学校感染症による出席停止について(お知らせ)

 学校保健安全法第19条により、生徒が感染症にかかった場合、学校での蔓延・流行を防ぐため出席停止の措置を
とることができます。下記の学校感染症と診断された場合は、主治医の指示に従い、御家庭でゆっくり休養させてくだ
さい。
 なお、出席停止の措置をとる場合は、医師による罹患証明が必要です。病院で発行される診断書が原則になりま
す。しかし、病院等のご好意により、学校の発行する罹患証明に記載していただける場合は、別紙への記入をお願い
してください。(但し、学校発行の罹患証明でも基本的には有料ですので、ご了承ください)
 それらの証明書については、生徒が回復し登校する際、学級担任へ提出してください。

   → 罹患証明書