日誌

学校ブログ

鳥居設置にむけての打ち合わせ

今年、50年ぶりに阿蘇神社の鳥居が新しくなります。しかも、その丸太は、阿蘇中央高校グリーン環境科の小柏演習林の119年生のスギです。今日は、阿蘇神社でその打ち合わせでした。歴史ある阿蘇神社の復旧に貢献できるのは光栄な事ですね。

鑑定競技もリモートで!

学校農業クラブの農業鑑定競技会が行われました。今年は、各学校に問題データが送られてきてリモートによる実施となりました。生徒達は、毎日放課後や休日に勉強してきました。力が発揮できるといいですね。

演習林実習もいつもと違います

環境科では、夏休み中、全学年合同で二泊三日の演習林宿泊実習を行っています。しかし、今年は、新型コロナの影響で宿泊はできず、三密を防ぐために学年ごとに行いました。3年生では、今年、販売する樹木の選木が行われました。この実習が早くできれば、早く入札ができます。それにしても8月の実習は阿蘇とは言え、暑いです!!!。

湧穂祭(文化祭)に向けて

今年、新型コロナの影響で五岳祭(体育祭)が中止になってしまいました。今日、両校の生徒会が集まって今年度の湧穂祭について話し合いました。テーマや生徒会企画についてたくさんの意見が出ました。ただ、どういう形になるのかまだはっきりわかりません・・・。

農業鑑定競技に向けて

今年、新型コロナの影響で学校農業クラブの各種競技の全国大会は中止となってしまいました・・・。しかし、県大会は実施されることになりました。環境科では、森林の部に参加予定の生徒達が勉強中です。先輩方から代々作ってきた資料を使って勉強するそうです。

野球部頑張りました!!!!

野球部は、新型コロナの影響で、甲子園予選はなくなりましたが、県北地域の代替大会が行われました。郡部の県立高校は、登録メンバーがそろわず、合同チームを作るような中、阿蘇中央は、「シード校を破って優勝する!」という目標を掲げて頑張っていました。

一回戦 鹿本高校    11:1 (5回コールド)

二回戦 専大玉名高校   2:0 

今日の相手は、昨年プロ選手も輩出した有明高校でした。雨で4時間以上も待たされる厳しい環境の中、部員達は最後まで戦っていました。本当にお疲れ様でした。

三回戦 有明高校     1:5

 

牧野道の整備

環境科の2年生が演習林実習に行きました。今日は、牧野道(草原の中の道)の整備を行いました。阿蘇の草原(日本の草原面積の半分と言われています!)を守る上で、とても大切な実習です。熊本地震では、牧野道の崩壊で野焼きができなくなる地域がたくさんありました。無事、整備ができたようです。

便利な機械

環境科の実習の一コマです。木材を加工する上でホゾ穴(四角い穴)を掘るのは大変です。しかし、この角ノミ盤という機械があれば、速く正確にホゾ穴を掘ることができます。その後、ノミで調整するといいそうです。便利な機械ですね。

総会もソーシャルディスタンス

阿蘇清峰校舎では、農業クラブ総会と生徒総会が行われました。自分たちの活動を振り返る大切な会ですが、今は、気をつけなければならないことがたくさんあります。消毒や換気に気をつけて無事終わったようです。

代替大会始まりました!

今年は、新型コロナの影響で高校総体や甲子園予選が行われません。3年生にとっては、悲しいこととなりましたが、代替大会が行われています。進路の兼ね合いで引退した部員もいますが、最後まで頑張った部員もいます。バドミントン大会では、オリンピック選手がサプライズ登場したそうです。さすがは、バドミントン王国ですね。

中学校の先生方に成長した姿を!

中学校の先生方を対象とした高校説明会が行われました。先生方がそれぞれ説明をしますが、各学科の生徒達も弁論や研究発表、学科で培った技術の披露などを行いました。中学校の恩師もいたようで、成長した姿を見せられたようです。

モチベーションを上げるために

今年、高校総体や甲子園がなくなりました・・・。野球部では、代替大会に向けて、気持ちを整理するために、卒業生が講話をしてくれました。熊本地震があった時のキャプテンで甲子園で始球式も行い、社会人野球に進んだ倉岡先輩です。「人のせいにせず、ベクトルを自分に向ける」「目標を明確に持つ」「感謝の気持ちを持つ」など貴重な話を聞いて後輩達の気持ちは強くなったようです。

スマホスピーカー♪

総合選択の林産物利用の授業でスマホスピーカーを作りました。材料は、ヒノキとサクラです。隙間ができたら、木工ボンドに木の粉を混ぜ込んだもので補修すると綺麗になります。世界に一つだけの作品ができたようです。

機械は便利です

3年生の木材加工実習では、様々な機械を使います。ホゾ(木を組むときのでっぱり)を作るときは、丸鋸を使うと正確に切ることができ、その後、ノミで調整していけば早くできるそうです。斜めに切るのも木枠を作って器用に行っていました。

環境整備は大切

環境科では、この時期、圃場や苗畑周辺の下刈りを行います。この日は、3年生ですが、慣れたものであっという間に終わらせていました。環境科では、刈り払い機の資格を全員持っているそうです。環境整備は大切ですね。

他学科の授業を学ぶ!

阿蘇中央高校には、総合選択という授業があります。阿蘇校舎、阿蘇清峰校舎で学科も違うのですが、週に2時間だけ他の学科の授業を受けるのです。(校舎間移動はバス!)普通科や総合ビジネス科の生徒が木工をしています。この授業を通して、進路希望を決める生徒もいるそうです。おもしろい取り組みですね。

整理整頓

環境科では、演習林実習はもちろん、日々の実習で環境整備を行うため、刈り払い機がたくさんあります。今、2年生の業で、機械室の整理を行っています。しかし、そこは環境科、刈り払い機を立てかけて置くことができるような木枠を作っています。どのようになるのか楽しみですね。

実習が始まりました!

学校が始まり、実習も始まりました。環境科では、肥後の水とみどりの愛護基金から依頼を受けて、ベンチ製作を開始しています。休校中の間に、先生方で準備をしていたので、スムーズに墨付けまでいけました。ただ、ベンチを6脚つくるということで、大変そうですね。

マスクを寄贈いただきました!

長い休校期間が終わり、授業が始まりました。三密に気をつけながらのスタートとなります。そんな中、阿蘇市建設業組合からマスクの寄贈がありました。生徒会長が代表して受け取り、感謝の気持ちを述べました。大切に使わせていただきます。本当にありがとうございました。

赤ちゃんが生まれました♪

学校は休校中ですが、春牧農場では、新たな仲間が加わりました。赤牛の赤ちゃんです。先週生まれたばかりです。少し小ぶりでしたが、お母さんと先生方の愛情を受けて、すくすくと成長しています。早く生徒達と会えるのを楽しみにしているようです。

共同で研究しています!

新型コロナの影響で、休校が続いていますが、環境科では、新たな取り組みが始まっています。中学生の皆さんは、スイゼンジノリ(調べてみてね♪)という植物を知っていますか?現在、阿蘇の湧き水を使ったスイゼンジノリの研究を大学と共同研究しています。すごいですね♪

あっという間に収穫です!

新型コロナの休校はまだ続いていますが、植物たちはすくすく成長しています。中学生の皆さんは、この植物がわかりますか?ズッキーニといいます。4月の下旬に植えたものが既にこのように大きくなり、収穫をしています。早いですね!!!

苗はすくすく生長しています!

学校は休校中ですが、阿蘇中央高校の春牧農場では、たくさんの草花や野菜の苗が育っています。いつもであれば農業食品科の生徒達が管理をしてくれるのですが、今はそうはいきません。イネもある程度育ってきました。例年であれば、1年生で一斉田植えをするのですが、それもできそうにありません。

こんにゃく畑?

新型コロナの影響で、休校中ですが、今日は、副校長先生と主幹の先生が初めてと言うことで、小柏演習林まで行きました。草原のみどりはきれいで素晴らしいものでした。環境科の先生は、林業や土木が専門なのですが、園芸が専門の副校長先生は、演習林内に自生しているこんにゃくいもの花を教えてくれました。まさに蒟蒻畑ですね!

阿蘇は、まさに観光シーズンですが、今年は違います!!!  皆さん、ステイホーム週間頑張りましょう!。

授業の準備を!

環境科には、肥後の水とみどりの愛護基金から阿蘇大観の森(調べてみてね♪)の間伐材を使ってベンチを作ってほしいと依頼が来ています。今、新型コロナの影響で休校中ですが、材料の間伐材が届きました。早く、実習ができればいいのですが!!!

美味しいシイタケ

新型コロナの影響で休校が続いています。例年、この時期は生徒でシイタケを収穫して乾燥シイタケで販売をしています。生徒がいないのをシイタケは待ってくれないので先生方で収穫、乾燥をしています。いいシイタケができているようです♪

馬術部は大変!

新型コロナの影響で、休校が続いています。当然、部活動も休止中なのですが、馬術部は馬の世話があります。顧問の先生方でやるのですが、この日は、馬が妊娠しているかどうかの確認をしていました。エコーを使ってお医者さんのようです!

贅沢な卒業証書入れ!!!

卒業式、環境科の3年生には、素晴らしいプレゼントが学科から贈られました。なんと阿蘇神社の拝殿に使われる丸太の製材端材でできた卒業証書入れなのです。昨年2月に生徒達が阿蘇神社に使ってもらうために伐採したのです。阿蘇神社と同じ材とは!!!なんともプライスレスなプレゼントですね。

 

丸太搬出は大変!!!

グリーン環境科2年生が演習林実習を行いました。今日の内容は、来年木材加工で使う材料となる丸太を運ぶことです。例年以上に太い丸太(直径30cm 長さ3m)でしたので、林内運搬機を使うとは言え、とても大変な実習となりました。みんなで意見を出し合い、無事運び終えることができたようです。

進路ガイダンス

阿蘇清峰校舎の2年生が進学と就職に分かれて進路ガイダンスに行きました。進学では、大学と専門学校に行きました。高校からより専門性が高くなります。様々な学部の説明を聞くことができ、学食体験なども通して、具体的なキャンパスライフのイメージができたのではないでしょうか?

将来について考える

中学生の皆さんは、ライフプランニングって知っていますか?自分の将来設計のことをいいます。阿蘇清峰校舎の2年生でライフプランニングの授業が行われました。各班に講師の先生が入って、それぞれの班で架空の家庭を作ります。「仕事は?」「子どもの数は?」「子どもの行く学校は?」「車は?家は?」夢は広がりますが、そのためにはしっかりとした計画が必要なのだということを学びました。

課題研究発表会

環境科では、先輩方が一年間取り組んできた課題研究の成果発表会が行われました。木材加工や草原再生などのテーマの発表は、とても興味深いものでした。発表後は、先輩から後輩へ一人ずつメッセージが送られました。

花丸 社会福祉科『新春のつどいフォーラムで発表!』

 

 

1月22日(火)ニューオオタニホテルにて

『新春のつどいフォーラム』が行われました!

 

産業教育を学ぶ高校生が学習したことを

各企業などの参加者に向けて発表します!

本校の社会福祉科も参加して

阿蘇中学校とコラボした福祉体験学習

『パイロット事業』の取り組みについ

発表しました(^o^)

 

 

質疑応答にも答えることができましたね★

素晴らしい!

 

 

福祉を学ぶ高校生の魅力

多くの人に伝わりますように!

 

 

生肉販売始めました!

・今回初めて春牧農場で12月18・19日に地域の方々に生肉販売をしました。

・販売状況は、お客様にも好評で良く売れていきました。

・生肉に対して「美味しそう」や「綺麗なお肉」などと良い評価を頂きました。

・18日に購入された方がお肉を食べて、地域の方々に美味しいと広めていただいたおかげでたくさんの方々に購入して頂くことができました。

販売生肉の種類

ロース:豚の胸から腰の部位にかけて背中側の肉を指します。赤身と脂身の割合もちょうどよく、決めが細かく柔らかな肉質が特徴です。

肩ロース:赤身の中に脂質が網目状に広がり普通のロースより脂身が多いのでコクがある濃厚な味わいです。

バラ:赤身と脂肪が層になって重ねった構造をしており、「三枚肉」とも言います。きめは粗いですが柔らかく、うまみが多いのが特徴です。

カタ:全体的に赤身肉が多いです。肉質は若干固く、繊維が入り組んでおり、切落し・小間肉としてスライスされる部位です。

 

モモ:肩肉と同様でよく運動する部位なので、脂肪は少なめです。きめが細かく肉の色が濃くなっているのが特徴です。

 

人気商品は・・・1ロース

        2肩ロース

        3バラ

・人気の理由は、柔らかく癖が少なくて食べやすいからです。

・今回の販売会で薄切りのスライスが欲しいという要望もあり、次回の販売会に向けて検討中です。

ぜひ、次回の販売会も買いに来てください!!

 

阿蘇中央高等学校(阿蘇清峰校舎) 住所:熊本県阿蘇市一の宮町宮地4131

春牧農場             住所:熊本県阿蘇市小野田1646

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハート 社会福祉科★訪問介護PRiDE

 

Hm KAiGO PRiDE 

in ASOCHUO

 

 

12月20日(金)に熊本市社会福祉事業団の方より

訪問介護について講義をして頂きました。

講師として全国ホームヘルパー協会副会長の田尻様宗村様

お越し頂き、訪問介護の概要や魅力について

などなど、たくさんのお話をして下さいました★★

 

 

 

 

なかなか訪問介護について学ぶ機会がなかったため

とても貴重な時間になりました(*^_^*)

なんと講義を受けた全員の生徒が

「訪問介護について知ることが出来た!」

答えています!素晴らしい3ツ星

とても良い時間でしたね!

本当にありがとうございました!!

星 社会福祉科 介護実習事例発表会★

 

社会福祉科3年生が1学期に行った

介護実習の取り組みについて

事例発表会を実施しました(^o^)☆

 

 

 

 

3年生の代表者2名の発表が終わってから

みんなで事例検討を行いました(^o^)

初めての取り組みでしたが、

後輩たちに介護過程の学習ができて良かったです★

 

保育園児との交流授業

環境科の課題研究木材工芸班は、阿蘇内の保育園生を招いて交流授業を行いました。2年前、この保育園の裏山を先輩方がきらめ樹間伐(調べてみてね♪)した材を使って、テーブルとベンチを作ったのです。今日は、伝統的な防腐剤である柿渋を塗りました。園児の皆さん、待っていてくださいね♪

水の国フォーラム

熊本県庁において水の国フォーラムが行われ、環境科が参加しました。熊本県は、地下水に恵まれた県です。今日は、環境科が取り組んでいる世界農業遺産である阿蘇の草原を守る取り組みについて発表しました。そして水の国宣言校というものになりました。これからも阿蘇の草原を守ります!。

了解 社会福祉科★湧穗祭

 

社会福祉科では湧穗祭で毎年恒例の

『キッズルーム』『チャレンジパラスポーツ』

を実施しました(^o^)

 

 

たくさんのお子さん達が遊びに来てくれて

大賑わいでした★★★

そして今年の展示部門2位と3位を獲得!

たくさんのご来場ありがとうございました★

 

また、社会福祉科2年生が販売した

あげタコバザー部門第1位受賞!!!

 

社会福祉科3年生が出場した

『エイサーするさー』ステージ部門第1位受賞!!!

今年の湧穗祭は社会福祉科が大活躍!でしたね★

 

 

 

お祝い 最優秀賞受賞★『介護の日inくまもと2019』

祝★最優秀賞受賞

高校生福祉体験発表 熊本大会

荻原美丘さん(阿蘇中出身)

 

 

2019年11月10日(日)に熊本県医師会館にて

『介護の日 inくまもと2019~KAiGO PRiDE~』

が実施されました。

毎年このイベントでは高校生体験発表が実施されており、

今年は本校社会福祉科2年荻原美丘さんが代表で出場しました。

荻原さんが目指す「福祉」について一生懸命発表し、

見事に最優秀賞を獲得することができました★★

 

また、この日は阿蘇中学校の生徒さんとコラボした

福祉体験についても成果発表を行いました。

 

 

高校生クイズ甲子園にも出場し、

城彩苑やサクラマチの観光もでき

とても有意義な一日となりました★

 

 

発表練習の取材がありました!!!

11月9日に熊本県庁において、第5回水の国高校生フォーラムがあり、環境科が草原を守る取り組みについて発表します。今日は、主催のTKUが発表についての取材に来られました。取り組みに対する思いなどを聞かれることで、生徒達も意識も高まったようです。

木を売る準備!

環境科では、演習林の樹木を販売しています。学校の演習林があるのですが、簡単に売ることはできません。その森のデータを証明して、どのくらいの木を販売するのか一度熊本県に評価してもらわないといけないのです。木を販売するのって簡単ではないのですね!。

森林林業技術交流発表大会

熊本市内において林業関連の学校の研究発表会が行われ、環境科が参加しました。現在行っている阿蘇神社復旧に向けての取り組みを発表したようです。中学生の皆さん、阿蘇神社の建物や鳥居に阿蘇中央高校の木材が使われることは知っていますか?すごいですよね!

鉛筆 介護福祉士国家試験100日前!

 

2020年1月26日(日)

第31回介護福祉士国家試験

社会福祉科3年生全員が受験します!

 

 

なんと、明日は国家試験100日前!!

と、いうことで社会福祉科の後輩たちが3年生に

100日前カレンダーを作ってくれました

さあ!全員合格を目指して頑張るぞ~!!

 

 

 

野焼きの準備完了!

環境科では、野焼きの準備で防火帯を作る輪地焼(わちやき)を行いました。5~10mの幅で草を刈り、その枯れた草を焼いて、野焼きの時に森に火が延焼するのを防ぐのです。今日も、阿蘇市青年会議所の方々と一緒にやりました。これで春に野焼きをすることができます。それにしてもこの時期のススキは綺麗ですよ♪

ヒゴタイ交流

今日は、タイの中学生との交流会がありました。産山学園が毎年、ヒゴタイ交流ということで、熊本とタイで交流をしているのです。環境科では、箸づくりを行いました。いつも使うプレゼン資料を英語バーションにして説明した後、一緒に箸を作りました。楽しんでいただけたようで良かったです。

インターンシップは本格的

阿蘇清峰校舎の農業食品科とグリーン環境科の2年生でインターンシップが行われました。専門学科と言うことで、インターンシップも専門的な内容になります。グリーン環境科の森林類型は、林業の現場を学びます。日頃操作できないような高性能林業機械を操作することで、機械化のすることの重要性を学んだようです。

野焼きの準備

環境科では、3年生が演習林の周辺の輪地切りを行いました。輪地切りとは、春の野焼きの前に森林などが延焼しないように防火帯を作るためのものです。今回は、阿蘇青年会議所の方々と一緒に行いました。阿蘇の草原は、日本の草原面積の半分と言われています。みんなで守らなければなりませんね。