天草拓心高校育友会

天草拓心高校育友会

令和元年度育友会本部役員感謝状授与式【本渡校舎育友会】

 令和2年4月30日本渡校舎校長室にて、令和元年度天草拓心高校育友会本部役員感謝状授与式が執り行われました。

 令和2年度育友会総会書面決議による本部役員改選により8名の本部役員が退任されました。そこで、学校より育友会の運営及び学校の発展にご尽力をいただいた感謝の気持ちと、これまでの長きに渡りるご活躍の功績に対し感謝状を贈呈させていただきました。

 

 

令和2年度育友会総会書面決議の結果について(追加報告)【本渡校舎】

育友会会員(保護者)各位

 

 令和2年4月27日付「令和2年度育友会総会書面決議の結果について(報告)」により書面決議の結果を報告させていただきました。

 本渡校舎は、令和2年4月27日(月)が臨時休校に伴う登校日となっており、生徒持参による同意書の提出がありましたので、追加報告をさせていただきます。

 なお、令和2年4月27日付報告により、すべての議案について、過半数(70.9%)の同意をもって可決されております。

 

追加報告

令和2年4月27日付 同意書提出者219名(70.9%)

令和2年4月28日付 同意書提出者247名(79.9%)

 

 新型コロナウイルス感染対策防止の観点より、学校に参集しない書面提案による決議にご理解とご協力をいただきまして、感謝申し上げます。

 

                     天草拓心高校育友会 会長 長元 清

   

育友会総会(書面決議)に関する書類等の送付ついて【本渡校舎育友会】

 令和2年4月25日(土)に開催を予定しておりました「令和2年度育友会総会」において御審議をいただく議案等は、新型コロナウイルス感染拡大防止を最優先とし、学校に参集しないこととしました。よって書面提案による決議とさせていただきたいと存じます。

 つきましては、本日4月20日(月)に生徒を通じて配布しました書面決議に関する書類等を御査収ください。

 なお、同封の「同意書」につきましては、4月24日(金)当日消印有効で同封の返信用封筒にて御回答をお願いいたします。

 

PDFファイルでの閲覧は、令和2年度熊本県立天草拓心高校育友会総会関係書類等の送付について(依頼)【本渡校舎】.pdfをクリックしてください。

『道中守護』育友会(保護者)からの卒業記念品

 令和2年3月1日(日)の卒業式に天草拓心高校育友会(保護者)から卒業生全員へ卒業記念品として『道中守護』が送られました。

『道中守護』

あなたたちが選んだそれぞれの道が

       輝く道 となるように・・・

自動車の運転を始めるにあたり

       交通安全 のお守りに・・・

いろんな想いを込めて

       卒業後の御守 として・・・

 「希望に満ちた大空へ羽ばたく君に幸多かれと祈ります。」

                   育友会保護者一同

 

卒業式「感謝のメッセージカード」【本渡校舎】

 令和2年3月1日(日)卒業式に、各教室にて「感謝のメッセージ」が『卒業生から感謝を伝えたい相手へ』、『保護者から卒業生へ』メッセージボードにて交わされました。卒業という門出に、日頃言葉にできない感謝の想いをメッセージカードで伝え合うことができました。ご協力をいただきました保護者の皆様、本当にありがとうございました。互いにこれまでの人生を見つめ直す良い機会となったことと思います。

【普通科3年生教室】

 

【商業科3年生教室】

 

【生物生産科3年生教室】

 

【食品科学科3年生教室】

 

【生活科学科3年生教室】

 

ー感謝のメッセージカード抜粋ー

 

 

 

 

 

 

 

 卒業生の皆さん、保護者の皆様、教職員の皆様、育友会活動へのご理解とご協力に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

 

県高P連新聞 2020JANUARY Vol.47 記事掲載のお知らせ

 熊本県公立高等学校PTA連合会より「県高P連新聞」第47号が発行されました。天草拓心高校の記事を掲載いただきましたのでお知らせ致します。

【3ページ写真】

「令和元年度熊本県公立高等学校PTA連合会 地区別指導者研究大会報告 天草地区/幹事校 天草高等学校」

【4ページ記事】

「熊本丸航海実習と熊本地震の記憶 熊本丸指導教官 山口 景一」

【6ページ実習製品】

「我が校自慢の生産品 天草拓心高校」

(熊本県公立高等学校PTA連合会発行「県高P連新聞」第47号より)

 

【両校舎育友会】「熊本の心」県民大会・くまもと家庭教育推進フォーラム参加

 令和2年1月18日(土)天草市民センターにて行われた「熊本の心」県民大会・くまもと家庭教育推進フォーラムに育友会役員2名、教職員2名の計4名で参加しました。テーマ「天草から発信!守りたい故郷(ふるさと)のひと、もの、こころ」のもと、オープニングでは、栖本町青年団による「栖本太鼓踊り」、その後、開会行事、「熊本の心」作文表彰・発表、家庭教育支援功労者・優良団体表彰、講演「私はあなたのために何ができるでしょうか」講師:新本高志氏(トタン屋根のケーキ屋「ア・ラモート」店主)、閉会行事と、県民の方々の郷土への愛着と誇りを感じる大会でした。

 

 

 

 

 

熊本の心とは

 「熊本の心」とは、「助けあい、励ましあい、志高く」の心です。これは、心豊かで潤いに満ちた郷土熊本を築いていくために県民一人一人が持ちたい心として熊本県が提唱したものです。

 その意味するところは、日常生活の中で心のあり方としてお互いに相手を尊重し、協働・共有の相互扶助、志高くの心を持ちながら主体的に明日に向かって生きていく精神を表しています。

(熊本県教育委員会「熊本の心」活用推進より参考・引用)