日誌

附属中の活動

【中】オンライン英会話レッスン

玉名高校附属中学校の生徒の皆さん、保護者の皆さまこんにちは。

玉名高校附属中英語科の田中です。

休校が続いていますが、学校では生徒の皆さんとできるだけつながることができるよう、様々なことにチャレンジしています。

 

そのひとつがオンライン教室です。すでに担任の先生との学活を経験した人もいるかと思いますが、同時に、教科のでもオンライン教室を開始しています。

みなさんのMy 時間割にある【Zoom〇〇】というのがそれです。

 

今日は、本校ALTのオラ先生とアダム先生がオンライン英会話を実施しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年生から3年生までたくさんの生徒の皆さんが参加してくれました。

実は、多田隈先生も横で・・・英会話のレッスン中でした!

 

 

 

 

 

 

この取り組みは、参加自由です。興味のある人、各教科の先生に質問や相談がある人は是非参加してくださいね。

 

この他にも、電話での質問や相談も随時受け付けます。学校生活や学習面での心配や相談など、遠慮なく学校にご連絡ください。Tel 0968-73-2101

 

ブログアンケート“ 玉附Connection

みなさまのご意見、ご感想をお待ちしています!

 

 

 

【中】英語検定について(日程変更のお知らせ)

玉名高校附属中学校で、2020年第一回英語検定に申し込んだ人たちにお知らせです。

 

英検のホームページ等ですでに知っている人もいるかと思いますが、試験の日程が変更となりました。

一次試験:7月18日(土)

二次試験:8月22日(土)

の予定です。(再度変更の可能性もあります。)

 

今後、また英語検定協会の方から変更があった場合には、その都度ホームページでお知らせをしますので、注意して見てください。

詳しい時間や教室の場所などについては、決定し次第お知らせします。

 

「勉強の時間が増えた!」と、前向きに捉えて、合格目指してそれぞれ頑張りましょう。

 

玉名高校附属中 英語科 英検担当:林田

【全】【中】考人341号

図書部より、図書館だより「考人」の341号をお届けします。

今回は「考人」というタイトルの由来についてです。

新刊案内はまた改めて紹介させて下さい。よろしくお願いします。

考人(341号).pdf

【中】玉附でも在宅勤務(テレワーク)しています。

玉名高校附属中学校の皆さん、保護者の皆さま こんにちは。

玉名高校附属中学校で教務&3年学年主任を担当しております、田中です。教科は英語、学校の中では、時間割や成績、教科書などの仕事や3年生のとりまとめなどをしています。

現在、本校でも17日から職員が在宅勤務を実施しております。各学年数名出勤して、いろんな問い合わせに対応している所です。他の職員はそれぞれの自宅で、教材研究したり学級通信を書いたり、資格取得の勉強をしたりして過ごしています。

今朝のウェブ朝会の様子です。

こんな風にして、朝夕、学校とそれぞれの自宅をつないで連絡などを交換しています。

時々ゲストも入ってきて(右上に注目!)普段の会議とは違った雰囲気になります。

 

生徒の皆さんも保護者の皆さまも、学校生活や学習面についてご心配のことと思います。玉名高校附属中学校でも、今、生徒の皆さんの学力保障のために、この状況の中で一歩踏み込んだ何ができるか考えているところです。

環境や条件が整い次第、皆さまにもお知らせしていきます。このような状況の中でも、充実した学習ができるよう、知恵を絞っていきたいと思っています。

 

担当は教務 田中でした。

 

 

【中】易しい難問にチャレンジ!

1年A組 担任の鹿子木(かなこぎ)です。

 数学を教える私からは、今日は皆さんに「易しい難問」と題して、東京大学の入試問題について触れたいと思います。

 中学生で東大の入試問題なんて解けるはずがないと思うかもしれませんが、小学生までの知識で解ける問題も出題されます。

 今年の問題を1つ紹介します。

△ABCの面積を1とする。

点Xが「△ABXと△BCXと△CAXの面積の和が2以上3以下」

を満たしながら動くとき、点Xの動きうる範囲の面積を求めよ。

(令和2年 東京大学 理科 第2問より)

 

高校で習うような公式や定理を一切使う必要もありません。しかし、試行錯誤して考える必要がある問題です。小学生までの知識で解けるが、難しい。(易しい難問)

 


東大の入試問題は理系で6問150分、文系で4問120分であり、その半分が複雑な計算式を要しない問題です。図を書いて考えることが数学の力を伸ばすことにつながります。ぜひ、机に向かって鉛筆を握る習慣を大切にしましょう。 

 


 


 

 

 

【中】玉名高校附属中学校〝玉附〟の皆さんへ!

玉名高校附属中学校〝玉附〟の皆さんへ

休校が続いていますが、生徒の皆さんはどう過ごしていますか。
授業のように、例えば午前中4時間授業とか、自分で時間を設定して過ごすことができていますか。朝から制服に着替えて、学校で過ごす時と同じように、自分で自分の気持ちをセットアップして学習に取り組んでいる中・高生もいるように聞きました。それも一つの方法ですね。
新型コロナウィルスの影響は、単に医療体制の問題ではなく、社会全体に大きな影響を与えています。大げさではなく、今、人類の知性が問われているように思います。
次の新聞記事は、東日本大震災の後に熊日新聞に投稿したものです。このときに感じた思いを書いたものですが、最近また読み返しています。

 

世の中を動かしている、その源泉は一体何でしょうか。科学もその一つですが、他にも多様なものがあるということでしょう。考えさせられます。

中学生の皆さんは、今起きていることをしっかり胸の内に留めていってほしいと思っています。
新型コロナウィルス感染拡大は、いつかは収束そして終息します。もうそのときは、次の未来が現実になっています。そこを生き抜く主役は皆さんです。
我々の、皆の未来のために、今できることに集中しましょう。
勉強や読書、ときどき運動、ときにはゲーム。それぞれに、未来を考えながら元気に過ごしてください。
何か、困ったことや気になること、あせりや不安、何でも感じたことがあれば、私たちにも教えてください。
勉強のこと、その他何でもいいですよ。

さて、私からの宿題です。思いつくままに挙げます。

〇マイ時間割の紹介
 「自分の時間割、これで効率よく勉強できますよ」というものがあれば、教えてください。また、その逆、「これで失敗しました」という例も、同じく教えてください。


〇マイ気分転換法
 関係して、気分転換法も皆さんで出し合ってください。学校にも教えてください。


〇マイ手作りマスクコンテスト
学校再開したら、皆で持ち寄って、マスクを本当に必要とされているところに贈りましょう。これは生徒の皆さんの取組として、皆で引き継いでください。機能性部門、デザイン部門などどうでしょう。


〇新たな玉附キャラクター「WAKAGOMARU」の募集
 玉附の魅力を伝える新キャラクターを、皆でつくりましょう。


〇先輩から、新1年生(10期生)に伝えたいメッセージ
 先輩から、何かありませんか。


〇新1年生(10期生)から、先輩方へ聞きたいこと
 新1年生から何かありませんか。

もっともっとあります。

〇「医療の現場で日々戦っている医療関係者の皆さんへ」玉附からのメッセージ

はどうでしょうか。

まずは、玉附Connectionに書けるぐらいで、簡潔に書いてください。
副校長 山部

 

ブログアンケート“ 玉附Connection
みなさまのご意見、ご感想をお待ちしています!

【中】入学式

4月8日(水)、玉名高校(全日制・定時制)、玉名高校附属中学校の入学式を挙行しました。

緊張した面持ちで入場した中学1年生80名でしたが、堂々と式に臨み、新入生を代表して

1年A組の山崎さんが誓いの言葉を述べました。

式後は各教室で初めてのHRがあり、担任からの話を聞いたり、自己紹介をしたりしました。

  1年A組  鹿子木先生     1年B組 林田先生

【中】始業式

4月9日(木)、玉名高校附属中学校の始業式を行いました。今年度は、玉名高校は8日、玉名高校附属中は9日と、中高分かれての始業式としました。

生徒たちは新型コロナウィルス感染拡大防止のために全員マスクを着用し間隔を空けて並んでいます。

始業式では山部副校長の講話のあと、クラス担任や部活動顧問を発表しました。

生徒たちが一番盛り上がったのは、新設されたラクビー部の顧問仲山先生が紹介された瞬間でした。