1回開催)
     <出張講義>
     あらゆる分野の外部講師を招き、希望者を対象に平日の放課後開催(年15回程度)
  
   (3)自主黙学・Dタイム
     平日放課後の図書館を16:00~19:50まで開放。学習や読書、調査等に活用できる。
     本校が全国に先駆けて導入した「ダルトンプラン」という自学自習の理念に基づいて実施
  
   (4)モジュール学習
     平日放課後の水曜を除く4日間、1、2年生全員で実施。6限終了後の20分間、
     課題問題に取り組む。論理的思考力と表現力等の汎用的能力の育成を目指した取組
   
   (5)GCP(Global Career Promotion)委員会
     生徒の主体的な活動の機会を提供するために、学校内外での様々な活動を
     企画・紹介するプログラム。英語を使用した言語活動や郊外での体験活動をとおして、
     これからのグローバル社会を生き抜く人材育成を目指した取組