日誌 令和元年度1学期

クライミング部 初めての大会出場!

 

3月21日春分の日、甲佐高校クライミング部として初めて大会に出場しました。大会名は、2019年度国民体育大会スポーツクライミング競技熊本県選手選考会といい、いわゆる「国体予選」です。
クライミングは高体連の種目にないため(山岳競技はありますが)、高校総体では競技は行われず、大きな大会といえばこの国体予選(勝ち上がれば国体)と12月の全国高等学校選抜クライミング選手権大会くらいになります。
国体のため少年(中3~高3)というカテゴリーになり、3月現在で中2から高2の生徒が出場します。カテゴリーは少年男・女、成年男・女の4つがあります。

甲佐高校でボルダーの練習はできますが、リードの練習はなかなかできず、またリードそのものがボルダーにくらべるといろいろな意味で敷居が高いため、これまで「国体予選に出ます」という生徒は現れませんでした。
しかし今年、部員Kががんばり、十分とはいえないまでもリードの練習も積み、甲佐高校クライミング部ができて3年目で初めて、今回この国体予選に出場することができました。

午前中はえがお健康スタジアムでボルダリングが行われました。雨模様で湿度が高く決してよいコンディションではありませんでした。部員Kも「ホールドがぬめる」と言っていました。競技は1つの壁に2つの課題があり、それを6分で登ります。そしてその壁が2つ、合計4つの課題に挑みます。オブザベーションという下見(観察)の時間はとってありますが、他の選手の登りは見ることができず、つまりほとんど初見(オンサイトという)で登ることになります。

1つの壁に対峙するその6分間、1人で登ります。相手は壁だけ。孤独です。うしろからは応援の「ガンバ!」の声。初めて見る課題、初めてさわるホールドに対して持てる力を総動員してトライします。
この重圧に耐えてよくがんばりました。

午後は天気も持ち直し、熊本県立総合体育館に移動してリード競技。リードも部員K、よくがんばりました。粘りのクライミングでした。粘りのクライミングに他のどの選手より観客から多くの応援「ガンバ!」の声が飛びました。

結果はどうしても経験の差が出ます。上位の選手はこの本番の壁に常連と言っていいほど練習に通っています。残念ながら3位入賞は果たせませんでした。
しかし何度でも書きます。重圧に耐えてほんとうによくがんばりました。これから1年、練習してレベルアップして、またこの大会に出たいですね。部員K、お疲れ様。そしてガンバ!

☆副顧問Sより☆
今回、初めてクライミングの大会を観戦した顧問Sです。上記のように、競技中、選手は壁の課題だけに向き合い、しかも6分という制限時間の中でいかにして上まで登るのかを競い合う世界に驚きの連続でした。出場選手がほぼかなりの経験者という、プレッシャーもかかるであろう雰囲気の中で、部員Kくん、よく頑張りました!大変お疲れ様でした!
朝早くから応援に駆けつけて下さった皆様、ありがとうございました(^^)