日誌 平成30年度3学期

平成30年度3学期

図南鵬翼

横浜在住の同窓生、坂倉由江(昭和53年卒、旧姓園田)様から創立100周年を記念して、「図南鵬翼」と書かれた書の寄贈がありました。図南鵬翼(となんほうよく)とは、鵬(おおとり)が空高く舞い上がり南の海に向けて飛翔するという意味で、大志を抱いて力強く生きるという願いが込められています。甲佐高校の生徒が大志を持って頑張ってほしいという思いで寄贈されました。

海外研修報告

終業式の午後、緑友会(甲佐高校同窓会)の甲斐会長に向けて、海外研修報告を行いました。商業関係学科に学ぶ県内の高校9校、16名を対象に、12月に香港で行われた3泊4日の海外研修です。
参加した3人は、夜景のすばらしさ、日本製品のブランド力の高さなどを目の当たりにし、現地で生の体験ができたことで視野が広がったようです。また、香港の高校生との交流をとおして食文化の違いや、香港の高校生の語学力の高さに驚いたことも大いに刺激になったそうです。まさに、「百見は一験に如かず」ですね。

カタリ場!

少しさかのぼること3月19日(火)、NPO法人カタリバ様のご協力によりキャリア学習プログラムカタリ場が行われました。大学生の先輩と語り合いながら、生徒たちが自分の想いに気づいたり将来の目標を意識したりするもので、「未来は創れる!」がテーマです。
最初にグループで座談会形式で話をした後、①さかなおさん、②しおりんさん、③かんかんさんの話を聞きに行く人と、差し向かいで大学生と話をする人に分かれ、最後にグループに戻って今日のまとめをする、という流れでした。大学生のみなさんと1対1で話し込んだり、一緒に考えをまとめたり、時間が進むにつれて生徒たちの表情が変わっていくのが印象的でした。
最後に、これからに向けての決意や高校卒業の時の自分にメッセージを書きました。「当たり前のことが当たり前じゃない、ということに気づいた」「今まで言えなかったことを言うことができた」「話を聞いて涙が出そうになった。友達を大切にしたいと思った。」「これまで考えてもなかったことに気づかされた」などなど、大学生と過ごしたことでたくさんの学びがあったようです。カタリバのみなさん、ありがとうございました!

最初は座談会

先輩の話を聞きに行きます。

先輩と差し向かいで話を深めます・・・

どんな発見や成長があったのか、後日報告いたします(^_^)

3学期終業式

3月20日(水)、3学期表彰式、終業式が行われました。

表彰式では、介護技術コンテストの優良賞となった平川さん(2年・湖東中出身)、松村さん(2年・御船中出身)をはじめ、1カ年皆勤賞、精勤賞の生徒17名が表彰されました。校長先生からは、部活動や地域貢献をとおして甲佐高校をさらに盛り上げていこう、ということや次年度に向けて春休みを有意義に過ごしてほしいという、お話がありました。
 生徒それぞれが今年一年を振り返り、来年度に向けての決意を胸にしました。

  

 

 

 

ピカピカ!校内クリーンアップ!

本日の町内クリーンアップは、雨天のため校内クリーンアップに変更し、普段はあまり掃除が行き届いていない箇所を全生徒、職員で入念にお掃除しました。日々使っている校舎に感謝しながら、ゴミの分別もしっかりとおこない、明日、終業式を迎える甲佐高校はピカピカ綺麗になりました(^^)