0 9 2 1 4
ブログへ
理数科カリキュラム

 科学的な創造力・独創力・探究心を育成します

スーパーサイエンスⅠ(科学的能力開発ゼミ)

物理・化学・生物・地学・数学の各分野から、科学的な創造力・独創力・探究心を培い、「仮説→観察・実験→結果・考察→まとめ(レポート作成)」といった課題研究を行う基礎を身に付ける授業。


グループ令和元年度 実施予定内容

  • SST(ソーシャルスキル・トレーニング)[4月]
  • 生物学・地学探究「江津湖の生態調査」 [5~7月]
  • 化学探究「二高ロウソクの科学」    [9~10月]
  • プレ課題研究             [11~1月]
  • 物理学・数学探究「データサイエンス」 [2~3月]

スーパーサイエンスⅡ(課題研究)

 

物理・化学・生物・地学・数学の分野の中から、自分達でテーマを決めて行うグループ研究。


 グループ令和元年度 課題研究 取組テーマ

  • 物理「形状による空気力学的改善」
  • 物理「Let's 防音」
  • 物理「点字ブロックの構造の改良」
  • 化学「いもの可能性」
  • 化学「炎の光で色を作るためには」
  • 化学「臭いの吸着について」
  • 生物「魚の色覚と学習能力について」
  • 生物「イモリの視覚について」
  • 生物「音と植物の関係」
  • 生物「アロエの滅菌・殺菌効果について」
  • 数学「宝くじの期待値と利益について
スーパーサイエンスⅢ

2年次に研究した課題研究の内容を英語でポスターにまとめ、外国人研究生を招いて、全て英語によるポスタープレゼンテーション発表を行う。

 

 科学知識の活用能力を育成します

教科横断型授業(科学情報・科学家庭・科学英語)
学校設定科目「科学情報」「科学家庭」「科学英語」により、総合性の高い科学的リテラシー(科学知識の活用能力)を身に付けます。

絵文字:ノート 科学情報とは
情報社会に対応し、情報機器を活用して画像処理等の基礎から応用までを学ぶ。

絵文字:ノート 科学家庭とは
身の回りの生活に科学的アプローチを用いて取り組み、化学や生物との教科横断型・融合型で家庭科教育を実施することにより、総合的な思考力を育成する。

絵文字:ノート 科学英語とは
科学分野の英語の重要性を認識し、自然科学分野の内容を英語で理解し発表するとともに、速読力・読解力を向上させ、さらに英語コミュニケーション能力を高める。
SS[スーパーサイエンス]3年間計画および理数科行事

 

      


 大学や研究機関と連携し、本校で出前講義を受講。また、他県の大学・研究機関・博物館に足を運び、直に最先端科学技術や最新研究に触れる研修を実施しています

 鉛筆特別授業・研修

  • [SSⅠ生物学・地学探究 江津湖の水環境と水生生物調査]事前学習、特別講義「熊本の水田と地下水循環」 熊本大学工学部 濱 武英教授
  • 3科合同特別講義「ITメディア概論」宝塚大学 井上 幸喜教授[全2回]
  • 関西研修(8/6~8)  京都大学オープンキャンパス参加、SSH生徒研究発表会参加、               株式会社島津製作所視察 ※台風8号の影響のため、視察見送り
  • 3科合同研修「女性研究者訪問授業」本田技術研究所
  • SSH特別講演会「スポーツドクターという仕事」国立スポーツ科学センター 土肥 美智子氏
  • 美術科との合同特別授業「九州国立博物館保存科学講義・バックヤードツアー」
  • 3科合同講師滞在型特別講義「五感を科学するプロジェクト~五感を意識した体験~」横浜国立大学大学院環境情報研究院社会環境と情報部門 岡嶋 克典教授                                       理数科1,2年 講演・ワークショップ「視覚色彩工学」1年全体特別講演会「色と食AR」3科合同講演・ワークショップ(希望者)「食AR体験」
  • 3科合同特別講義「くまもと地域復興論」および「現地研修」熊本大学くまもと水循環・減災研究教育センター減災型社会システム部門 鳥井 真之特任准教授
  • 3科合同研修「研究成果発表会におけるプレゼンテーション講座」[全2回]
  • サイエンスセミナーinくまもと[科学系部活動生徒合同研修会]

 

研究成果をまとめ、様々な場面で発表しています

 会議・研修外部発表[コンテスト・学会]

  • 「英語による課題研究ポスタープレゼンテーション」熊本大学理系外国人留学生招へい【理数科3年】
  • 「サイエンスインターハイ@SOJO」崇城大学【理数科3年】
  • 「SSH生徒研究発表会」神戸国際会議場【理数科3年課題研究物理班:発泡スチロールにおける防音効果の検証】
  • 「中国・四国・九州地区理数科高等学校課題研究発表大会」【理数科3年】
  • 「熊本県公立高等学校理数科研究発表会」【理数科1,2年】
  • 「科学の甲子園全国大会熊本県出場校選考会」【理数科1,2年】
  • 「KSH(熊本県スーパーハイスクール)指定校合同課題研究発表会」【理数科2年】
  • 「中高生のための学会サイエンスキャッスル2019九州大会」【理数科1,2年】
  • 「九州大学アカデミックフェスティバル2019」九州大学【理数科2年】

 

MESSAGE

平成28年度理数科卒業生
佐々木さん
東京工業大学第1類進学

 私は、高校3年の時にレイチェル・カーソン氏の『沈黙の春』を読み、深い感銘を受けた。そして、漠然とではあるが環境保全のために研究をしたいと思うようになった。理数科で取り組んだ課題研究においても環境問題に取り組むテーマを選び、全国発表する機会にも恵まれた。
 課題研究では、現在そして将来の自分に必要な多くの力を身に付けることができたと思う。様々な難問を自分達の手で一つずつ解決し次に繋げていく。その繰り返しが創造力や独創力など、自分に多くのことを気づかせてくれた。
 そのような私に、3年時の担任が東京工業大学を勧めてくれた。東工大は、日本では理系トップクラスの大学であり、研究者を志すうえでは非常に魅力的な大学であった。受験勉強は大変だったが、課題研究で様々な試行錯誤を繰り返した経験がそこにも上手く活かされたのだろうと思う。
 私は化学を学ぶために東工大に入学した。化学とは創る技術でもあるため、目的に即して具体的な研究活動が出来ることも魅力の一つである。入学してからは、そのような具体例をいくつか学び、更に研究意欲が高まっている。 将来は研究者を目指している。バイオエネルギーやプラスチック、触媒など化学的な観点から環境保全に関わる研究に取り組んでいきたい。