陸上競技部

紹介文

2019年度は男子12名、女子4名、計16名で活動しています。両校舎グラウンドで活動しており、阿蘇校舎グラウンドには棒高跳用ピットがあります。初心者からインターハイを目指すアスリートまで、幅広い部員たちが活動を共にし、成長しています。


自然体

2019-2020コンセプト

自然体でレースを楽しむ心、自然体で走る・投げる・跳ぶことができるしなやかな動き、自然体で人から愛される人間


ビジョン

私たちは陸上競技を通し、自分自身・チームとして成長し、互いに協力・応援し合います。

陸上競技部_2020_スケジュール
ブログ

陸上日記

令和元年度城北新人駅伝(陸上競技部)

令和元年度第30回城北地区高等学校新人駅伝競走大会が山鹿カルチャー付近の周回コースで開催され、阿蘇中央高校からも完走を目指して男女1チームが出場しました。大会には男子17校(25チーム)、女子12校(13チーム)が出場しました。今大会、本校は男子バスケットボール部の1年生と女子バレーボール部の皆さんにも協力いただき、約2週間の合同練習を実施して挑みました。結果は男子15位、女子は最終区手前でタスキがつながらず、最下位でしたが、参加校が年々減っていく中、参加できたことに大きな意義があります。応援していただいた保護者、学校関係者の皆様、ありがとうございました。

R1県選抜合宿(陸上競技部)

R2年1月11~13日に県選抜合宿が天草地区で開催され本校からは棒高跳/やり投/走幅跳に8名の部員が参加しました。合宿では県内のトップ選手と宿舎を共にして自身の日常生活を見直したり、各種目に精通する指導者から専門指導を受けるなど、競技力の向上を目指しました。R2高校総体まで約4ヶ月。自己記録の向上を目指す選手、入賞と南九州総体出場を目指す選手、そして全国インターハイを目指す選手がいます。チームで支え合いながら、それぞれの目標に向かって限界に挑戦します。

初詣/初走り(陸上競技部)

年末年始は気温が低く、寒い日が続きました。グランドが凍る中、初詣(阿蘇神社)と初走りを行ないました。阿蘇神社では手水や参拝の方法も学びました。今年一年、それぞれの目標を叶えるよう、頑張ります。

日本陸連U-19九州合宿に参加(陸上競技部)

R1.12.25-12/28 鹿児島県のジャパンアスリートトレーニングセンター大隅で行われた日本陸連のU-19九州合宿に参加しました。(本校からは棒高跳の丸山くんが参加)

棒高跳(男子)は15名が集まり、3泊4日の合宿を通して自身を見つめ直し、インターハイやオリンピックを目指す仲間たちと有意義な時間を過ごしました。

参加した丸山くんも「4mも2ー3回跳べたし、他県の選手と仲良くなれて、とても刺激になりました。」と感想を述べてくれました。

考査終了、練習再開(陸上競技部)

期末考査が終わり、練習を再開しました。火山灰と雨で濡れたイチョウを掃除して開始。年末には九州合宿(鹿児島:ジャパンアスリートセンター大隅)と走り納め、年始は阿蘇神社への初詣と初走り。1月中旬には熊本県選抜の天草合宿に参加します。部員全員で生活習慣の振り返りや技術力の向上を目指します。

平成24年度戦績

熊本県高校総体 男子円盤投 第6位(南九州大会出場)

阿蘇・菊鹿地区高等学校体育大会 陸上競技 女子総合優勝男子3位