日誌 令和元年度1学期

平成30年度転退任式

3月28日(木)、お世話になった4人の先生方を送る転退任式を行いました。
たくさんの卒業生もスーツ姿で駆けつけてくれました。

校長先生からあったように、在校生、卒業生たちは、先生方の話を目と心で聴いていました。
3年間お世話になった野内事務長先生からは、「歴史と伝統ある甲佐高校で学んだことは必ず皆さんのプラスになります。自分や周りの人を信じて少しずつでも前に進んでほしい」という話がありました。7年間お世話になった河野先生からは、ご自身の高校、大学時代のつまづきを話され、「どこに行ったかよりも、何を目指してどう頑張ったかが大切。今、当時を振り返るとつまづいてよかった。皆さんと出会えたから。」と締めくくられました。初任として3年間お世話になった多治見先生からは、「感謝しかない。まずはありがとう。人はなかなか一人では頑張れない。他に頑張っている人がいると頑張れる。」と環境の大切さを話されました。最後に1年7ヶ月お世話になった田尻先生からはイチローのインタビューを聞いて「自分が夢中になれるものを見つければ、自分のエネルギーを注ぐことができる。夢中になれるもの、夢を持ってください。」そして、「どこかで見かけたら必ず声をかけてくださいね。」と再会を期しました。
先生方、たくさんの貢献や思い出を本当にありがとうございました。先生方の今後のご健康、ご活躍をお祈りしております!!