日誌

学校ブログ

モチベーションを上げるために

今年、高校総体や甲子園がなくなりました・・・。野球部では、代替大会に向けて、気持ちを整理するために、卒業生が講話をしてくれました。熊本地震があった時のキャプテンで甲子園で始球式も行い、社会人野球に進んだ倉岡先輩です。「人のせいにせず、ベクトルを自分に向ける」「目標を明確に持つ」「感謝の気持ちを持つ」など貴重な話を聞いて後輩達の気持ちは強くなったようです。

スマホスピーカー♪

総合選択の林産物利用の授業でスマホスピーカーを作りました。材料は、ヒノキとサクラです。隙間ができたら、木工ボンドに木の粉を混ぜ込んだもので補修すると綺麗になります。世界に一つだけの作品ができたようです。

機械は便利です

3年生の木材加工実習では、様々な機械を使います。ホゾ(木を組むときのでっぱり)を作るときは、丸鋸を使うと正確に切ることができ、その後、ノミで調整していけば早くできるそうです。斜めに切るのも木枠を作って器用に行っていました。

環境整備は大切

環境科では、この時期、圃場や苗畑周辺の下刈りを行います。この日は、3年生ですが、慣れたものであっという間に終わらせていました。環境科では、刈り払い機の資格を全員持っているそうです。環境整備は大切ですね。

他学科の授業を学ぶ!

阿蘇中央高校には、総合選択という授業があります。阿蘇校舎、阿蘇清峰校舎で学科も違うのですが、週に2時間だけ他の学科の授業を受けるのです。(校舎間移動はバス!)普通科や総合ビジネス科の生徒が木工をしています。この授業を通して、進路希望を決める生徒もいるそうです。おもしろい取り組みですね。

整理整頓

環境科では、演習林実習はもちろん、日々の実習で環境整備を行うため、刈り払い機がたくさんあります。今、2年生の業で、機械室の整理を行っています。しかし、そこは環境科、刈り払い機を立てかけて置くことができるような木枠を作っています。どのようになるのか楽しみですね。

実習が始まりました!

学校が始まり、実習も始まりました。環境科では、肥後の水とみどりの愛護基金から依頼を受けて、ベンチ製作を開始しています。休校中の間に、先生方で準備をしていたので、スムーズに墨付けまでいけました。ただ、ベンチを6脚つくるということで、大変そうですね。

マスクを寄贈いただきました!

長い休校期間が終わり、授業が始まりました。三密に気をつけながらのスタートとなります。そんな中、阿蘇市建設業組合からマスクの寄贈がありました。生徒会長が代表して受け取り、感謝の気持ちを述べました。大切に使わせていただきます。本当にありがとうございました。

赤ちゃんが生まれました♪

学校は休校中ですが、春牧農場では、新たな仲間が加わりました。赤牛の赤ちゃんです。先週生まれたばかりです。少し小ぶりでしたが、お母さんと先生方の愛情を受けて、すくすくと成長しています。早く生徒達と会えるのを楽しみにしているようです。

共同で研究しています!

新型コロナの影響で、休校が続いていますが、環境科では、新たな取り組みが始まっています。中学生の皆さんは、スイゼンジノリ(調べてみてね♪)という植物を知っていますか?現在、阿蘇の湧き水を使ったスイゼンジノリの研究を大学と共同研究しています。すごいですね♪

あっという間に収穫です!

新型コロナの休校はまだ続いていますが、植物たちはすくすく成長しています。中学生の皆さんは、この植物がわかりますか?ズッキーニといいます。4月の下旬に植えたものが既にこのように大きくなり、収穫をしています。早いですね!!!

苗はすくすく生長しています!

学校は休校中ですが、阿蘇中央高校の春牧農場では、たくさんの草花や野菜の苗が育っています。いつもであれば農業食品科の生徒達が管理をしてくれるのですが、今はそうはいきません。イネもある程度育ってきました。例年であれば、1年生で一斉田植えをするのですが、それもできそうにありません。

こんにゃく畑?

新型コロナの影響で、休校中ですが、今日は、副校長先生と主幹の先生が初めてと言うことで、小柏演習林まで行きました。草原のみどりはきれいで素晴らしいものでした。環境科の先生は、林業や土木が専門なのですが、園芸が専門の副校長先生は、演習林内に自生しているこんにゃくいもの花を教えてくれました。まさに蒟蒻畑ですね!

阿蘇は、まさに観光シーズンですが、今年は違います!!!  皆さん、ステイホーム週間頑張りましょう!。

授業の準備を!

環境科には、肥後の水とみどりの愛護基金から阿蘇大観の森(調べてみてね♪)の間伐材を使ってベンチを作ってほしいと依頼が来ています。今、新型コロナの影響で休校中ですが、材料の間伐材が届きました。早く、実習ができればいいのですが!!!

美味しいシイタケ

新型コロナの影響で休校が続いています。例年、この時期は生徒でシイタケを収穫して乾燥シイタケで販売をしています。生徒がいないのをシイタケは待ってくれないので先生方で収穫、乾燥をしています。いいシイタケができているようです♪

馬術部は大変!

新型コロナの影響で、休校が続いています。当然、部活動も休止中なのですが、馬術部は馬の世話があります。顧問の先生方でやるのですが、この日は、馬が妊娠しているかどうかの確認をしていました。エコーを使ってお医者さんのようです!

贅沢な卒業証書入れ!!!

卒業式、環境科の3年生には、素晴らしいプレゼントが学科から贈られました。なんと阿蘇神社の拝殿に使われる丸太の製材端材でできた卒業証書入れなのです。昨年2月に生徒達が阿蘇神社に使ってもらうために伐採したのです。阿蘇神社と同じ材とは!!!なんともプライスレスなプレゼントですね。

 

丸太搬出は大変!!!

グリーン環境科2年生が演習林実習を行いました。今日の内容は、来年木材加工で使う材料となる丸太を運ぶことです。例年以上に太い丸太(直径30cm 長さ3m)でしたので、林内運搬機を使うとは言え、とても大変な実習となりました。みんなで意見を出し合い、無事運び終えることができたようです。

進路ガイダンス

阿蘇清峰校舎の2年生が進学と就職に分かれて進路ガイダンスに行きました。進学では、大学と専門学校に行きました。高校からより専門性が高くなります。様々な学部の説明を聞くことができ、学食体験なども通して、具体的なキャンパスライフのイメージができたのではないでしょうか?

将来について考える

中学生の皆さんは、ライフプランニングって知っていますか?自分の将来設計のことをいいます。阿蘇清峰校舎の2年生でライフプランニングの授業が行われました。各班に講師の先生が入って、それぞれの班で架空の家庭を作ります。「仕事は?」「子どもの数は?」「子どもの行く学校は?」「車は?家は?」夢は広がりますが、そのためにはしっかりとした計画が必要なのだということを学びました。