北高の日々

5月最後の授業風景

今日は5月29日、各クラスを奇数番号と偶数番号に分け、午前・午後の分散登校で授業を行っています。

6月1日からは学校での教育活動が再開されます。毎朝の検温をはじめ新型コロナウイルス感染症防止の対策を踏まえながら、生徒・職員全員が揃う中で楽しく学校生活を進めていきましょう!

 

AR2(課題研究)用の畑作り(その3)

野菜の苗を植え替えました。

手前から落花生とオクラとキュウリと枝豆の苗です。

  

5月8日に、体育館前の畑に植え替えました。

先日、このブログで畑作りの事を知ったという保護者の方から、肥料を頂きました。

早速畑に撒きました。とても嬉しくその後の作業が活気づきました。ありがとうございます。

  

ARⅡの看板も完成。

この畑を使って、いろいろなテーマで研究が出来そうです。

例えば、生物分野では、植物の生育調査、植物に来る生物調査、植物の短日処理、地学、化学分野では、土壌の改良調査、物理分野では、太陽光発電など。

実際に出来るかも含めて、研究テーマを考えると良いですね。

休校期間中の新たな学習活動に向けて② ~授業解説動画にチャレンジ~

5月8日(金)の午前中は、新たな学習活動に向けた職員研修を行いましたが、研修後には早速、公民、英語、物理、化学の先生が授業解説動画の作成にチャレンジしていました。
4月からの休校期間中、数学や生物では、自作の授業解説動画を生徒への限定公開でYouTubeにアップロードしたり、web会議アプリZoomを使ってオンライン授業を行ったりするなどの実践が行われています。先生たちのチャレンジは広がりをみせています。

休校期間中の新たな学習活動に向けて① ~職員研修を行いました~

5月7日から31日まで県立学校は休校が続いていますが、5月11日からの週からは、特別時間割を本校HPの特設サイトに提示し、生徒は各学年・クラスの時間割に応じて参考動画等を視聴して、確認テストを行うなどの家庭学習を進めていくことになります。
その準備として、5月8日(金)に職員研修を行いました。内容は①特別時間割に基づく学習活動の概要、②スタディサプリの利用法、③Microsoft Formsによる確認テスト・アンケートの作り方 の3つです。休校期間中の生徒の学力向上に向け、オンラインを前提とした学習ツールの活用法を考え合いました。
北高の職員一同、新型コロナウイルスに負けまいと一生懸命頑張っています。ピンチはチャンスです! 生徒の皆さん、今自分にできることを一つひとつしっかり頑張りましょう! 保護者の皆様、学校と力を合せて、子どもたちのピンチをチャンスに変えていきましょう!

①特別時間割に基づく学習活動の概要
各教科でHP上に示す時間割や学習メニューについて共通理解を持ちました。


②スタディサプリの利用法
休校期間中、また学校再開後の学習補助教材として、これから活用していきます。宿題の配信や生徒の学習状況の確認等、便利な機能の使い方を確認しました。


③Microsoft Formsによる確認テスト・アンケートの作り方
特別時間割の学習内容を生徒が確認できる復習テストや、健康観察などのアンケートの作り方を確認しました。すでに確認テストをいくつか作っている先生もいました。