12月13日(金)崇城大学IoT・AIセンターにおいて、熊本西高校、一般社団法人SCBラボ崇城大学の3者の間で包括的連携協定を調印しました。
 これは、崇城大学情報学部 星合隆成教授が提唱されているP2P・SCB理論をもとに、地域に新結合によるイノベーションを創発することができる人材の育成、ならびにそのための学びの場の提供・運営を行うことにより、地域社会や地域の産業に貢献可能な人材の育成を図ることを目的として、包括的な連携の下、相互に協力するための協定になります。
 今後、この協定をもとに、熊本西高生に対して、崇城大学の最先端の設備であるIoT・AIセンターの活用や、先端情報分野に関する大学や企業からの授業・講演・探究活動の指導・助言等が行われる予定です。

 

白石 響さん、日本高校柔道選抜チームの48kg級代表として、フランス遠征!


 本校柔道部3年 白石 響さんが、12月に実施される日本高等学校体育連盟主催のフランス派遣の選手に選出され、11月28日(木)熊本県柔道協会の 伊東 隆理事長より、激励金の授与が行われました。

 白石さんは、48kg級の派遣選手として、12月11日から20日まで、フランスで行われる大会出場とその後の合同合宿に参加します。大会での活躍と、合宿での成長を期待しています。

12月14日(土):クリスマス杯エクサンプロヴァンス・ジュニア国際大会
12月15(日)~17日(火):国際合宿

 
新着情報
 
RSS2.0


熊本西高校は、2020年東京オリンピック・パラリンピック教育推進校として認定されています。

 

 

0 2 4 4 2 5 3