勝手にくま鉄検定

 

 くま川鉄道は、今年で30周年を迎えるに当たり、9月8日(日)に「令和元年くま鉄検定」を行うと、新聞等で報じられました。かつて雨後の筍のようにご当地検定があちこちで開催されていましたが、ほとんどが受験生不足に泣かされ休止に追い込まれている中、鉄道関係の検定を敢えて行うという英断に心から拍手を送りたいと思います。鉄ちゃんを自認する筆者は、かつてJR九州が「九州鉄道検定」を行っていたことを思い出しましたが、鉄道大好きの皆さん、ワクワクしませんか?

 

 私、迷わず申し込んで受験をしてきました。多分、本校生の中にも”くま鉄LOVE”の生徒がいるはずで、その中には受験の申し込みをした人がいたのでは?ひょっとしたら試験会場でお会いしないかと、ひそかに期待していました。しかし、本校生は誰も会場にいませんでした。きっと、公式テキストブックや問題集等がない中で、どう勉強を進めればいいのか途方に暮れ、断念したのかもしれません。そんな生徒の皆さんに少しでもお役に立てれば・・・、そして同時に、人吉球磨の魅力を少しでも伝えることができればという願いを込めて、ご当地検定大好きで京都観光文化検定2級所持者でもある筆者が「勝手にくま鉄検定」と題して8月末に、120問の問題をアップしました。1回10問の12セット分です。全て4択式で1問10点、10問で100点満点です。

  

 来年2月に実施予定の上級を受験する際に必要な中級の合格通知が、9月末に無事に届きました。そこで、実際に出題されていた初級・中級の問題(試験終了後、回収)も思い出しながら、問題の再構成を図り、10月中旬には「おまけ編」3セットを新作して内 容を補強しました。

  中には、多少マニアックな問題も入っていますが、力試しに遊び感覚で解いてみてください。60点以上で初級、70点以上で中級、80点以上で上級、90点以上で特級というのが、この「勝手にくま鉄検定」の合否の目安です。解答と解説付きですから、間違えた問題は本番に備えてしっかり覚えておきましょう。

 

 実際のくま鉄検定の初級・中級は、○×式で出題されていました。上級や特級の出題形式は未発表ですが、4択式の難しい問題で十分に実力をつけておくと、本番では雲が晴れたように簡単に解けるかもしれません。

 なお、60点以上で初級、70点以上で中級・・・とか書きましたが、実際の「くま鉄検定」の各級との相関は全くないことをお断りしておきます。

 

 作問に際しては実際に各駅に足を運び取材するなど、考証には力を尽くしたつもりですが、誤植や誤っている箇所等がありましたら連絡していただけると幸いです。

 

 

 

勝手にくま鉄検定「第1セット」.pdf

勝手にくま鉄検定「第2セット」.pdf

勝手にくま鉄検定「第3セット」.pdf

勝手にくま鉄検定「第4セット」.pdf

 勝手にくま鉄検定「第5セット」.pdf

勝手にくま鉄検定「第6セット」.pdf

勝手にくま鉄検定「第7セット」.pdf

勝手にくま鉄検定「第8セット」.pdf

勝手にくま鉄検定「第9セット」.pdf

勝手にくま鉄検定「第10セット」.pdf

勝手にくま鉄検定「第11セット」 .pdf

勝手にくま鉄検定「第12セット」.pdf

勝手にくま鉄検定「おまけ編1(写真判定)」.pdf

勝手にくま鉄検定「おまけ編2(適語補充)」.pdf

勝手にくま鉄検定「おまけ編3(論述対策)」.pdf

 

勝手にくま鉄検定解答用紙.pdf

 

今後、予告なく内容を修正しながら改善していく予定です!