図書館便り 図書委員会便り【2019.3.25更新】
図書館News

図書館

新入生図書館オリエンテーションを行いました

4月16日(火)、新入生図書館オリエンテーションを行いました。

貸出や返却について、また読みたい本のリクエスト受付などについての説明を行いました。その後、自分の好きな本を選び借りました。これまで図書館をあまり利用していなかった人も、高校3年間でどんどん図書館を利用してください。


牛高図書館は、あなたの「もっと読みたい」、「もっと知りたい」、「もっと学びたい」を応援します!遠慮なく司書に声をかけてください。みなさまの来館をお待ちしています。

 

今年度もたくさんの図書館利用ありがとうございました

今年度もたくさんの図書館利用ありがとうございました。今年度は、授業で199時間の図書館利用がありました。

最後の授業利用は、「2年次 選択 日本史A」でした。事前に人物調べを行い、自分の背中に貼ってある人物を質問をしながら、正解を探していきました。

読書以外にもどうぞ図書館をご利用ください。

 

 

 

 

もうすぐ2月

もうすぐ2月。

2月3日(日)の節分に合わせてテーマ展示をしています。

バレンタイン特集や保育園実習に合わせた絵本の展示も行う予定です。来館お待ちしています。

(ブラックボードは、図書委員が書きました!)

 

 

 

 

ビブリオバトルに2名が出場しました

12月22日(土)、天草市教育委員会【天草市立図書館】主催・「本とつながる!人とつながる! ビブリオバトル」が開かれ、本校から2年次生2名が出場しました。

「ビブリオバトル」とは、2007年に京都大学から広まった、お気に入りの本を紹介しあい、最も読みたい本を投票で決める本の紹介コミュニケーションゲームで、「知的書評合戦」とも言われ「人を通して本を知る・本を通して人を知る」をキャッチコピーに小中学校、大学、一般企業の研修会、図書館、書店などで開催されています。今年、筑波大学の推薦入試(知識情報・図書館学類)では、ビブリオバトル方式の面接が導入されました。

初開催となった今大会には、天草地区の高校生8名がバトラーとして出場しました。約40名の観客の前で、自分の好きな本の魅力を5分間熱く発表しました。その後、2分間のディスカッションが行われました。

また天草ケーブルテレビアナウンサー・亀子美香さんによる「言葉での伝え方について」のゲストトークでは、言葉の先にあることを想像して、内容に合わせた声のトーンについて実践を交え、教えていただきました。

惜しくもチャンプ本には、選ばれなかったものの、自分の好きな本について堂々と、いきいきと語る姿がありました。「出場しよう!」とチャレンジしたことが今後の力になるでしょう!

大会の詳細は、天草市立図書館Facebookをご覧ください。

 

2学期も残りわずか!

期末考査が終わりました。

図書館ではマラソン大会応援コーナーとクリスマスのコーナーを設置しました。クリスマスまで、徐々に装飾を増やしていく予定です。図書館トイレも改装工事が終わり生まれ変わりました。2学期も残りわずかとなりました。ぜひ1冊図書館で本を借りて読んでみてください。

★図書委員メンバーが書いたブラックボード