新着
2年生は1学期、2時間で1枚のデッサンを制作することに取り組んでいます。デッサンに必要ななポイントを再確認すること、仕上げや描き込む力、描くスピードを高めるために基本的なモチーフを描いています。今回で3回目になります。今回はサイダーの缶に取り組みました。回を重ねるたびにコツをつかみ、上手になってきました。今後も回数を重ねて力をつけ、今年度の後半には複数の大きな静物を描くデッサンにチャレンジしていく予定です。
 1年生の「総合的な探究の時間」では、自分が住む自治体の統計資料のグラフ化とその分析に取り組んできました。今週は、その分析結果をグループごとに発表しました。御船町を分析したグループの発表では、人口に関するグラフから「人口がやや減っている」「少子高齢化が進んでいる」、産業に関するグラフから「小売業販売額は増えている」と指摘、こうした分析結果を総合して人口増加を図るためには「若い世代の住みやすい町づくり」「“にぎわい”づくり」などが良いのではないか、などと発表をしていました。探究活動の基本スキルとして「統計資料に親しもう」ということで取り組んできましたが、グラフ化や分析の活動に、グループで協力しながら積極的な活動する姿が多く見られました。
 7月2日(木)、午後7時より、令和2年度の新役員が一堂に会し育友会合同委員会を開催しました。例年、育友会総会実施日の午後に行っていたものですが、今年は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、総会が書面表決方式を採ったことと学校が休校となったこともあり、開催が本日となったところです。  7時からの全体会では、吉田会長から新体制における抱負や一人一役運動についてのお話があり、粟谷校長先生からは、生徒の様子や学校行事等について、また雨天時の校門付近の安全面についてお話がありました。その後、学年委員会に分かれ、学年別に学級委員さんの顔合わせと生徒の様子等について報告がありました。      7時半からは「進路委員会」「広報委員会」「総務委員会」に分かれ、委員長・副委員長を選出し、これまでの活動の紹介や今年度の活動について協議しました。広報委員会は早速来週には編集会議を予定しており、広報誌の準備に取り掛かります。     8時からは第1回の理事会を開催し、年間の事業計画や「熊本家庭教育支援チーム」に登録し、啓発の活動を行っていくことなどを確認しました。新しい顔ぶれが揃い、終始和やかな時間となりました。...