日誌

北高の日々

演劇部 熊本県大会 優秀賞・KKT賞 受賞!

 演劇部は、熊本市地区大会を突破し、地区代表の一校として令和元年11月16日(土)、17日(日)にかけて行われた第68回熊本県高等学校演劇大会に出場しました。上演した「たくらんけ」は、審査員の先生方に高い評価をいただき、優秀賞とKKT賞を受賞しました。出演する部員も裏方の部員も、より良い舞台にしようと一生懸命取り組みました。最優秀賞と九州大会出場には届きませんでしたが、次の目標として来年度の大会に臨む1年生に託したいと思います。演劇部を応援してくださった皆様、ありがとうございました。

本校育友会が実践発表を行いました。

 11月16日(土)に熊本県公立高等学校PTA連合会中央地区指導者研究大会が開催され、本校育友会が実践発表を行いました。育友会役員を代表して石本会長から、北陵祭や鍛錬遠足をはじめとした育友会による学校支援活動の報告がありました。「親は子どもの進路意識の確立を支援する」「学校ができない学びの場をPTAが作る」「PTAはドリームサポーターを目指す」など、本校育友会が目指す姿なども紹介していただきました。

会長をはじめ役員の皆様には、事前の準備から大変お世話になりました。

保護者の皆様、ドリームサポーターの一員として今後の育友会活動への御理解と御協力をよろしくお願いします。

 

物理部 来年度の全国総文祭に出場決定!

 10月20日(日)の生徒理科研究発表会(サイエンスコンテスト2019)で本校物理部の最優秀賞受賞により、来年度の8月、高知県で行われる全国総文祭の出場が決定しました。これからも、「光マイクの研究」をより深めていきたいです。

 

科学展で「理科おもしろ実験講座」開催

 11月10日(日)に、科学展展示会場である熊本市環境総合センターで「理科おもしろ実験講座」が開催され、物理部員6名で「バランスとんぼ」と「くるくるシャボン玉」の工作を子どもたちと一緒に取り組みました。子どもたちはとても楽しそうでした。 

 また、物理部は科学展にも「光マイクの研究」を出展。“優賞”を受賞することができました。11月13日(水)に県庁で表彰式に参加しました。

 

クッキング部活動報告『肉まん』

11月8日(金)に『肉まん』を作りました。

もちろん、生地もそして中身も手作りです。にっこり

完成しました。キラキラ

かなり大きく膨らみ、中もジューシーな肉まん完成です。

これができたら、『ピザまん』や『あんまん』そして『オリジナルまん』もできそうです。了解

   

職員研修を行いました。

 11月14日(木)に第3回職員研修を実施しました。

 最初に生徒指導について、いじめの定義と重大事案の事例を確認し、職員が重大事案に出くわした時にどのような対応をすべきか確認を行いました。その後、「子供の力を引き出す言葉かけ」と「子供の自己肯定感を高める言葉かけ」について、具体的な言葉かけにふれながら研修を行いました。

 続いて、県立教育センターから講師を招き、特別支援教育の視点に立った授業のUD化についての研修を行いました。他校で行われた授業実践の動画を見て、教室の学習環境の整え方や授業での生徒への言葉かけについて考え、「北高版授業のUD化おすすめBest3」を協議しました。

 休憩をはさみ、高大接続委員会による研修を行いました。北高グランドデザインに基づき、目指す生徒像の育成度を測るマクロルーブリックが委員会から示され、それに基づいた教科のルーブリック作成を行いました。また、進路指導部からは、本校における進路指導の到達度を評価するルーブリックが示され、今後活用する試みが提案されました。

 最後に、SSHの各研究グループに分かれ、活動のKPT(Keep, Problem, Try)の視点で、振り返りと今後の見通しについて協議しました。

 午後半日を費した研修でしたが、職員間の意見交換も活発に行われ、明日からの教育活動に活かしていこうと、職員みんなで気持ちを高め合うことができました。

  

 

 

 

  

 

 

『第16回熊本県公立高等学校理数科研究発表会』の開催

 11月11日(月)東海大学熊本キャンパス2号館にて『第16回熊本県公立高等学校理数科研究発表会』が開催されました。

 本大会は、県内公立学校の理数科と理数コースを持つ5校(熊本北高校、第二高校、熊本西高、大津高校および東稜高校)から約400名の生徒が集い、各学校代表5グループによる課題研究の成果を発表する大会で、最優秀賞を獲得すると来年8月に大分で開催される『中国・四国・中国地区理数科研究発表会』のステージ部門の代表権を得られる大会でした。各校代表は、各々の研究テーマについて創意工夫を凝らした発表をしてくれました。

 本校生徒の感想の中には、「すべての学校発表を聞き、実験方法等に工夫が感じられ、図や表にまとめることで内容もわかりやすい発表でした」などと今後の課題研究に活かせるポイントを感じたなど「学び」も多かったようです。また、1年生からは「初めて研究発表を聞いて刺激的なよい体験ができた。」「来年は、結果に将来性があるものを研究テーマに選びたい。」「先輩の研究発表を聞き、自分たちに来年できるのか不安だが一生懸命頑張りたい。」などと来年への意欲が感じられる感想も多くあげられました。本校は『生分解性プラスチックと環境問題』というテーマで発表し、奨励賞でした。

 

熊本北高校野球部小学生野球交流会

11月9日(土)に、本校野球部と小学生の野球交流会を行いました。

「桜木少年野球クラブ」・「月出ファイターズ」・「託麻北小野球クラブ」・「健軍クラブ」の4つのチームに参加していただき、試合や野球教室を行い、大変盛り上がりました。

 また、「ストラックアウト」や「ホームラン体験」といった「野球ふれあいコーナー」を併設し、小学生や小さな子どもも楽しめるようにしました。子どもたちの歓声が沸き起こるなど、どのコーナーも大盛況でした。

この交流会は、近年野球人口が減少している中で、野球の楽しさを伝え、野球人口を少しでも増やすことを目的として行いました。また本校の野球部員においても、試合の運営や野球教室を自ら行うことで、普段の野球活動が多くの方々によって支えられていることを知る機会にもなりました。

 終日の活動となりましたが、楽しい時間を過ごすことができました。参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

 

ダンス部が「水の国高校生フォーラム」のオープニングステージに登場しました。

 11月9日(土)に熊本県庁で第5回水の国高校生フォーラムが開催され、本校ダンス部がオープニングステージに華を添えました。当日は、県内24校から約300人の高校生の参加があり、本校ダンス部30人の生徒たちは、3つのグループに分かれてダンスパフォーマンスを披露しました。その後、水に関する3つの高校の実践発表や水のクイズ王決定戦等のイベントが行われ、ダンス部の生徒たちも最後まで参加し、会場を盛り上げていました。

 この様子は、12月21日(土)午前10時35分からTKUテレビ熊本で放送予定です。

 

 

熊本北高等学校『学校寄席』

11月7日(木)に本年度の芸術鑑賞として『学校寄席』を本校体育館で行いました。

熊本北高校生のために、寄席入門から、上方落語・江戸落語と落語の面白さを伝えていただきました。生徒は紙きりの技に感動し、落語でおおいに笑うという楽しい時間を過ごせました。

1 寄席入門   下座解説 三遊亭ふう丈 (熊本県出身)

2 落  語   春風亭昇也

3 上方落語   笑福亭岐代松

4 色  物   林家正楽(紙切り)

5 落  語   桂小文治

 

 

 

北高の日々

新入生宿泊研修

写真:6枚 更新:2018/12/28 学校サイト管理者

4月19日(木)から1泊2日、阿蘇市で新入生宿泊研修を実施しました。第1日は入所式後、午後から4つの研修(校長講話、情報モラル教育、交通安全教育、グループエンカウンター)、夕食後に2つの研修(保健講話、数学の学習法)、第2日は、3つの研修(学年主任講話、国語・英語の学習法)が行われました。この研修を通して、これからの北高生活に必要とされることを身につけることができ、同時に生徒相互の親睦を深めることができました。

北高の日々

自転車運転実技講習

写真:9枚 更新:2018/12/28 学校サイト管理者

4月16日(月)の午後2時から4時まで熊本自動車教習所において、新入生を対象に自転車運転実技講習会が開催されました。北高は約9割の生徒が自転車通学をすることから、入学後早い時期に自転車の安全な運転の仕方、交通ルールについて実践的に学ぶことで、事故から身を守る意識、判断力を身につけるとともに、交通マナーの向上を図る目的で行なっています。新入生は二班に分かれて、教習所職員の指導のもと交通法規の講習と教習コースを利用した実技研修を受けました。

北高の日々

入学式

写真:8枚 更新:2018/12/28 学校サイト管理者

4月8日、多くの来賓の方々のご臨席を賜り、入学式が挙行されました。北高には今年369名の新入生が入学しました。真新しい制服に身を包み、それぞれの夢と希望の実現に向け、今日から3年間北高での学校生活が始まりました。

対面式・生徒会入会式

写真:7枚 更新:2018/12/28 学校サイト管理者

昨日入学式を終えた新入生が、吹奏楽部の演奏で普通科1組から7組、理数科・英語科の順に入場し、初めて2・3年生と対面しました。また、生徒会入会式では、生徒会執行部の自己紹介と、各委員会から活動内容の説明がありました。

北高の日々

修了式が行われました。

 3月22日に修了式が行われました。校長講話では、言語能力、特に英語などの語学力の大切さと次の学年へ向けて意識を高めることが必要とお話しされました。

 各部からの連絡の後に、今年度卒業の卒業生3名による合格体験談として、授業や課外授業、課題など与えられたことにしっかりと取り組むことの大切さなど、たくさんのアドバイスを頂きました。

英語科1年 シンガポールマレーシア修学旅行 2日目

 修学旅行2日目は、シンガポールからマレーシアに入国しました。陸路での出入国は、日本では体験できないことで、良い経験になりました。
 ジョホーバル州の議会棟などを見学し、再度シンガポールに戻りました。シンガポールとマレーシア見ることで、近い隣国でも大きな違いがあることが分かり、大変勉強になりました。

 

SSHシンガポールマレーシア研修4日目 最終日

4日目は、午前中マレーシアからシンガポールに再入国しました。マリーナバレッジを見学しました。午後からは、早稲田大学バイオサイエンス研究所で海外で活躍されている先生の講話を受講した後、シンガポールサイエンスセンターで様々な科学的装置を体験しました。
最終日の午前1時過ぎにチャンギ国際空港を出発し、午前8時過ぎに全員元気に帰国しました。
期間中は、天候にも恵まれ、大変有意義な研修を受けることができました。
多くの方にご尽力いただき、深く感謝します。
参加者一同
 

SSHシンガポールマレーシア研修3日目

 今日は朝からマレーシアに入国し、ククップ国立公園のマングローブ密林で植物や動物を観察しました。午後から微生物を活用して環境問題に取り組む機関で説明と実習を行い、微生物を利用している商業施設を見学しました。


  
 

SSHシンガポールマレーシア研修2日目

今日は、終日SSTでの研修でした。
学校の説明や案内で、素晴らしい設備とレベルの高い教育内容に驚いていました。
また、生徒との交流を深めて、課題研究などの取組に頑張ろうと意欲を高めることができた有意義な時間でした。