◆ 美術科の元気な生徒たちの素晴らしい活躍や日常をお伝えします。
0 8 3 2 7 5

美術科ブログ

水彩風景画の講習会を実施しました

 令和元年7月13日(土)プラスワン講座のあと、美術棟デザイン室にて1年生対象の風景画講習会を実施しました。「ウエットインウエット」やパースについての講義と実技を終えて、実際に技法を駆使した風景画の制作をしました。水彩絵の具の混色や発色のさせ方などの技法を学び、水彩画の基礎的な知識を習得することができた一日でした。1年生のみなさん、お疲れ様でした!

季節感をテーマに「日本画」に挑戦!

例年、2年生の初夏に「日本画」に挑戦します。

テーマは「季節感を表す」。

今回の作品は、益城病院に8月いっぱい展示していただくので、自然とみんな「夏」をテーマに選んだようです。

少しですか、作品を紹介します!

カランコロン 下駄の音運ぶ 夏花火

 

追われるは 燻(くゆ)る暑さと 課題かな

 

夕凪の 縁側うつす 碧ガラス

 

向日葵の 明るさ映る 笑顔かな

 

短夜の 暑さ忘れる 夏の花

 

夏休み おばあちゃんからの 贈り物

 

はかなけり ラムネの泡も 青春も

はかなけり ラムネの泡も 青春も

 

まほろばか 額に伸びる 草熱(くさいき)れ

 

夏が来た 水も滴る イイおもちゃ

 

ゆらゆらと 水面に映る 赤い影

 

お気づきの通り、作品には句を添えて発表します。

某TV番組の影響か、みんなじっくり推敲し(?)、こだわって作った一句です。

益城病院にて、8月いっぱい展示の予定です。

来院された方の心が和み、涼やかなひとときが生まれますように・・・。

「本のイメージ」で平面構成!!

2年生の作品です。

「あなたにとっての本のイメージを表す」という課題で「平面構成」に取り組みました。

今回は明度計画を立てることも意識し、久々の平塗り、グラデーション、透明効果・・・と取り組みました。

幅広い「本のイメージ」が完成したことろで、今回はクラウドサービス(Classiのポートフォリオ)を活用して、作品と自分の評価・気づきをみんなでシェアしました。

そこで書かれた感想を紹介します。

 

 今回の課題では色計画や構図、完成予想など、様々な場面で計画性を必要としました。これから大作や自主制作などで、計画性が求められる機会がたくさんあるので、作品を完成させるためにも計画性を身に付けたいです。

 

 今回この課題を通して、デザインの基本的な表現方法はもちろんのこと、“デザイン”の在り方など、概念的な事まで深く考えることが出来ました。デザインにおいて、かっこいい、かわいい、美しいものを作成しても、それは作者のエゴに過ぎず、世間への押しつけになります。私たちが何かをデザインする際には、相手のことを第一に考え、あくまで提案する側だということを忘れずに作成していきたいです。これから様々なデザインをしていく中で、テーマの意図を正確に受け取り、いかに相手にわかりやすく伝えるか。といったサービス精神を常に心がけていきたいです。

 

 自分の持つスキルとやりたい事のバランスの大切さを体感できた。限られた時間の中でクオリティを上げること、またニーズに合うものを意識する大切さを学んだ。今後は自分の使えるスキルの幅を増やすこと、エスキースを重ねてクオリティを上げる必要性を感じた。

 

・・・などなど、それぞれが自分の課題に気付き、多くのことを学んだ課題だったようです。

美術科2年生、まだまだ上を目指して頑張っていきます!!

期末考査、模擬試験後の油彩画制作

 6月29日(土)今日は昨日までの期末考査も終了し、1年生は朝から全国模試を受験しました。今日の午後は久しぶりの部活です。F15静物画の仕上げをしました。とても良い油絵がたくさん出来上がりました。みなさんお疲れ様でした。

美術科進路学習会 関東の美術系大学の予備校に来ていただきました

 6月28日(金)今日は東京の新宿にある「新宿美術学院」の先生方5名をお招きして、美術科1~3年生の進路学習会を開催しました。学院長の大橋様をはじめ、油科・日本画科・デザイン科・彫刻科の先生方が芸大美大に合格した作品を見せながら、今後の学習についてのポイントを分かりやすく丁寧にお話してくださいました。1年生にはパワーポイントを使いながら、美術系大学の進学と卒業についてのお話や、各専攻についての説明をしていただきました。帰りの飛行機の時間が迫る中、生徒たちはなかなか先生方を飛行場に向かわせてくれず、お礼のあいさつも満足にできないままお見送りさせていただきました。真剣に美術を学ぶ素晴らしさや将来に繋がる努力の仕方など、熱心にお話してくださりとても感謝しています。新宿美術学院の先生方、どうもありがとうございました。