日誌

附属中の活動

【中】1年生 校内探検スタンプラリーを開催!

 

B組は2日(火)、A組は4日(木)に校内探検スタンプラリーを実施しました。

まだ校内の各教室の場所がよくわかっていない1年生が、5人1組のグループで協力しながら、校内地図を片手に指定された8カ所のチェックポイントを探すという企画です。

生徒たちは、特に美術室と技術室の場所を見つけるのに苦戦した様子でしたが、力を合わせて楽しそうに校内探検に取り組んでいました。正面玄関横の歴史資料室では、玉名高校に関する歴史クイズにも挑戦し、学校の沿革や先輩達の偉業について理解を深めることができました。

仲間との親睦も深まり、これからの学校生活をさらに楽しく快適に過ごすことができそうです。

《チェックポイント》

①中学校職員室 ②図書館 ③美術室 ④中学校パソコン室 

⑤考える人 ⑥技術室  ⑦保健室  ⑧歴史資料室 

《生徒感想より》

・協力することが大事だということに気づけたし、仲良くなれて本当に嬉しかった。

・女子たちが地図を読み取る能力があって良かった。完全に女子のおかげです。

・班の皆と声をかけあって「どっち?」「どこ?」ととまどいながらもスタンプラリーができたのでとても楽しかった。

・まだたくさん知らない場所があるのでまた探検してみたいです。あらためてとても大きい学校なんだなと思いました。

 

    

【中】2年生 総学は〝未来〟を考える時間となりました。

2年生では総合的な学習の時間に、自分自身の将来を考える第1歩として、未来を考えました。

総学を進める際の合い言葉は〝P・A・O〟です。Pはポジティブ・フィードバック(ポジティブな反応)、Aはアクティブ・リスニング(相づちを打つ)、Oはオーバー・コミュニケーション(反応は大げさ)にです。

班活動を行う際には、生徒の皆さんは全員フェイスシールドを付け、感染防止対策もばっちりでした。

中には、「人間はしないでいいことは、できなくなる!」という表現も出てきて、印象深い時間になりました。

 

 

 

【中】部活動再開!

学校の再開に伴い、部活動も再開しました。

中・高ともに、生徒の笑顔とともに活気のあるグラウンドや体育館の風景が戻ってきました。

放課後の風景です。

陸上競技部 陸上競技部2

サッカー部 バスケットボール部

【中】オンライン英会話レッスン

玉名高校附属中学校の生徒の皆さん、保護者の皆さまこんにちは。

玉名高校附属中英語科の田中です。

休校が続いていますが、学校では生徒の皆さんとできるだけつながることができるよう、様々なことにチャレンジしています。

 

そのひとつがオンライン教室です。すでに担任の先生との学活を経験した人もいるかと思いますが、同時に、教科のでもオンライン教室を開始しています。

みなさんのMy 時間割にある【Zoom〇〇】というのがそれです。

 

今日は、本校ALTのオラ先生とアダム先生がオンライン英会話を実施しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年生から3年生までたくさんの生徒の皆さんが参加してくれました。

実は、多田隈先生も横で・・・英会話のレッスン中でした!

 

 

 

 

 

 

この取り組みは、参加自由です。興味のある人、各教科の先生に質問や相談がある人は是非参加してくださいね。

 

この他にも、電話での質問や相談も随時受け付けます。学校生活や学習面での心配や相談など、遠慮なく学校にご連絡ください。Tel 0968-73-2101

 

ブログアンケート“ 玉附Connection

みなさまのご意見、ご感想をお待ちしています!

 

 

 

【中】英語検定について(日程変更のお知らせ)

玉名高校附属中学校で、2020年第一回英語検定に申し込んだ人たちにお知らせです。

 

英検のホームページ等ですでに知っている人もいるかと思いますが、試験の日程が変更となりました。

一次試験:7月18日(土)

二次試験:8月22日(土)

の予定です。(再度変更の可能性もあります。)

 

今後、また英語検定協会の方から変更があった場合には、その都度ホームページでお知らせをしますので、注意して見てください。

詳しい時間や教室の場所などについては、決定し次第お知らせします。

 

「勉強の時間が増えた!」と、前向きに捉えて、合格目指してそれぞれ頑張りましょう。

 

玉名高校附属中 英語科 英検担当:林田

【全】【中】考人341号

図書部より、図書館だより「考人」の341号をお届けします。

今回は「考人」というタイトルの由来についてです。

新刊案内はまた改めて紹介させて下さい。よろしくお願いします。

考人(341号).pdf

【中】玉附でも在宅勤務(テレワーク)しています。

玉名高校附属中学校の皆さん、保護者の皆さま こんにちは。

玉名高校附属中学校で教務&3年学年主任を担当しております、田中です。教科は英語、学校の中では、時間割や成績、教科書などの仕事や3年生のとりまとめなどをしています。

現在、本校でも17日から職員が在宅勤務を実施しております。各学年数名出勤して、いろんな問い合わせに対応している所です。他の職員はそれぞれの自宅で、教材研究したり学級通信を書いたり、資格取得の勉強をしたりして過ごしています。

今朝のウェブ朝会の様子です。

こんな風にして、朝夕、学校とそれぞれの自宅をつないで連絡などを交換しています。

時々ゲストも入ってきて(右上に注目!)普段の会議とは違った雰囲気になります。

 

生徒の皆さんも保護者の皆さまも、学校生活や学習面についてご心配のことと思います。玉名高校附属中学校でも、今、生徒の皆さんの学力保障のために、この状況の中で一歩踏み込んだ何ができるか考えているところです。

環境や条件が整い次第、皆さまにもお知らせしていきます。このような状況の中でも、充実した学習ができるよう、知恵を絞っていきたいと思っています。

 

担当は教務 田中でした。

 

 

【中】易しい難問にチャレンジ!

1年A組 担任の鹿子木(かなこぎ)です。

 数学を教える私からは、今日は皆さんに「易しい難問」と題して、東京大学の入試問題について触れたいと思います。

 中学生で東大の入試問題なんて解けるはずがないと思うかもしれませんが、小学生までの知識で解ける問題も出題されます。

 今年の問題を1つ紹介します。

△ABCの面積を1とする。

点Xが「△ABXと△BCXと△CAXの面積の和が2以上3以下」

を満たしながら動くとき、点Xの動きうる範囲の面積を求めよ。

(令和2年 東京大学 理科 第2問より)

 

高校で習うような公式や定理を一切使う必要もありません。しかし、試行錯誤して考える必要がある問題です。小学生までの知識で解けるが、難しい。(易しい難問)

 


東大の入試問題は理系で6問150分、文系で4問120分であり、その半分が複雑な計算式を要しない問題です。図を書いて考えることが数学の力を伸ばすことにつながります。ぜひ、机に向かって鉛筆を握る習慣を大切にしましょう。