日誌 令和元年度1学期

卒業式

3月1日(金)、本校体育館で、平成30年度卒業式があり、本山校長より各クラスの代表生徒に卒業証書が授与され、3年間の思い出を胸に、普通科・普通科福祉教養コース・ビジネス情報科の39人が卒業の門出を迎えました。
学校長式辞では、「甲佐高校を巣立ち、新たな組織の中で、なくてはならない人材(人財)であってほしい。2020年、甲佐高校が百周年を迎える日にみなさんに再会することを楽しみにしている。」と、本山校長よりはなむけの言葉が贈られました。
また、ご来賓の皆さまより温かいお祝いのお言葉をいただいた後、2年後藤さんが「先輩方が築かれた「ベストを尽くす」甲佐高校を、踏襲していくことを誓います。」と、送辞を述べ、卒業生を代表して、3年小堀くんが「入学当初、熊本地震があり不安もあったが、皆と協力し乗り越え、様々な行事をとおして盛り上げていけたことが、私たちに大きな力となった」と答辞を述べました。
卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

   校長式辞
 県教育委員会あいさつ  来賓祝辞 熊本県議会議員 大平雄一 様
 来賓祝辞 甲佐町教育委員 福田欣一 様  来賓祝辞 育友会会長 岡元弘樹 様
 来賓の皆様  祝詞・祝電
 答辞  送辞
 3学年の先生方  普通科
 普通科福祉教養コース  ビジネス情報科