学校長あいさつ

第27代校長 粟谷 雅之

 熊本県立御船高等学校のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
 本校は大正11年(1922年)に創立され、今年度で98年となります。今日4月8日に入学した生徒たちが3年生になる時、100周年を迎えます。
 校門を入ると正面に「天神の森」と呼ばれる樹木の群集する一画があります。学校が創立されるはるか昔の16世紀の戦国時代後期、御船城を守護する森の一つが起源であり、本校のシンボルと言えます。この森に見守られ、大正、昭和、平成にわたって熱意ある教師の薫陶を受け、多くの人材が育っていきました。
 平成から令和へと時代は変わっても、「天神の森」の学舎は、可能性豊かな若者と情熱ある教師の出会いの場であり続けます。ロボットをはじめものづくりの面白さを追求する電子機械科、音楽・美術・書道を通して感性を磨く芸術コース、幅広い学びの中から自らの進路と夢を探していく普通科。本校はテクノロジー(技術)とアート(芸術)の両翼をもつ総合力ある全日制高校です。
 御船高校は一人ひとりの個性を存分に発揮できる学舎です。本校の精神と言えるものが建学以来の三綱領です。
 「誠実以て人に接す」
 「自ら進んで学を修む」
 「自律以て己を処す」
 この三綱領は本校教育の基本として、時代を超え受け継がれてきました。社会は激しく変化しています。変化の速い時代にあって、自ら学び続け、自己更新をはかっていくことができる基礎力を本校で育成したいと思っております。そして、開かれた学校として、九州屈指の音楽大学「平成音楽大学」や日本有数の恐竜博物館が立地する御船町と一体となり、教育活動を展開していきます。
 創立百周年に向け、さらに「選ばれる学校」を目指す御船高校にどうかご期待ください。

 平成31年(令和元年)4月8日
 熊本県立御船高等学校 27代校長 粟谷雅之(あわたに まさし)