ASテーマ研究が美術科卒業制作に!

雑誌に見えますが、実は生徒が制作した作品です。 内容は熊本の魅力を高校生の視点から発信したものです。

 

 この作品は2年次のAS(アートサイエンス)テーマ研究で行ったビジネスグランプリへの参加がきっかけになっています。

 

 他にも1年次に「震災で役立つ車」を研究した生徒が、実際に車のデザインをし、模型を作製したり、2年次で「瞑想空間」を研究した生徒が、クリエイターのための住宅をデザインするなど、一つ一つの探究活動がそれぞれの進路を軸につながり始めました。探究活動は生徒たちにとってキャリアデザインの核になっているようです。

 上記作品は10月8日から熊本県立美術館分館で行われる美術科制作展でご覧いただけます。