SSHニュース

SSH特別授業 理数科1年 産業技術センター

モノづくりの素晴らしさや魅力を実感! 

 本校に隣接する熊本県産業技術センターは、様々な分野の高度精密機械や設備が整い、地元企業の技術相談や共同研究・開発など技術的拠点として県内企業の成長発展のための施設です。
 その産業技術センターへ赴き、「有機薄膜技術高度化支援センター」を始めとした施設の見学や実習、有機エレクトロニクスに関する講義を受けました。
徒歩圏内にわくわくする施設、高校で出来ない実験も視野に入れた課題研究が可能になる実験機器を見学させていただき、生徒たちは来年取り組む課題研究に夢を膨らませて帰校しました。
 産業技術センターの皆様、お忙しいところ対応していただきありがとうございました。


有機エレクトロニクスについての講義の様子①

            有機エレクトロニクスについての講義の様子②

産業技術センター施設見学の様子

               実習①走査電子顕微鏡(SEM)を用いた観察       
実習②「蛍の光」スライムを作る!

実習③計測実習から統計処理まで

SSH 女性研究者が訪問授業

女性研究者ら3名が訪問授業

 9月28日(月)放課後、SSH特別講義として本田技術研究所(菊陽郡大津町)より女性研究者が来校され、先端の二輪車研究についての講義と2種類のバイク操作体験の訪問授業をしていただきました。
 将来は研究者の道に進みたいと思っている生徒や女性研究者に憧れを抱く生徒、または二輪車そのものやデザイン、開発に興味を持つ生徒などが参加しました。
会場の本校化学室は他教室から椅子を持ち込む程の受講者で溢れ、熱気に包まれた3科融合型の授業となりました。

講義の様子 教室はすし詰め状態です!





理数科2年 課題研究中間発表会

 9月24日(木)5~7限本校階段教室において、理数科2年課題研究中間発表会を行いました。
 今年度は7分野10班で課題研究に取り組んでいます。この発表会は、約半年分の研究を要旨と7分間のプレゼンテーションでまとめます。研究を進めながらのプレゼン準備は大変だったと思いますが、夏休みを上手く活用していたようです。
 本校SSH運営指導委員の大脇様をはじめ各専門分野の先生方に審査員を務めていただき、また空き時間を利用して多くの先生方に見ていただけたことで、生徒たちも1月末にある本発表に向けての励みになったと思います。また、今後の課題と研究の進め方が明確になった発表会となりました。
 なお、1位になった化学班は熊本県公立高等学校理数科研究発表会(11月19日)へ出場します。

今年度の課題研究班一覧(発表順)
  1生物班 高機能生甘酒の製造に関する研究~白麹を用いた甘酒の製造~
  2生物班 天然記念物「立田山ヤエクチナシ」を守ろう!
  3工学班 宇宙空間における植物栽培方法の研究
                 ~無重力と真空状態の問題に対する解決策の提案~ <第2位>
  4物理班 ムペンバ効果を起こそう!
  5地学班 現生貝類の生息水深と化石との相関を調べる
                 ~生息環境が近い貝に時代を超えて共通性はあるか?~
  6環境班 雑草から水素を発生させる研究~廃棄物から水素を発生させる~ <第3位>
  7化学班 コーヒー粕を利用した水の浄化
                 ~さまざまな賦活化による活性炭の製造~ <第1位>
  8工学班 アスファルトの温度上昇を抑える研究
  9数学班 ポーカーの必勝法
10物理班 超音波による視覚障がい者支援


発表会の様子

SSH特別講演会in文化祭

 今年度は体育館の耐震工事に伴い、県立劇場で行われた文化祭の中で特別講演会を実施しました。
 講師は熊本大学先進マグネシウム国際研究センター長の河村能人教授で、「KUMADAIグネシウム合金」の演題でご講演いただきました。国際的に優れた業績を上げられている研究者の話は、説得力があり難しい研究も分かりやすく説明してくださいました。
 私たちの身近に偉大なる研究者がいらっしゃることは誇りであり、大いに刺激を受けました。
 


熊本県教育長へ表敬訪問しました

 理数科3年課題研究環境班の3人が、8月に行われた第30回中国青少年科学技術イノベーションコンテスト2015(CASTIC)国際代表部門において金賞を受賞した表敬訪問をしました。
 田崎教育長をはじめ6人の教育委員会の方々の前で、英語と日本語でポスター発表をさせていただいたところ、「時代に合った研究ですね。ぜひ企業と連携して深めてほしいものです。英語も上手くて驚きました。」とのお言葉をいただきました。最後に参加者全員で記念写真を撮影しました。
 お忙しい中、対応していただきありがとうございました。


                      ポスター発表の様子

SSH 青少年のための科学の祭典

子ども向けの実験イベント
『青少年のための科学の祭典』に8/23.24の2日間
化学部、生物部、物理部、放送部、理数科有志で参加してきました。
『われないシャボン玉であそぼう』
のテーマで実験ブースを運営しました。土日両日とも賑わい、参加した生徒たちも充実した2日間だったようです。







SSH 世界一行きたい科学広場in熊本

子ども向けの実験イベント
『世界一行きたい科学広場in熊本』に
物理部、化学部、生物部、コンピューター同好会で参加してきました。
物理、化学、生物部は『空気砲で的あて、傘袋ロケットを作ろう』
コンピューター同好会は『AR(拡張現実)を体験しよう』
のテーマで実験ブースを運営しました。
10時から15時まで客足が途切れることなく大盛況でした。参加した生徒たちは良い経験になりました。来場していただいたみなさん、ありがとうございました。


物理部、化学部、生物部

コンピューター同好会

コンピューター同好会 AR(拡張現実)を体験しよう

物理部、化学部、生物部 かさぶくろロケットを作ろう

SSH 環境班 最優秀賞受賞❗️

中国・四国・九州地区理数科課題研究発表大会
日時:8月6,7日
場所:諫早文化会館(長崎県諫早市)
対象:3年理数科 課題研究 環境班、生物班、

環境班『雑草から水素を発生させる研究』
生物班『高機能性甘酒に関する研究』
の2本の研究発表を行い、環境班がポスター発表部門において
『最優秀賞』を受賞することができました。
環境班のみなさん、おめでとうございました。

なお、環境班は8/18〜 中国の香港で行われますCASTIC(China Adolescents Science and Technology Innovation Contest
 )に日本代表として出場予定です。





SSH生徒研究発表会

SSH生徒研究発表会(インテックス大阪)
https://ssh.jst.go.jp/ssh/public/sshevent.html
に、参加してきました。
全国の約200校のSSH指定校と大学や海外の招待校などが参加するSSHの全国大会です。熊本でいうとグランメッセを2つ借りて、1つがポスター発表会場、1つが全体会の会場という規模でした。
3年生理数科の課題研究生物班が堂々とポスター発表を行いました。





SSH サマーサイエンスフェスタ

サマーサイエンスフェスタin北九州
日時:平成27年8月2日(日)
対象:2年理数科課題研究班、生物部、物理部
場所:九州工業大学


九州工業大学主催のサマーサイエンスフェスタin北九州に生物部、物理部、2年生理数科課題研究班が参加しました。4件の研究発表を行い、その中で生物部が優秀賞をいただきました。生物部のみなさんおめでとうございました。