日誌

学校ブログ

修学旅行のしおり


修学旅行のしおりです。
生徒の手作りで、大変素晴らしいものに仕上がっています。保護者の皆様も必ず御一読ください。

修学旅行直前指導


明日から始まる修学旅行の直前指導が行われました。修学旅行の意義を忘れることなく、最高の思い出を作りましょう。

福岡県朝倉市に木工品寄贈

グリーン環境科は2学期に一級建築大工から指導を受け、2年生は踏み台を、3年生は肘掛け付きベンチを製作しました。今回、育友会の協力もあり、3年生が代表して九州北部豪雨災害のあった福岡県朝倉市に木工品を寄贈し、育友会が育てたプランターも持っていきました。市役所の防災交通課からは、被害状況を教えていただきましたが、まだまだ復興には時間がかかりそうです。復興に向けて共に頑張っていきましょう!!!。


教職員ハンドボール大会

先生達のハンドボールの大会がありました。レクレーションというものの、とてもハードな大会です。練習も少しだけしたのですが、勝利には繋がりませんでした。二校舎制の中央高校はこの様な時に結束力を強めているのですね♫

収穫感謝祭

阿蘇清峰校舎において収穫感謝祭が行われました。会場には、実習製品や実習で使う道具などが並べられました。生徒たちは、日頃の実習を通して『命』について考える機会がたくさんあります。今日は、全ての命に感謝する日です。最後は、全クラスの代表者が思いを述べてくれました。

シェイクアウト訓練

シェイクアウト訓練が行われました。地震が発生したということで、それぞれ授業や実習中ですが、命を守るために窓や戸棚から離れて、机の下に体を隠します。地震から1年7ヶ月経った今も、あの時のことが思い出された瞬間でした。

くまもと森づくり活動の日

熊本県林業研究指導所において「くまもと森づくり活動の日」というイベントがあり、環境科の2年生3名が参加しました。学科の取り組みや学校で作っている木工品の展示などを行いました。お客さんからは買いたいという言葉もあり、とても刺激になったようです!。

「ヤマメ発眼」

10月19日の人工授精後、約2週間(積算温度200度)でヤマメの目が見えるようになりました。採卵のタイミングが早かったため、受精率は低かったですが、生徒が毎日お世話してくれたおかげで200個以上の発眼卵ができました。このあとさらに2週間(積算温度400度)でかわいい稚魚が「ふ化」する予定です。