日誌

北高の日々

北辰週間実施中

 北高生徒会による自治活動週間「北辰週間」を9月9日~13日の期間で実施しています。
各種委員会より今月の目標や注意点を全校集会で呼びかけました。目標をもち皆で努力する自主性が大いに見られました。
 また、20日(金)~21日(土)に催される北陵祭(文化祭)に向けて、現在多くの生徒が準備や練習をしています。ぜひ、21日(土)に本校へお越しください。
 写真は、生徒会によるあいさつ運動の様子です。

水泳部九州大会出場!

8月30日(土)、9月1日(日)に新人戦(競泳)が行われました。主な結果をお知らせします。

○標準記録突破により九州大会(末広杯)出場
野内 大嵩(1-7)男子50M自由形2位表彰台
野内 大嵩(1-7)男子100M背泳ぎ6位入賞
村上 京華(1-S)女子50M平泳ぎ4位入賞
村上 京華(1-S)女子50M背泳ぎ5位入賞
一宝 彩乃(2-3)女子50Mバタフライ5位入賞
一宝 彩乃(2-3)女子200M個人メドレー
男子4×100Mフリーリレー9位

○その他の成績
広川 平(2-F)男子50M背泳ぎ6位
女子4×100Mフリーリレー7位

9月28日(土)、29日(日)に福岡県で行われる九州大会に出場します。お祝い
応援よろしくお願いします。笑う

大学入試センター試験出願説明会を行いました

 9月5日(木)7限目、本校体育館にて3年生を対象に大学入試センター試験出願説明会が実施されました。豆塚進路指導主事の説明や注意事項を聞きながら、生徒たちは慎重に志願票に下書きを行いました!併せて、センター試験に臨む姿勢についても話がありました。3年生のみなさん、自分の目標に向かって頑張ってくださいにっこり

英語科に留学生が来ました!

 英語科1年にイタリアからフランチェスカさんが留学生としてやって来ました。2学期から来年6月まで英語科のクラスメートとして、日本での高校生活を送ることになります。
9月20日(金)・21日(土)は北陵祭(文化祭)が行われます。フランチェスカさん、本校で友達をたくさんつくり、日本の高校生活をエンジョイしてくださいね了解

(茶道部員と一緒に:写真中央がフランチェスカさん)

「新たな道路で描く未来の都市づくりシンポジウム」に参加しました!

 令和元年8月28日(水)に、アクティブリサーチⅡ課題研究社会科学班の2年生7名が、熊本市国際交流会館6・7Fホールで開催された新たな道路で描く未来の都市づくりシンポジウムに参加し、意見発表を行いました。主催は、熊本都市道路ネットワーク検討会(国土交通省熊本河川国道事務所・熊本県・熊本市・熊本商工会議所)で、シンポジウムには、以下の方々が参加されていました。
コーディネーター 
坂本  正 氏(熊本学園大学シニア客員教授)
パネリスト
久我 彰登 氏(熊本商工会議所会頭)
倉橋 恭加 氏(郷土料理「青柳」女将)
円山 琢也 氏(熊本大学くまもと水環境・減災研究教育センター准教授)
鈴木  学 氏(国土交通省熊本河川国道事務所長)
田嶋  徹 氏(熊本県副知事)
大西 一史 氏(熊本市長)


 1枚目の写真は、本校生徒の発表のようす、2枚目の写真は、発表後、大西市長との記念撮影のようすです。
 定員約200名の会場は満員。その中で、これまでに取り組んだ研究内容をもとに、堂々とした意見発表を行いました。発表では、熊本市の未来の姿をイメージしたイラストなどを提示し、参加者の方々から高い評価を受けることができました。また、シンポジウムへの参加準備を通して、熊本市の道路交通事情についても詳しく知ることができました。熊本市は、渋滞件数、市内中心部から空港までのアクセスといった多くの面で改善の余地があるそうです。シンポジウムでは、大西市長が「植木方面の方々が、益城町のグランメッセの催しに参加するために車を利用しようとしたとき、一体どれだけの時間がかかるのか」といった問いかけに、本校生をはじめ会場全体が郷土の現状を改めて認識する場面がありました。
 社会科学班では、今後も熊本市の道路交通事情の課題とその解決策について調査・研究を頑張っていきますにっこり

ALT新任式・表彰式・2学期始業式

 本校は県の英語フロンティアハイスクールに指定され、9月から新しく2人のALTの先生が赴任されました。アメリカ出身のマシュー先生とイギリス出身のサリー先生、個性豊かな2人の先生です。この熊本北高校に少しずつ慣れていってください。ご指導よろしくお願いします!

 続いて、生徒の表彰を行いました。吹奏楽部、テニス部、剣道部の3つの部活動での表彰です。みなさんそれぞれにしっかり頑張った結果だと思います。今後も精進していってください!キラキラ

 その後は始業式です。校長先生は「2学期は、1・2年生は北陵祭の準備が、3年生はセンター試験出願説明会が最初に待っている。それに向けて頑張っていってほしい。またそれだけでなく、普段の授業や学習を通して、幅広い視野を獲得していってほしい。」という内容の話をされました。

 2学期が始まりました。2学期は様々な行事があり、楽しくも長い学期となります。1つずつ、しっかり頑張っていきましょう!

 

 

 

ALTの先生方と英語で交流しました(英語科合宿)

 8月23日(金)から1泊2日の日程で、あしきた青少年の家を会場に英語科合宿を行いました。この合宿は、英語科1・2年生全員を対象に、ALTの先生方やクラスメートと寝食を共にしながら英語コミュニケーション力の向上を目的に、毎年実施している研修です。今年度は、県内の10名のALTを講師として迎え、グループ別のワークショップや9月20日(金)、21日(土)に行われる北陵祭での英語劇やステージ発表の練習などを行いました。

 

2019 熊本ダンスフェスティバル

8月31日(土)に鶴屋百貨店(鶴屋ホール)で行われた「2019熊本ダンスフェスティバル」(主催:熊本県ダンススポーツ連盟)に本校のダンス部も出場しました。

 

職員研修を行いました。

8月29日(木)に職員研修を行いました。

 最初に本校スクールカウンセラーの平島綾先生から生徒に接する上での心がけについてアドバイスをいただきました。次に、SSH研究部の研修として、熊本大学の川越明日香先生から、評価の方法、特にルーブリックを活用した評価について指導助言をいただきました。学習目標を生徒と共有し、学習活動の具体的なフィードバックを行う上で、ルーブリックの有用性が確認できました。その後は6つの研究グループに分かれて、2学期以降の活動方針について確認しました。午前の最後は不適正経理防止、公文書作成について事務長から説明がありました。

 午後は新学習指導要領へ向けた準備とポートフォリオの活用について研修を行いました。特にポートフォリオではベネッセコーポレーションから講師を招き、講義と演習を行いました。続いて教育の情報化のテーマでICT機器の授業での活用についてグループで意見交換を行い、最後にハラスメント防止の研修を行いました。

 終日に及ぶ研修でしたが、職員間の意見交換も活気にあふれ、2学期からの教育活動につながる、内容の深いものとなりました。

  

 スクールカウンセラー講話     ルーブリックの活用

 

   SSH研究グループ        ポートフォリオ演習

  意見交換(授業でのICT活用)

英語科の生徒がサンアントニオ市へ派遣

8月5日(月)~8月15日(木)まで、本校英語科1・2年の生徒5人が、熊本日米協会主催「TOMODACHI Initiative」事業で米国サンアントニオ市を訪れています。米国の生活や文化にふれ、「学びのおみやげ」をたくさん持ち帰ってください。

【出発前の熊本空港にて】