日誌

北高の日々

英語科の生徒がサンアントニオ市へ派遣

8月5日(月)~8月15日(木)まで、本校英語科1・2年の生徒5人が、熊本日米協会主催「TOMODACHI Initiative」事業で米国サンアントニオ市を訪れています。米国の生活や文化にふれ、「学びのおみやげ」をたくさん持ち帰ってください。

【出発前の熊本空港にて】

インターンシップ(済生会熊本病院)を行いました。

 8月1日から熊本北高校ではインターンシップを行っております。8日には済生会熊本病院で午前中は研修、午後からは看護体験をさせて頂きました。
 研修はクイズ形式で病院や医療のこと、熊本の病院の連携などを楽しく教えて頂きました。その後、病院の中を見学させて頂き、一つ一つ丁寧に説明してもらいました。
 午後からは実際に看護体験をさせて頂きました。初めて持つ医療器具に最初は戸惑いながらも、最後まで楽しく研修を行い、たくさんのことを学びました。
 医療系を志望する2人が参加しましたが、将来の夢に向けた学習を行う活力になったようです。あたたかく迎えてくださいました済生会熊本病院さま、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

オープンスクール英語科体験授業

8月2日(金)に行われた本校のオープンスクールで英語科の体験授業を開催しました。90名近くの中学生のみなさんが参加してくれました。40分の授業はスピーキング活動が中心でしたが,みなさん積極的にペアワークやグループワークを行っていました。他校の生徒とも楽しく笑顔で交流しつつ,英語で立派にコミュニケーションをはかることができました。

【2クラスにわかれての体験授業の様子】

 

『理数科実験会』in北高オープンスクールの開催

8月2日(金)北高オープンスクールで『理数科実験会』が開催されました。今年は昨年より参加希望が多く、中学生115人(+保護者19人)が体験しました。「物理」・「化学」・「生物」の3分野の実験会の内容は、物理「バランストンボをつくろう」、化学「銀の鏡と銀の結晶」、生物は「ミクロの世界の体験」と題して行われ、参加中学生は笑顔で楽しそうに実験に取り組んでくれていました。また、北高理数科1~3年生のサポートもありスムーズに実験会は終了いたしました。来年度も実施予定です。多くの皆様の参加をお待ちしています。

【ミクロの世界の体験】

【ミクロの世界の体験】

 

【銀の鏡と銀の結晶(酸化銅の還元)】

【バランストンボを作ろう】

オープンスクール(学校説明会)を行いました。

8月2日(金)にオープンスクールを行いました。今年度は約1,100人の方に参加してもらいました。

本校の生徒会、英語科、理数科の生徒達が学校の特徴や生徒の様子を説明し、その後、本校生が校舎見学の案内を行いました。また、理数科、英語科の実験会や体験授業も実施しました。

当日は暑い中たくさんのご参加ありがとうございました。

中学3年生の皆さんは高校受験が控えてますが、ぜひ北高に入学して、勉強も部活動も学校生活も充実したものにしませんか?

北高の先輩たちはみなさんの入学を楽しみに待っています。

 

 

吹奏楽部、九州大会出場が決定しました!

令和元年7月30日、熊本県立劇場コンサートホールで、「第64回九州吹奏楽コンクール熊本支部予選代表選考会」が行われました。九州大会代表を選考する大会とあって、本校吹奏楽部も緊張感をもって臨みました。演奏するのは課題曲と自由曲の2曲です。2曲合わせての制限時間は12分です。

九州大会に出場できるのは、32校のうち2校。閉会式で代表校が発表される直前、部員の緊張がピークに達します。2番目に「熊本北高校!」と呼ばれ、一気に歓声が上がりました。

これまで毎日積み重ねてきた練習の成果を発揮し、念願の九州大会への切符を手にすることができました。8月25日に熊本で行われる九州大会での演奏にご期待ください。会場は熊本県立劇場です。

(*大会の規程上、演奏時の写真撮影ができませんでした。)

 

熊本県高校生県議会に参加しました

 7月29日(月)に、令和元年度熊本県高校生県議会が実施され、本校から3年生4人が参加しました。4人は熊本県の企業誘致や高校生に対する雇用情報の提供について質問を行いました。県政に対する質問を行うにあたり、議会事務局で事前研修を受けたり、相当な時間を使って調べ学習をしたりしたことで、地方行政を身近に感じることができました。

 

写真部活動紹介『北高DAYS』

写真部は、北高生の現在進行形の青春を切り取った作品を「北高DAYS」として掲示しています。掲示板は1年かけて、北高生の活躍や日常風景で埋め尽くされる予定です。

 

自分で作る『お弁当の日』IN クラスマッチ

毎年、クラスマッチの時に実施している自分でお弁当を作って学校に持ってくる『お弁当の日』。

サンドイッチやマフィン(デザート)、大好きなおかずをお気に入りのお弁当箱に入れて持ってきた人などイロイロ。

 今年は育友会からお米を買っていただきました。

そのお米を炊いて、お弁当が足りなかった人は、『おにぎり』を作って食べることができました。

 少し遅れた来た人は、ごはんがなくなってしまい『おにぎり』が作れなかった人もいました。

クラスマッチで運動したから、お弁当が足りなかった? 

   

ウルグアイ東方共和国大使による出前講座

  ラグビーワールドカップの開催年にあたり、ウルグアイ東方共和国特命全権大使のセサル・フェレール氏が7月22日(月)に本校を訪問し、本校生にウルグアイについてスペイン語で講義をしていただきました。講義後の質疑応答の時間では、生徒から「ウルグアイのお薦めの場所は?」、「ウルグアイの伝統行事は?」、「ウルグアイの夏休みが2か月間あるのは本当か?」など英語で質問が出され、フェレール大使も時々ジョークを交えながら答えていただき、ウルグアイについて理解を深める良い機会となりました。