定時制総合学科blog

【定時制】全国生活体験発表 ラジオ放送


 平成30年12月25日(火)NHKラジオ第2放送で、19:30から「伝えたい!わたしの高校生活~定・通高校生の青春メッセージ」のラジオ放送がありました。
 これは、先日11月24日(土)に六本木ヒルズハリウッドプラザで行われた「平成30年度第66回全国高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会」の全体会を収録したものです。
 「読売新聞社賞」を受賞した本校の作馬君は4番目に登場しました


    
 
   

  全国大会から一ヶ月経ちましたが、全国大会が昨日のように感じられます。作馬君の発表を聴いた人から、様々な感動の声が寄せられています。
 作馬君は曰く「他の人の表現力に驚き、圧倒されました。『自分の発表が審査員や観客には、あんなふうに聞こえていたのだな』と思いました。練習を始めた当初、いかに自分の読み方が棒読みだったかを改めて知ることができました。」と語っています。
 作馬君は、全国大会に出場したことで、新たな扉が開き、今まで知らなかった世界を知ることができたように思います。
 今後、今回の経験を糧に、いろんなことに挑戦していってくれるでしょう。

【定時制】食育講座

 

  平成30年12月18日()今年も恒例の「食育講座」を本校家庭科室で実施しました。
 保健部では、全校生徒を対象に食物アレルギーや嗜好に関する調査をしていますが、かなりの
 生徒に好き嫌いがあることが分かっています。

  今回は「自宅でクリスマスパーティー」というテーマで、主食を「クリームシチュー」、生徒
 が好きな「唐揚げ」を主菜にし、「マカロニサラダ」を副菜に、「カップケーキ・ゼリー」をデ
 ザートに献立を立てました。
  生徒職員それぞれ班に分かれて、調理を開始し、ぎこちなかった生徒たちの包丁やフライパンを
 握る手も、やっていくうちにスムーズになっていきます。

   
 
    

 さあ、待ちに待った会食の時間です。みんな「おいしい」とおかわりをするほどの大好評。
 瞬く間にみんなの皿は空になっていきます。自分で作ったものは、やはり「おいしい」ですね。

  


 最後に、緒方教頭先生の「ミニ食育講話」で会を閉めました。

  

 本日のメニューです。おいしそうですね。

  

 

  スナック菓子や嗜好品は、一時の空腹は満たせても、体を作る栄養にはなりません。
 人間の骨格や血肉は即席ではなく、十分な時間をかけてつくりあげていくものでしょう。
 「食育講座」を通して、生徒たちが、食物に関心を持ち、自分の健康は自分で守れるように、
 今後の食事作りの参考にしてほしいと思います。

 

 

 

【定時制】人権教育


   平成30年12月13日
()の4限目、本校視聴覚室において「平成30年度第2回全学年次人権教育 LHR」が行われました。
  世の中にある「人権問題」を考えると共に、今回は「ハンセン病問題」を題材に差別や偏見について考えるというものです。視聴覚教材として、平沢保治さん(多磨全生園入所者自治会会長)の実体験を
基にしたアニメ「未来への虹」を観賞しました。
  生徒たちもハンセン病の元患者の方々がこれまで「無らい県運動」や「らい予防法」の強制隔離政策などによって、厳しい差別や偏見を受けてきた歴史を目の当たりにし、食い入るように熱心に鑑賞していました。

       
        

      以下は生徒の感想です。


  ・今回、過去にハンセン病という病気があったことや、それによって差別や偏見があったことを詳しく知ることができました。ハンセン病に対する差別や偏見もですが、他の差別や偏見もなくなってほしいと思います。今日、学んだことを忘れず、しっかり覚えておきたいと思います。(1年男子)

     
  ・人の中にある差別は、間違った知識による誤解から生まれてきて、長い歴史の中で永遠に続いてきたのだと思う。 一人ひとりが「差別は悪いことだと認識すること」が大切である。一人の声は小さいが、これも集まれば大きくなるだろう。私も少しでもそんな力になれるように努力していきたい。(1年女子)

   
  ・自分が想像していたより、ひどい差別があったことに驚いている。畑仕事やかご作り、また他の患者の方の看護までさせていた事実は知らなかった。
 「プロミン」という治療薬ができたのに、隔離させられていたのは、とてもひどいと思った。
 今回、ハンセン病について詳しく知ることができ、大変勉強になった。(2年女子)

 
・誤った知識によって差別や偏見が生まれ、患者さんの一生は、取り返しのつかない苦しいものになった。裁判でハンセン病の患者さんたちは勝訴したものの、差別や偏見がなくなっているわけではないと思う。私たち一人ひとりが、このことに関して、もっと意識しなければならないと思う。(2年女子)

 平沢さんの実体験を基にしたアニメ「未来への虹」は身につまされる内容でした。
ハンセン病の元患者さんの高齢化が進む中、若い世代の生徒達が次の世代にハンセン病の歴史を語り継いでいってほしいと思います。


【定時制】全国生活体験発表大会


全国高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会で読売新聞社賞を受賞  
    平成30年11月24日(土)に、六本木ヒルズ ハリウッドプラザにおいて「平成30年度
   第66回全国高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会」が行われました。
   本校の4年次生の作馬健太君が「読売新聞社賞」を受賞しました。
    同大会は、全国の定時制・通信制高等学校に学ぶ生徒が、学校生活を通して、感じ、学んだ
      貴重な体験を発表し、多くの人々に感動と励ましを与えることを目的として、開催されています。


   
       午前中は、58名の出場者が5つの会場に分かれ、発表会が行われます。そこから3名が
   午後からの全体発表会に進むことができます。
   作馬君は第5会場で、3番目の発表でした。
   
       
予選会で発表する作馬君
 
      第5会場の発表はどれも甲乙つけがたく、さすが、全国大会という発表ばかりでした。
   作馬君は、この激戦の中で、見事3名の枠に入り、全体発表会に進むことができました。

        
   全体発表会は各会場を勝ち上がった15名が発表します。
   作馬君の発表は8番目で、落ち着いて、練習の成果を十二分に発揮することができました。
      審査の結果、「読売新聞社賞」を受賞することができました。
   全国大会に出場した各都道府県・通信制ブロック代表の発表は、どれも素晴らしいもの
  ばかりでしたが、大舞台で発表できたこと、そして他の発表者の発表を直に聞くことができた
  ことは、作馬君にとって本当に得難い体験だったと思います。
   作馬君、本当におめでとうございました。

   

              記念集合写真です。    

【定時制】文化祭ステージ発表


 平成30年10月27日()、さわやかな秋晴れの中「平成30年度八代工業高校定時制文化祭」が開催されました。
  午後からのステージ発表は、多目的室で行われました。
 始めに1年の菅沼君がトランプを使ったマジックショーを披露しました。指先から繰り出される華麗なマジックには、みんなは驚きの連続でした。

     

 
 次は、2年の近藤君、4年の石橋さん、江上先生、中川先生、豊野先生によるコブクロの歌「蕾」です。
 情感あふれる歌声とギター、フルートの競演には、思わず熱いものが込み上げ、会場の多目的室はライブ会場さながら、演奏者と観客が一体となり、感動の渦に包まれました。
 

      
 
   最後は「イントロ当てクイズ」です。先生方を配慮して1980年代の歌謡曲から現代の
J-POPまで、幅広い楽曲構成で大いに盛り上がり、みんな、笑顔の中で会を閉めることができました。