SSHニュース

SSH 研究成果発表会

1月28日(木)本校体育館にて、第二高校SSH研究成果発表会(理数科課題研究発表会)が行われました。今回は、2年生理数科が発表し、1年生理数科、普通科、美術科の生徒たちも見学し、全校でサイエンスを堪能した1日になりました。
生徒たちは、毎日、遅くまでプレゼン、英語ポスター作成と準備をがんばってきました。努力の成果を発揮できたと思います。みんなよく頑張りました。

また、午後には熊本大学の外国人留学生をお招きして、英語でポスター発表を行いました。なかなか思うように言葉が出てこず、苦労しましたが、これもいい経験!今後につなげてほしいです。

審査結果、写真は、「SSH」→「H27研究成果発表会」をご覧ください。
ページURL
http://sh.higo.ed.jp/daini/ssh/H27_seikahappyoukai/








SSH テーマ研究発表会①

本校では、理数科、美術科、普通科の全ての科で探究活動に取り組んでいます。その探究活動を総称して『テーマ研究』と呼んでおり、1216(水)2年生、12/17(木)1年生のテーマ研究発表会(理数科、美術科の部)を開催しました。
理数科、美術科のバラエティ溢れる発表を普通科を含めた学年全員で堪能しました。サイエンス&アートが共存共栄する多様性の森、第二高校ならではの発表会でした。
1/13(水),14(木)は普通科の部が開催されます。興味あれる方は、ご連絡ください。担当今村 imamura-k-cx@mail.bears.ed.jp


2年生研究発表テーマ

2年生理数科

2年生美術科

1年生研究発表テーマ

1年生理数科

1年生美術科

SSH 熊本大学・東海大学体験学習講座

12/5(土)熊本大学、東海大学にて熊本北高と合同でSSH体験学習講座を開催していただきました。本校は、2学年の全生徒400名が、法・文・教育・理・工・薬・医(熊本大)農(東海大)の各学部、22講座に分かれ、終日の研修でした。貴重な経験をさせていただきました。
ご尽力いただいた各講座の先生方、高大連携推進室のみなさん、たいへんお世話になりました。ありがとうございました。











SSH 衛星設計コンテスト ジュニア大賞受賞!

第23回衛星設計コンテスト
高校生(ジュニア)の部に研究発表を応募した理数科宇宙工学班が、全国8件の代表に選ばれ、最終審査会(一橋大学)にて研究発表を行いました。
審査の結果、高校生(ジュニア)の部で、ジュニア大賞を受賞しました。
内容は、課題研究で取り組んでいる「宇宙空間における植物の栽培方法の提案」という研究です。宇宙ステーションなどで食用の植物を栽培するための基礎研究を行いました。








SSH 関東研修

SSH関東研修(理数科2年生)
11月4〜6日の2泊3日で、関東研修にて行ってきました。
主な研修
①JFEスチールで研修を行いました。
②第二高校OBの筑波大生をお招きして、先輩に学ぶ会
③高エネルギー加速器機構(KEK)
④筑波実験植物園
⑤JAXA筑波宇宙センター
⑥サイエンス・スクエアつくば
⑦筑波大学研究室訪問&生徒課題研究発表









SSH 第2回SSH指定校合同課題研究発表会

第2回SSH指定校合同課題研究発表会が崇城大学にて行われました。熊本県内のSSH指定校(熊本北、宇土、第二)が集まり、それぞれの研究をポスター発表。約40テーマ、のべ150人の生徒が発表し交流を深めました。とても有意義な時間になりました。







SSH 九州大学へ実験実習体験学習 

SSH特別授業 
九州大学工学部・農学部5学科で講座開設 2年生38人が参加

 本校では毎年、3大学体験学習講座を実施しています。大学へ赴き、自分の目で見て直に最先端科学技術や最新研究に触れることで、オープンキャンパスでは味わえない体験型の実験実習講座です。
この九州大学を皮切りに、12月5日(土)には熊本大学・東海大学での体験学習も実施されます。


農学部①

農学部②


農学部③


農学部④

第1回 水の国高校生フォーラム参加

第1回 水の国高校生フォーラム参加

 高校生たちに自発的な水環境の保全活動を広げようと「水の国高校生フォーラム」が10月24日(土)県立劇場演劇ホールで開催され、県内の35校から約1000人が集い本校からも51人が参加しました。
主催者の熊本県知事、熊本市長あいさつの後、菊池、済々黌、南稜の3高校が発表校として”水”についてのプレゼンテーション、水のクイズ王決定戦などが行われ、最後に高校生が力を合わせて水を大切にする運動を広げていこうとする大会宣言で第1回フォーラムは終了されました。




部活動・SSH サイエンスコンテスト2015

県下の科学系部活動生が研究成果を発表

 10月25日(日)熊本保健科学大学において第66回熊本県高等学校生徒理科研究発表会(サイエンスコンテスト2015)が行われました。物理・化学・生物・地学部門毎に発表し審査されます。一堂に会して各校の研究内容を聞く機会は、そう多くありません。発表者は緊張しつつも自分たちの研究成果を解かりやすく時間一杯プレゼンテーションし、参加者は各校の研究を真剣な眼差しで聴いており、どの会場も熱気に溢れていました。
 今年度は物理部門で最優秀賞(3位相当)をいただきました。詳細は物理部ブログをご覧ください。本校が参加した部門の発表テーマは以下のとおりです。皆さんお疲れ様でした!

物理部門 物理部「摩擦係数の研究」
生物部門 生物部「特定外来種スパルティナが干潟に及ぼす影響」
地学部門 地学部「健軍川を診断する(市街地を走る排水河川を見てみよう)」


物理部 発表の様子


生物部 発表の様子


地学部 発表の様子

SSH テーマ研究(普通科)

第二高校の美術科・普通科では、総合的な学習の時間に『テーマ研究』と称して探究活動を行っております。中でも普通科ではクラスを越えて、興味関心のあるテーマごとにゼミを作り、グループで探究活動を行っています。その様子をいくつかご紹介したいと思います。

『教育学』を研究しているゼミです。
各自が15分ずつ授業を担当し、まるで教育実習のように、理想の授業を研究中です。


写真を使って、わかりやすい授業を実演してくれました。

生徒役のみなさん、積極的に手をあげます。

みんな笑顔で、楽しそうな授業風景。

『コーヒーの科学』ゼミです。
実際にコーヒーを淹れ、おいしいコーヒーを研究中です。


実際にコーヒーを淹れてみます。

コーヒーの淹れ方を習っています。みんな真剣です。

甘党の人に。マシュマロを溶かした甘いコーヒーです。

苦みが苦手な人のために、コーヒーにお茶をブレンドしたまろやかコーヒーを試作中。

『自然科学・ものつくり』ゼミでは災害に強い住居を研究中。熱心にモデルハウスを作成しています。でも、がんばって作った家は強度試験に使われ、壊されてしまいます・・・。

手作りのモデルハウス。実験で破壊されるために、時間をかけて作成中です。

こちらの班は、鉛筆の断面の形状と強度の関係を調べています。

六角形の鉛筆

円形の鉛筆

1,2年生の全クラスが、クラスを解体し、一斉に研究に取り組む姿は壮観です。