一高の四季2015

2015年

梅雨入り

 昨年と同じ、6月2日に梅雨入りしました。県総体も終了し、新チームでの練習が始まりました。

ガクアジサイ

 ガクアジサイは中心部に両性花と周辺に装飾花があります。装飾花はおしべとめしべが退化しており、花弁のように見えるのはがくです。セイヨウアジサイはガクアジサイが改良されたもので、ほとんどが装飾花です。

ネジバナ

 日当たりの良い芝地などに生える小型のラン。5ミリくらいの花がらせん状に咲くので、この名がつけられています。生物準備室前で。

オオシオカラトンボ

 オオシオカラトンボのメスと思われる個体。羽化直後でじっとしていたので接近して撮影することができました。複眼のほかに、3個の単眼が確認できます。生物準備室前で。

シジュウカラ

梅の小枝に留まって、梅の実をついばんだり、毛虫を食べたりしていました。生物準備室前で。

センダン

 「一高の四季」初登場。淡紫色の花が集まって咲いています。テニスコート横で。

ムラサキツユクサ

 生物第一教室の前にムラサキツユクサがたくさん咲いています。原形質流動など生物の実験でよく使われる植物です。雄しべのまわりには細胞が一列に並んでいる雄しべの毛と呼ばれるものがあります。

新緑その3

 管理棟屋上から見た熊本城天守閣。グラウンドの楠の木越しに見えます。グラウンド奥の建物はクラブハウス。

新緑その3

 管理棟屋上から見た正門付近の新緑。ケヤキが日に日に葉を広げています。左下は「途上の道」の安永蕗子先生歌碑。