新着
 3週間にわたる教育実習の最終日、『体育Ⅱ(2年次)』の研究授業が行われました。生徒たちは、着衣水泳の浮き方や安全な泳ぎ方、救助の仕方について学習しました。浮力を生かした待機法やペットボトルを用いた救助法など、疑似体験しながら救助される側と救助する側の対処方法を学ぶことができました。  吉崎先生には教育実習を通して経験されたことを今後の大学生活に是非生かしていただきたいと思います。3週間お世話になりました。ありがとうございました。        
 6/3(月)から3週間、教育実習生の先生がいらっしゃっています。本校の平成27年度卒業生で、現在、日本女子体育大学に通われている 吉崎 沙織先生です。本校在学中はフェンシング部に所属され、優秀な成績を収められています。  6/20(木)の1限目に『保健Ⅰ(1年次)』の研究授業が行われました。「食事と生活習慣病」に関する授業内容で、生徒たち自身にしっかり考えさせる授業を展開されていました。参観した教職員にとっても大変参考になる授業でした。    
ブログ
06/20
商業系列
今日の出来事
 本年度も翔陽祭でオリジナルアイスクリームを販売する予定です。この写真は、新商品のアイディアを3年次生の生徒が協力業者(アイスクリーム専門工房ついんスター)の方にプレゼンテーションしている様子です。とてもわかりやすく、的確なアドバイスをいただき、大変勉強になりました。引き続き、販売に向けて商品を改良していき、準備を進めていきます。  〔商品開発会議の様子〕                
 3年次生の総合的な学習の時間では、肥後おおづ観光協会からの依頼でおおづ日曜市の案内チラシを作成しました。7月21日(日)に大津町役場北側駐車場にて行われるおおづ日曜市には、翔陽高校の商業系列でも出店を予定しております。  20店以上が出店し、新鮮野菜やたまごなどの農産物、ホットドッグやいきなり団子などの軽食、陶器やアクセサリーなど様々な商品が並びます。  是非、お越しください。   〔チラシの原案を作成する様子〕          
本校では1年次を対象とした工業技術基礎という科目を行っています。 2年次になる前に機械、電気電子、建築の3分野から1つ選択することになるため、その選択を判断する材料となるよう、9つの班に分かれてローテーションで実習を行います。    旋盤   手仕上げ   溶接   原動機   電子制御   電気工事   木工 「   住宅設計   工業数理
6月18日(火)の午後から原付通学生を対象とした交通安全講習会が行われました。 昨年度は雨天で屋内の講習会しか行うことができませんでしたが、今年度は路面が濡れているものの曇天だったので、屋外での実技講習を行うことができました。 前半は指定された地点でのブレーキの練習を行いました。校内ではありますが、ある程度のスピードを出した状態から濡れている路面での訓練であったため、指定された地点ちょうどに停車する訓練は難しい様子でした。 後半はスラロームという意図的に蛇行運転を行う練習を行いました。蛇行運転は交通違反になってしまうため実際の道路で行うことはないのですが、急な飛び出しに対応するときなどにこのような運転技術がないと困るため訓練が必要とのことでした。 最後は講義室にて原付特有の二段階右折についての講習を行いました。 今回講習会を開いてくださった菊陽自動車学校の皆様、ご協力ありがとうございました。
 熊本県産の甘夏ミカンを存分に使った翔陽特製『マーマレード』の実習です。  甘夏ミカンの甘さと、皮のほろ苦さが見事にベストマッチした製品です。  生徒たちは、皮の処理から充填まで、一心不乱に取り組みました。このマーマレードは、パンに塗ってもよし、紅茶に入れてもよし、料理の隠し味によしと、あらゆる場面で活躍する、まさに翔陽生のような一品です。  みなさまに翔陽の良さをもっと知っていただきたい!  是非、ご賞味ください!        
 翔陽高校の夏の風物詩でもある『酸乳飲料 ミルピス』の実習を行いました。甘さの中にさわやかな香りの感じるこの製品。夏場はしっかりと冷やして、飲むのが最高です!このような酸乳飲料は、夏だけのものと思われがちですが、冬にももってこい!暖かいこたつの中で、お湯で割ったホットミルピスで、夏も冬も身も心も癒やされませんか?    
   令和となり、農業系列食品製造、最初の製造実習は、味噌製造です。まずは、麦麹の仕込みです。熊本県が世界に誇る『麦味噌』の元となる麦麹。大型の蒸し器で麦を蒸し、空冷しながら、一粒一粒に分けていきます。その後は、自動製麹器(じどうせいきくき)に入れ、種麹を振りかけて、2日間・・・。こうして麦麹が完成します。  完成した麦麹と蒸した大豆、塩を混ぜ合わせ、味噌ベビーの誕生です。これから約5ヶ月成長させ、おいしいおいしい麦味噌の完成です。生徒と微生物のコラボした麦味噌、ご家庭でお味噌汁などにいかがでしょうか?