新着
機械科3年生が、一般社団法人日本マグネシウム協会主催の第 29 回学生デザインコンテストに応募しました。 今回は、バドミントン用のポールに着目しました。従来は鋼製で7kgもあり、持ち運びが大変でしたが、製作した「Less Pole  ~気づかない軽さ~」では700gと大幅に軽量化を達成しました。マグネシウムは取り扱いは慎重にしなければ成りませんが、軽くてリサイクル性もよく、環境にやさしい材料です。 溶接や旋盤などを使い何とか完成することができて、結果は製作部門において上から3番目の奨励賞をいただきました。この大会は基準に達していない場合は「1席(最優秀賞)は該当者無し」になるというなかなか厳しいコンテストです。 今年も1席は該当者無しでした。 笑顔で持つことができます 苦労した末なので喜びをかみしめています 審査員の先生からは、とても軽い仕上がりであることや、軽いシャトルを使うバドミントン用であれば軽いマグネシウム製でも使用できそうな可能性が考えられたことが評価されました。 大学、短大、高専など高等教育機関ばかりの中で本校は唯一の高校からの応募だったそうです。 水俣高校機械科及び工作部はこれからも環...
今日の4限目終了後、3学年集会が催されました。 生徒たちは、感染症予防のために体操隊形に広がり、ソーシャルディスタンスを保っています。 来週から学校が再開される見込みの中、各クラスの代表生徒が休校中に感じた想いと今後の進路実現に向けた仲間へのメッセージを発表していました。 以下は、その抜粋です。 「休校中は自己分析と志望校研究を深められたおかげで、家庭学習に身が入った。」 「学校には勉強する環境が整っていることを再確認できた。」 「進路に向けて、資格試験にクラスの仲間と全員で合格したい。」 「残された数少ない学校行事を一致協力して盛り上げていこう。」   みんな一緒に      Study Hard.  Dream Big.(学年目標)