部員  32名   3年生  13名(マネージャー 1名)
           2年生   7名(マネージャー 1名)
           1年生  10名(マネージャー 1名・女子選手 3名)


 顧問   3名   松本 圭史 , 園田 順香 , 力 貴志

 
チーム目標
   「ディフェンスをアグレッシブに

      確実にボックスアウトからマイボールに

          速攻からシンプルに得点に繋げるバスケット」

   を目標に掲げ、日々の練習に取り組んでいます

   一人一人、実力も得意分野もそれぞれ、経験者・未経験者関係ありません。
   個性を伸ばし、全員がそれぞれのステージで輝くことができます。
   みなさんも、球磨工業高校バスケットボール部で人間力を磨き、高校生としてバスケットプレイヤーとして
   私たちと一緒に輝いてみませんか?自分に挑戦し続けよう!

ブログ

バスケットボール部

【バスケットボール部】平成31年度 高校総体

日時  5月31日(金)~6月1日(土)高校総体バスケットボール競技が行われました。

1回戦 73ー37 矢部高校 

2回戦 48ー75 人吉高校

 

1回戦の宇土高校戦では3年生は全員出場・全員得点で勝利することができました。

2回戦の人吉高校戦では、前半からスピーディな展開に持って行くことができましたが、要所でファールが起こり、苦しい戦いとなりました。最後まで諦めることなく頑張りきれたのは、本当に多くの方々に応援して頂いた支えがあったからであると感じております。結果は負けてしまいましたが、フィジカル面やメンタル面など最後の高校総体に相応しいバスケットボールプレイヤーとしての立ち振る舞いをすることができました。チーム全体として、素晴らしい人間力の答え合わせができたのではないかと思います。

試合後、選手たちは大変悔しい表情を浮かべておりましたが、生徒たちは自ら、保護者の方々に「今までありがとう」と感謝の気持ちを伝えている場面もあり、ものすごく生徒たちの成長を感じました。

今後は、この悔しさを糧に、進路実現に向けて頑張って欲しいと思います。

 

「全ては社会に出て可愛がられる人間になるために」

戦うフィールドは違えど、人生の勝利者を目指し、これからも全力で頑張ります。

 

沢山のご声援、本当にありがとうございました。

新チームになりますが、今後とも宜しくお願い致します。

 

【バスケットボール部】平成31年度 第14回九州工業系高等学校バスケットボール交歓大会

日時  5月3~5日

佐賀県唐津市で第14回九州工業系バスケットボール交歓大会が行われました。

初日は唐津工業高校(佐賀県)との対戦でした。

相手は佐賀県ベスト8の実力校ということもあり、選手たちの表情も硬く緊張していました。序盤から相手にリードを許す展開となり前半は苦しい戦いとなりました。後半からは自分たちらしさを少しずつ出すことができましたが、あと一歩及ばず負けてしまいました。選手たちは非常に悔しい表情でした。

初日が終わり宿舎でのミーティングを行い、課題と対策を明確にして翌日に備えました。

2日目は上位リーグ(1位~12位)と下位リーグ(13位~24位)に分かれ、三角形のリーグを行いました。本校の対戦相手は塩田工業高校(佐賀県)と鹿町工業高校(長崎県)でした。2試合とも初日の課題として残った試合の入り方にこだわった試合内容にすることができ、手応えを感じた様子でした。控えのメンバーも全員出場し、チーム全体として経験値を積むことができました。

3日目最終日では下位リーグの勝ち上がり順位決定トーナメントでした。2日目を2勝したチームが4校あり、非常に厳しい試合になると予想していました。準決勝は敬徳高校(佐賀県)でした。試合の入りも前日同様に高い熱量で頑張ることができ、前半でリードを奪うことができました。後半になり、メンバー交代をしていくなかで一気に相手に流れがいった時間帯もあり、まだまだ課題の残る試合内容でしたが、勝利することができました。

決勝戦では大村工業高校(長崎県)との試合でした。序盤でリードを奪ったものの、すぐに追いつかれてしまい、終始シーソーゲームでした。相手も勢いのあるチームであったため、シュートが立て続けに入る時間帯もあり非常に苦しい試合でした。しかし、本校の選手たちは、どんなに流れが悪い時でも、冷静に判断し、声を出し、アグレッシブなプレイやり続け、やり抜いてくれました。その結果、初日の負け以降2日目・3日目を全勝し、下位リーグでのブロック優勝(13位)という形で大会を終えることができました。

今大会を振り返り、生徒たちは大きく自信をつけた表情を見せてくれました。また、キャプテンの田浦一誠君は「自分たちは気持ち次第でどれだけでも強くなれる、だから高校総体までにもっとプレイ面も精神面も強くなりたい」と、とても心強く頼もしい言葉をくれました。その言葉通りに、スタッフも含めてチーム一丸となり頑張っていきたいと思います。

 

遠方にも関わらず、応援に来て頂きました保護者の皆様をはじめ、応援して頂きました皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。ご声援本当にありがとうございました。

 

今後とも球磨工業高校バスケットボール部を宜しくお願い致します

 

                優勝賞品の大会記念ボールと共に全員で集合写真

 

               玄海町次世代エネルギーパークにも行きました!

            恋人の聖地浜野浦の棚田展望台にて集合写真

スコア

初 日  ●球磨工業 48 ― 74 ○唐津工業(佐賀県)

2日目  ○球磨工業 76 ― 41 ●鹿町工業(長崎県)

     ○球磨工業 95 ― 47 ●塩田工業(佐賀県)

3日目【13位~16位順位決定戦】 

【準決勝】○球磨工業 95 ― 47 ●敬  徳(佐賀県)

【決 勝】○球磨工業 95 ― 47 ●大村工業(長崎県)

【バスケットボール部】体育館競技種目として

     

 

新年度も始まり、式典などで体育館を使用する機会が多くあります。

式典ではシート敷き~イス並べ、掃除など各方面で準備しなければなりません。

今年度もバスケットボール部を中心として準備を任されました。新入生を気持ちよく迎え入れるため、2・3年生が周りに気を配り、しっかりと準備してくれました。

体育館競技の部活動として、他の生徒よりも長い時間体育館を使用させてもらう責任は、このような式典の準備や片付けを、日頃の感謝の気持ちを持って取り組むことであると考えています。

完成後は、誇らしげな表情でと充実感いっぱいの笑顔で終えることができました。

新入生の入部を心よりお待ちしています。

今年度もバスケットボール部を宜しくお願い致します。

 

今後の予定

4月

11日(木)19時~ 保護者会

26日(金)人吉・球磨地区体育大会

27日~28日 南九州大会(熊本開催)※本校は出場しません

30日~1日 休み

5月

2日(木)練習試合(本校・社会人)

3日~5日 九州工業系バスケットボール大会(佐賀県)

6日 休み

【バスケットボール部】肥薩大会建四郎杯 3位

日時 2月2日・3日に肥薩地区バスケットボール大会が行われました。

初日の予選リーグでは川内商工と出水中央高校と戦いました。

2試合とも試合の入りがよく、主力選手らが頑張ってくれましたので、ベンチメンバー全員を出場させることができ、1位で決勝トーナメントへ進出することができました。

2日目の決勝トーナメント1回戦は出水高校でした。試合序盤で相手のシュートが立て続けに入り、追いかける展開になりました。一時は大きくリードを許してしまいましたが、後半に10点台まで追い上げました。しかし、大事な場面でのシュートミスやパスミスが目立ってしまい、僅かに及びませんでした。

3位決定戦では鹿児島情報高校との試合でした。よく練習試合も行っている相手だったので、生徒たちもやりにくさを感じているようでした。しかし、準決勝での負けをバネに気持ちを切り替えてアグレッシブなディフェンスを魅せてくれ、序盤に10点のリードを奪うことができました。そのままのリードで第4Qに入りましたが、徐々に追いつかれ、苦しい展開になりましたが、最後まで集中力を切らすことなく1点差で勝利し3位に入ることができました。

2日間を通して多くの収穫もあり、多くの課題も明確化することができました。また、「コート上での選手の謙虚な立ち振る舞いに感動しました!」との声もいただき、試合の勝利以上に人としてスポーツマンとしての成長を感じることもできました。この選手たちに1つでも多くの自信や勝利の喜びを実感してもらえるように監督自身も成長していかなければと身の引き締まる思いになりました。最終目標である高校総体に向けて、1つ1つステップアップしていけるように頑張りたいと思います。

たくさんのご声援ありがとうございました。

 

試合結果

【予選リーグ】

1回戦 〇球磨工 70 - 34 出水中央

2回戦 〇球磨工 70 - 46 川内商工

 

【決勝トーナメント】

準決勝 ●球磨工 48 - 72 出水

3位決 〇球磨工 53 - 52 鹿児島情報

【2019年 年末~初詣&初練習】

 

新年あけましておめでとうございます

昨年は年末ぎりぎりまで大変お世話になりました。

初練習ではOBの方々に来て頂き、良い緊張感のある練習試合ができました。ありがとうございました。

年末の試合及び錬成会の結果です。

12月22日~24日 霧島盆地高等学校バスケットボール大会:(都城会場)

12月25日~27日 錬成会(人吉スポーツパレス)

12月29日~30日 カルロスカップ(熊本市内)

【】

予選リーグ

 球磨工業【勝ち】76 - 74樟南高校(鹿児島)

 球磨工業【勝ち】 - 都城西 (宮崎)

決勝リーグ

 球磨工業【負け】 - 都城工業(宮崎)

 球磨工業【負け】 - 佐土原 (宮崎)

 

予選リーグでは格上相手にも果敢に挑み、2試合とも接戦を勝ち切ることができました。

決勝リーグでは接戦までもっていくことができましたが、要所でミスが目立ち、勝つことができませんでした。今大会では主要選手がケガや病気に苦しむというチーム状況の中での試合でした。そんな中でも多くのメンバーがチャンスや成長のキッカケを掴むという、試合結果以上にとても充実した大会となりました。

 

【25日~27日 錬成会】

参加チーム

 鹿児島情報・天草工業・下関工科・日田林工・都城工業・玉名工業・人吉高校・出水工業

 

前日までの試合の反省を生かし、課題の克服に積極的に取り組む様子が見受けられました。

生徒たち自身も、自分たちの強さはバスケットボールを本気で楽しむことが出来たときであると自覚したようでした。どんな相手にも果敢に挑み、チーム力で戦い、楽しみながら勝ち切ることを目標に今後も頑張りたいと思います。

 

【29日~30日 カルロスカップ】

予選トーナメント

 球磨工業【負け】51 - 80東筑高校(福岡)

 球磨工業【勝ち】73 - 68熊本農業(熊本)

 

予選トーナメントで勝ち上がることが出来なかったため、2日目は錬成会となりました。

この日も体調不良者が多い中での戦いとなりました。終業式後の連戦での疲れもあり、中々パフォーマンスが上がらない中での試合となりました。そんな中でも、普段あまりチャンスをもらえない選手たちが奮起し、頑張ってくれました。1回戦は負けてしまったものの、2回戦では終始接戦でしたが、ボールに対しての執着心や精神的な強さを発揮し勝つことができました。生徒たちは今月の新人戦につながる形で終えることができて良かったです。

 

いよいよ明日、12日(土)から高校総体の組み合わせに係る新人戦が行われます。

初日は1・2回戦が行われます。初戦の相手は宇土高校です。今までの練習の成果を十分に発揮し、結果にこだわり球磨工らしいバスケット展開で、楽しみながら勝利を掴みとります。

応援宜しくお願いします。

【日時・場所】

1月12日(土) 1回戦 第3試合 対 宇土高校

      勝利で2回戦 第6試合 対 熊本高校・玉名工業の勝者  

 

今年も球磨工業バスケットボール部を宜しくお願い致します。

【第32回城南地区バスケットボール大会 準優勝】

予選リーグ    12月2日

決勝トーナメント 12月15日・16日

という日程で、第32回城南地区バスケットボール大会が行われました。

予選リーグは秀岳館高校と八代高校との対戦でした。

予選1試合目の秀岳館高校との試合では、出だしも良く序盤にリードを奪うことに成功しました。後半になり徐々に詰め寄られる時間帯もありましたが、堅実なディフェンスから確実に得点に繋げ勝利することができました。

予選2試合目の八代高校との試合では、前半は相手のディフェンスにペースを乱され、ほとんど点差がつかない状態で折り返しました。後半になると、本校の選手たちは一気にペースを上げ、スピーディーなゲーム展開に持ち運ぶことができ、点差を広げて勝利することができました。

予選リーグ

〇球磨工 79 - 70 秀岳館

〇球磨工 67 - 40 八代

 

【決勝トーナメント】

決勝トーナメント1回戦は矢部高校でした。序盤から大きくリードすることができ、全員出場し勝利することができました。

準決勝は八代工業高校でした。序盤から激しいディフェンスでミスを誘いリードしましたが、中盤に相手の3Pが連続で成功し1点差まで迫られます。しかし、集中を切らすこと無く激しいディフェンスからの速攻で突き放し、勝利することが出来ました。

決勝では人吉高校でした。序盤は我慢の展開が続きますが、オフェンスがうまく機能せず、ターンオーバーから相手に簡単なシュートに持ち込まれました。また、オフェンスリバウンドを相手に多く取られ、点差を離されました。終盤は気持ちを切り替え、持ち前のスピードを活かしたオフェンスと激しいディフェンスで追い上げるも届かず、悔しい敗戦となりました。

 

〇球磨工 90 - 48 矢部

〇球磨工 80 - 61 八代工

●球磨工 70 - 95 人吉



                             

県新人バスケットボール大会

平成27110日(土) 於:熊本高校体育館
平成26年度熊本県高等学校新人バスケットボール大会に出場しました。

■1回戦 球磨工 6756 学園大付属

  
■2
回戦 球磨工 4353 玉名