競技かるた

Karuta

競技かるた部の紹介(競技かるた)

 20年程前までは、本校の「競技かるた部」はその前身を「古典文学部」と言い、百人一首の世界では全国大会の常連校としてその名も知れ渡っていました。しかし、指導者の異動に伴って部員も少なくなり、いつしか事実上の廃部となってしまったのです。

 ところが、平成22年に志の高い生徒達が“同好会”として復活させることに成功し、それから“部”に昇格して地道に活動を続け、昨年度はついに15年ぶりの全国選手権大会(通称「かるたの甲子園」「近江神宮大会」とも)への出場を果たしました!

 漫画やアニメ、映画でも大ヒットを記録した『ちはやふる』の影響もあり、今や日本全国で競技かるたは一大ブームとなっています。本校にも今年は8名の1年生が入部し、昨年度の活躍に続けとばかりに日々の練習に励んでいるところです!


【左:近江神宮の石段にて 右:全国大会(背中に水色の文字が西高チーム)】