日誌

附属中の活動

若駒祭にて進学相談会やってます!!

今年の若駒祭では、玉名高校と玉名高校附属中学校合同で「進学相談会」を実施しています。

高校受験や附属中受験について、入学後の学校生活についてなどなど、どんな小さな疑問にもお答えします!! 本校を受験してみようかなと思っている生徒、児童のみなさん、9月14日(土)の若駒祭2日目には、是非この相談会のブースにおいでください。保護者の皆様のご来場も心からお待ちしております!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんのご相談には、私たち現役附属中生がお答えします!!たくさんの方のご来場をお待ちしています!!

 

若駒祭1日目 ~玉高附中生も楽しんでいます~

本日から若駒祭です。

午前中は、高校演劇部、科学部、中高器楽部の発表を体育館で見学。その後は高校生のクラス展示や有志発表、定時制や同窓会のワークショップなどに参加しています。生徒たちはとても楽しそうです!


【中】昼休み、若駒祭(文化祭)バザーの食券販売を行いました。

9月5日(木)の昼休み、若駒祭(文化祭)バザーの食券販売を行いました。玉高附中生向けは、第2体育館での販売でした。

メニューは、カレーライス、フランクフルト、コロッケ、ポップコーン、クッキーなどです。特に、中学1年生の皆さんは、初めてのことでもあり、とても楽しみにしています。

食品バザーができるのは、高校のクラス企画、茶道部、家庭部、その他では育友会(PTA)、同窓会の皆様です。中学生の皆さんは、食券を販売する高校生の皆さんとの交流もできました。

食券販売は、明日も行われます。

 

 

【中】若駒祭へ向けて、合唱の練習を始めました。

9月13日(金)、14日(土)の若駒祭へ向けて、中学校では合唱の練習を始めました。

パート毎に分かれて、3年生が練習を進めていました。リーダーさんがしっかりリードしていました。

玉名高校附属中学校の全校生徒による合唱、ステージ発表は、14日(土)の9:55~です。

 

 

【中・高】校内の風景 ナツメ、オニグルミが実をつけています。

校内の風景です。

ナツメ、オニグルミが実をつけています。校内の木の実を見ると、玉名の地は、縄文の時代から豊かな土地柄だったということが想像されます。あるとき、はっとして気づくことが多いのですが季節は着実に歩を進めています。

そんな中、夏休み明けの課題考査が終わり、生徒の皆さんは通常の生活に戻っていきます。

 

 

【中】手帳甲子園

本日(9月3日)、校内手帳甲子園を行いました。

日ごろ手帳を活用して、スケジュール管理やその日の振り返りなどを行っていますが、今日は「手帳活用部門」と「表紙部門」でコンテストを行いました。生徒の皆さんは、各教室を回り、各部門に1票を入れて(付箋を貼って)いきました。結果等は、また御紹介します。

 

 

【中】バドミントン部 大会結果報告

夏休み期間中に行われた2つの大会で、入賞することができました。たくさんの応援ありがとうございました。9月末に行われる城北大会に向け、チーム一丸となり今後も頑張ります。

~結果報告~

◇和水町古墳祭バドミントン大会◇      

 男子シングルスAクラス優賞 丸山(2年)

 女子シングルスAクラス3位 坪根(2年)

 男子ダブルス Aクラス3位 境 (2年)・永廣(2年)ペア

 女子ダブルス Aクラス3位 西島(2年)・草場(2年)ペア

 男子シングルスBクラス2位 谷口(1年)

 

◇第1回玉名荒尾地区バドミントン大会◇          

 男子シングルスAクラス3位 丸山(2年)

 女子シングルスAクラス3位 坪根(2年)

 男子ダブルス Aクラス3位 丸山(2年)・中島(1年)ペア

 男子シングルスBクラス3位 中島(1年)

 女子シングルスBクラス2位 藤木(1年)

 

【中】サマー・ペガサス第4日目 「玉高の先生による講座 国・数・英」です。

サマー・ペガサス4日目です。今日は、中学校3年生向けに、玉名高校の先生による国語・数学・英語の講座を行いました。

教室は、いつもより緊張感がありました。中学の内容と高校の内容、そして、その先もずっと連なっているということを知る小さな一歩になったと思います。

【中】サマー・ペガサス第3日目「パワーアップ・スマートライフ教室」!

7月31日(水)第3日目、「パワーアップ・スマートライフ教室」を行いました。

このプログラムは、「中学生における心身の健康問題(SPS)提言のための中学校・保護者協力型ライフ
スタイル教育プログラム」へ、参加協力しているものです。南九州大学の渡邉教授を中心とした先生方で、実施研究されています。
中学生は、自分自身の生活を振り返り、改善していく貴重な機会となっています。