宇土中の特集ページ
宇土中ボード(日誌・お知らせ・最新情報等)
ご案内

宇土中新聞 

   ・2019年度第1号宇土中新聞(体育祭、ビッグニュース 他)  ① 20190515 アップ(pdf,1.9MB) 

   ・2019年度第2号宇土中新聞(野外体験、中体連情報 他)  ② 20190619 アップ(pdf,2.1MB)  

   ・2019年度第3号宇土中新聞(中体連、わくわく島体験 他)  ③ 20190619 アップ(pdf,2.4MB)  

       ・2019年度第4号宇土中新聞(無人島サバイバル体験、海外研修 他)  ④20190830 アップ(pdf,2.6MB)  

      ・2019年度第5号宇土中新聞(インターン、ALT紹介 他)  ⑤20190919 アップ(pdf,2.2MB)

   ・2019年度第6号宇土中新聞(文化祭、英語スピーチ 他) ⑥20191028 アップ(pdf,2.4MB) 

   ・2019年度第7号宇土中新聞(修学旅行、農村体験 他) ⑦20191127アップ.pdf(pdf,3.2MB)  

地域との連携授業

教科横断型・産学官連携型の探究型授業「2019夢の架け橋プロジェクト」

「夢の架け橋プロジェクト」とは、地震を経験した中学生が、美術の授業の時間に、”橋”や”地域デザイン”について考え、各クラス7班に分かれてケント紙で1/100スケールの橋(長さ30cm)のオリジナルの橋を完成させるというものです(2019年度全15時間)。
最終回(13~15校時)のペーパーブリッジコンテストでは、橋に込めた思いをプレゼンし、その後、実際にどこまでおもりに耐えられるかを14班一斉に競います。このプロジェクトは、デザインや強度だけではなく、熊本の地震からの復興、インフラの重要性学び、さらには大人としての”生き方”を学びます。

  熊本地震の年にスタートした夢の架け橋プロジェクトですが、大人と大人がつながり、子どもと大人がつながり、地域と専門家が繋がるようになりました。皆様のおかげを持ちまして、地域と共創する授業を通して子供たちの成長を大きく感じられる授業へと深化しています。一般社団法人ツタワルドボク様をはじめ、熊本大学・九州大学など多くの方々に重ねて御礼申し上げます。

2019年度 全15回

1、2校時.pdf  3、4校時.pdf  5,6校時.pdf  7,8校時.pdf  9~12校時.pdf

これまでの取組はこちらから。