牛深高校生徒会【2019.4.23更新】

第3期生徒会執行部 始動!【H30.7.23 写真掲載】


平成31年度(2019年度)生徒会テーマ「一念通天」
 

 今年の生徒会テーマは、一念通天(いちねんつうてん)。「一念通天」は、ひとつの物事に一心になって取り組んでいけば、必ずその努力は天へと届いて目標や夢に到達することができるという意味です。体育大会や文化祭などの学校行事でみんなの心をひとつにして取り組んだら、必ず成功できると思います。また行事だけでなく、自分たちの目標や夢を実現させていきたいです。【2019.4.23】

生徒会執行部が紹介!

☆牛高のニュース☆

コンタクト空ケース回収にご協力をお願いします

 保健委員会では、今年度も使い捨てレンズ空ケースリサイクル運動「アイシティecoプロジェクト」に賛同し、使い捨てレンズ空ケースの回収を行います。リサイクルにより再資源化した対価は日本アイバンク協会に寄付され、視力を再び取り戻したいと願う方たちのために役立てられます。

 各クラスの回収BOXに入れてください。各家庭でもご協力をお願いします。

今年度最初の全校朝礼〈投稿者:放送・ネットワーク委員長〉

 5月28日(火)、今年度最初の全校朝礼が行われました。今月は、生物の大塚先生に講話をしていただきました。大塚先生は、「人間が持っているすばらしい能力」についてお話されました。


 『はじめに2つのエピソードについて話されました。1つ目は、世界的に有名なHONDAの創業者・本田宗一郎氏の開発の原点にあるのは、「家族を助けたい」という思いがあったから。そして2つ目は、「自分で花屋で買った花束と他人にもらった花束、どっちがもらってうれしいか」と問いかけられました。人間は、自分で自分を満足させることはできないが他人を幸せにすることができるし、他人に幸せにしてもらうことができる。人間が持つ素晴らしい力は、「知能」と「言葉を話す」こと、そして、「自分以外の相手の気持ちを考えることができる力」がある。その中でも、言葉は相手を幸せにもできるし傷つけてしまうこともある。みなさんの日頃の生活は、誰かがよりよい生活となるように考えてくれている。そのことを当たり前に感じてしまうし、残念ながらなくなってしまってから気付くことの方が多い。一人一人が誰かの支えになっているし、自分以外の誰かを幸せにできる力があるから、自分は一人ではないということも覚えておいてほしい。これからの高校生活での経験や卒業後も常に感謝の気持ちを持ち続けよう!』と述べられました。

 私は、先生の話を聞いて、私を支えてくれている先生、家族、友達への感謝を忘れないようにしないといけないと感じました。日々過ごしているなかで「あたりまえ」になっていることが多く、私も本田宗一郎さんのように「自分で自分は幸せにできない。他人に幸せにしてもらう」のように他人を幸せにできる存在になりたいと思います。

 生徒会長から生徒会執行部役員改選についての連絡がありました。これまで以上に、地域に根ざし、学校行事などを活性化するために、多くの立候補をお待ちしています。立候補の受付は、6月4日(火)までです。

 保健委員長から「コンタクトレンズケース回収協力のお願い」、生活委員長から「新しいゴミ箱設置に伴う、ゴミ捨てルールの変更について」の連絡がありました。

 最後に、教務部長から「牛高esse」についてのお話がありました。先生方が牛深高校で身につけてほしい力をまとめた「牛高esse」、一人一人が意識して行動していきましょう。


【投稿者:放送・ネットワーク委員長】

対面式を行いました〈投稿者:放送・ネットワーク委員長〉

4月9日(火)、対面式を行い、1,2,3年次生が初めて顔を合わせました。最高学年となった今、1年次生を見ていると入学した時のことを思い出し、懐かしく感じました。

各種委員会の紹介、部活動の紹介などもあり、これから新入生とともに新たな牛深高校を作っていくのが楽しみです。【投稿者:放送・ネットワーク委員長】

 

目安箱を設置しました!〈投稿者:副会長〉

 生徒会執行部で、今までの反省と今後の改善点について話し合った結果、目安箱を設置することを決めました。設置場所は、生徒会掲示板前、各年次の廊下、職員室前です。内容は、学校の校則で曖昧な点や要望、委員会への要望などを募集します。それをもとに執行部で話し合い、各種委員長が答えを出し、月末から月のはじめに生徒会掲示板にて発表します。

 私は、要望を記入している人を見かけると、牛深高校がさらに良くなっていくのではないかと感じました。記入できるのは先生方と生徒だけですが、多くの人の意見を出していただくことで、牛深高校がさらに発展していくと思います!【投稿者:副会長】