校長室からの風

東京御船会報告

先日、東京霞ヶ関で開催された「東京御船会」に出席してまいりました。国会議事堂や首相官邸がすぐ下に見える霞ヶ関ビルの35階を会場にして、約70名の会員と来賓が集い、第19回定期総会・懇親会が行われました。最初に、旧制中学19回卒の野口政止さんの献吟があり、太平洋戦争末期、学徒動員中に亡くなられた旧制御船中生徒たちへの追悼がなされました。第14代犬塚義雄校長が同級生の死を悼んで作られたという「学友の追悼詩」は、今聞いても胸に迫るものがあります。
 
  「殉死した学友の六十六回忌に当たり」
 無定の人生夢幻の如し    君達殉難して六十六年
 凛々しき紅顔今も眼にあり  秋空果てなく心蕭然
 
私は、現在の御船高校の様子を話しましたが、みなさん故郷・母校への関心は高く、後輩たちの活躍をとても喜んでおられました。御船高校百周年まであと3年。同窓会の皆様も、いつまでもお元気に御船高校を見守っていただければ幸いです。


野口政止さんから貴重なお話をうかがいました。

一ノ瀬追い上げ2位!!

5月20日の日曜日にくまもと県民テレビ(KKT)で放映されていましたのでご覧になった方もいらっしゃると思いますが、本校出身の一ノ瀬優希選手が「中京テレビ・ブリヂストン・レディース」で2位になりました。21日の熊本日日新聞にも掲載され、さっそく校内の「一ノ瀬選手応援掲示板」で本校生にも紹介しました。新聞によると、7位でスタートした一ノ瀬選手は、8バーディー、1ボギーで2位に追い上げました。ツアー通算3勝の一ノ瀬選手は、4年前に痛めた左鎖骨のせいで左手親指を痛めるなどして、ここのところ満足のいくプレーがなかなかできないでいたけれども、今大会は完全復活の手ごたえが感じられるものだったそうです。良かったですね、一ノ瀬選手。私たちもうれしいです。これからもますます頑張ってください。御船高校の後輩たちも応援しています。

頑張れ一ノ瀬優希選手!

4月15日(日)、2018KKT杯バンテリンレディースオープンに行ってまいりました。御船高校出身の一ノ瀬優希選手を応援するためです。今年はマイコン制御部ロボット班の生徒15名と職員5名で参加しました。前日から雨と風が強く、必ずしも理想のコンディションとは言えない中、一ノ瀬選手は予選を突破し、最終日に臨みました。結果は、スコア226で51位と、本人にとっては残念だったようですが、応援する生徒たちにとっては、大舞台で活躍する先輩の姿やギャラリーのマナーの良さなど、勉強になるところも多かったようです。御船高校は今後も一ノ瀬選手を応援していきます。頑張れ一ノ瀬選手!

平成30年度のスタート

御船高校に赴任して丸一年が過ぎました。今年度もよろしくお願いいたします。
年度末に17名の先生方が退職・転出され寂しい思いをしていましたが、新たに15名の先生方をお迎えして、平成30年度がスタートしました。4月9日(月)には、新任式・始業式・入学式と立て続けに式典があり、気持ちも新たになったところです。始業式では、今年の重点目標「コミュニケーション能力の育成」について話しました。自らの「言葉」と「態度」を見直し、相手の気持ちを推し量り自分の考えを適切に伝えることで、望ましい人間関係を築いてほしいと考えたからです。「コミュニケーション能力」は社会に出てからも必要不可欠なものです。
入学式では、熊本県議会議員の大平様、御船町長の藤木様、同窓会長の住永様、育友会長の河地様から御祝辞を賜り、184名の新入生も、歴史と伝統のある御船高校の生徒となったことに自覚と誇りを覚えたことと思います。勉学に、部活動に、高校生らしくはつらつと毎日を過ごしてもらいたいです。

卒業式を終えて

本日、3月1日(木)、未明までの春嵐がうそのように静まり、うららかな春の日差しの中、「平成29年度熊本県立御船高等学校第70回卒業証書授与式」を行うことができました。県議会議員増永慎一郎様、御船町長藤木正幸様をはじめ、多くの御来賓および保護者の皆様に御列席いただき、普通科107名、電子機械科52名の生徒が御船高校を巣立ちました。本校で学んだ三綱領「誠実」「自学」「自律」の精神は、これからの人生の中で大きな道標となることでしょう。卒業生の皆さんの前途が、健やかで幸多きものであることを心から願っております。



育友会の皆様からお花をいただきました。
ありがとうございました。