日誌

2018年10月の記事一覧

野焼きのために

グリーン環境科では、毎年3月に野焼きを行いますが、秋のこの時期に準備は始まります。野焼きの火が学校の演習林に燃えつってはいけません。そこで、演習林周辺の草原に防火帯を作るのです。これを輪地切りといいます。2週間ほどしてから枯れ草を焼けば(輪地焼き)防火帯の完成です。